2019年公開予定おすすめ映画一覧

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじをラスト結末までネタバレ紹介

アナベルシリーズは、死霊館シリーズのなかでもアナベル人形に焦点を当てられた作品。ホラー映画界の鬼才ジェームズ・ワンによって監督され、2010年代の大人気シリーズとして知られています。

そんなアナベルシリーズの新作が、2019年に公開。これまでの時系列のなかでも古い時間帯を軸にし、アナベル人形の生まれに迫ってきました。

今回はそんな映画『アナベル 死霊博物館』について、あらすじネタバレをラスト結末まで紹介していきます。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ1.若い女性の幽霊

エド・ウォーレンとロレイン・ウォーレンは心霊研究家として有名な夫妻。心霊現象に遭遇してる人からの相談を受け、解決に導くために行動しています。

そんな2人は今日もどこかで心霊に対処。あるときアナベル人形に取りつかれたと騒ぐ3人の現場に向かい、幽霊を取り除こうとしていました。

現場を鎮めたウォーレン夫妻は帰り道で、交通事故によって通行止めになっている場所に遭遇。

警察がこの道は通れないというため、2人は引き返します。そこで違和感を覚えたのがロレイン。ロレインは事故現場で、若い女性が立っている不自然に立っているのを見かけました。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ2.アナベルの不穏な動き

事故現場を引き返したウォーレン夫妻だったものの、途中で車が故障するアクシデントに遭遇。ちょうどそこは墓地のすぐ近くで、ロレインは事故で亡くなったという、人形が好きな少女の亡霊を見ます。

そこには少女以外の魂もおり、そこら中を歩き回っている様子。そのうちの1人がエドを突き飛ばして道路に追いやりました。

エドは通りかかったトラックに轢かれそうにあったものの、なんとか回避。トラックの運転手いわく「コントロールできなくなった」とのことで、ロレインはアナベル人形の仕業ではないか?と考えます。

アナベル人形を自宅に持ち帰ったウォーレン夫妻は、神父に祝福を依頼。それからアナベル人形を透明な箱のなかに閉じ込め、鍵をかけました。

そこにはほかにも悪霊が潜む道具などがあったものの、アナベル人形は特別強い力を持つであろう発見として注意書きされていました。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ3.ジュディの憂鬱

アナベル人形を箱に封印してから約1年後。

ウォーレン夫妻はペロンのパト・シェバを取り除く仕事に協力。その一件について世間では仕事の真偽が問われ、記事にも批判的な意見が取り上げられます。

結果、娘のジュディが学校の友達から白い目で見られる始末。孤立感を覚えたほか、自分自身の誕生日パーティの招待が断られたり同級生のアンソニー・リオスにからかわれたりしました。

ウォーレン夫妻はメアリー・エレンと呼ばれる女性にベビーシッターを依頼。夫妻が別の事件で家にいないときは、メアリーがジュディの世話をします。

なおジュディは両親の血を受け継いでいるせいか、もっぱらの霊感体質。学校にいるときにも幽霊と思われる神父を見かけていました。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ4.ダニエラ

メアリーはアンソニーの姉でもある親友のダニエラと一緒にどこかのお店に訪問。2人はメアリーの話や、彼女が片思いしているボブが訪問したお店で働いているという件について話します。

メアリーはお店を出る前、ボブとちょっとだけ会話を楽しみました。それからダニエラは、メアリーがボブのことを好きという事実を本人に告げ口しました。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ5.ダニエラがアナベルを

ダニエラはウォーレン夫妻の自宅にある地下の博物館を見たいと思い、ジュディの自宅を訪問。メアリーはそのときジュディのためにケーキを焼いていました。

それからダニエラは、ジュディにローラースケートをプレゼント。周囲を歩き回ると地下のドアを開けるための鍵を発見し、博物館に潜入します。

博物館に潜入したダニエラは、そこにあった骨董品を見たり触ったりして楽しみます。嘆きのブレスレットのようなものを手に取ると、幽霊が潜んでいるのかを確認しようとしました。とりわけ父親の存在が知りたかった様子。

ダニエラが地下から去ろうとしたとき、なにかが転げ落ちた音が聞こえてきます。どうやらアナベル人形が箱のなかで転倒したようでした。

人形はいかなる状況であっても箱を開けてはならないといった注意書きが残されていたものの、ダニエラは無視して開放。横になったアナベル人形をもとに戻します。

それからダニエラは警報の音を確認。どうやらローラースケートで遊んで帰ってきたジュディが怪我をしたためメアリーが手当てをしたようです。

いっぽう怪我の手当をしている間にケーキが焼け焦げ、煙が出て警報がなってしまった模様。

トラブルが終わってダニエラが帰ったあと、地下ではアナベル人形が落ちるようにして箱から抜け出していました。
ダニエラが彼女に話しかけ、ジュディはアンソニーが彼女の兄弟であることを知るが、ダニエラは、この1年間の経験から、彼が間抜けになり得ることを理解しています。

しばらくしてダニエラは、家の中に父親の魂があると思っていますが、見に行くと彼を見つけることができません。

ジュディが家の中を動き回ると、アナベルがしばらくロッキングチェアに座っていました。

彼女が部屋に入ると人形はいなくなります。すると幽霊のような花嫁の姿をした人物が歩き出します。

幽霊は短剣でジュディの方に進むまで立ち寄ります。彼女は十字架をつかみ悲鳴を上げ、少女たちに助けを求めました。

ジュディは、彼女が着ているドレスが着ている人を堕落させるはずなので、彼女は幽霊を見たと説明しました。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ5.不穏

ダニエラはウォーレン一家の骨董品を詮索し続けており、いくつかのケースファイルを見つけます。

そのなかには、彼が狼男(ヘルハウンド)だと主張する男性のケースファイルや、死者の魂と引き換えに硬貨を受け取ったフェリーマンのファイル、そしてファイルの中の少女がまさにメアリー・エレンに似ているというものがありました。

ダニエラがアナベルについてジュディに尋ねると、少女は邪悪な人形について話すことを拒否します。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ6.ヘルハウンド

そのあと、ボブはダニエラに招待されて家に来たものの、ちょうど石焼きのピザ屋が配達に来たときでした。

彼はボブがメアリー・エレンのことが好きなのを見て、彼女に音楽で誘うようアドバイスします。少女たちはジュディのケーキを切り、彼女は2人を彼女の誕生日パーティーに招待し、2人が出席することを約束。

それから女の子たちはボブがメアリー・エレンのためにギターを弾いているのを聞きました。彼女が外で彼と合流する前に、彼はヘルハウンドによって見つけられ、ウォーレンの鶏小屋に隠れに走ります。

無事に過ごしましたが、放浪している鶏が1羽、ヘルハウンドの餌になりました。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ7.ダニエラの父親

メアリー・エレンはジュディをベッドに寝かせます。ジュディがダニエラの父親に何が起こったのか彼女に尋ねると、メアリー・エレンは彼が自動車事故で死んだと説明し、ダニエラは彼女が運転していたので自分を責めていました。

その後、メアリー・エレンが台所にいると、ガラスがテーブルから滑り落ちて勝手に割れてしまいます。

ドアを叩く音が聞こえ、外にいるアナベル「ビー」・マリンズ(サマラ・リー)の魂に気づき、人形の話をしました。

メアリーはジュディの部屋に行き、アナベル人形が彼女の隣で横になっているのを発見。いっぽうダニエラはドアが自動的に開いたあと、博物館に戻ります。

鏡には父親の魂が映っていますが、顔を向けると顔が切れ、父親は怒って父親の死を責めます。彼女はそこから逃げ出そうとしたものの、ドアが閉まって彼女をそこに閉じ込めてしまいました。

彼女は自分が動く前に自分の動きを映すテレビを見続け、気味悪い猿の人形に驚かされます。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ8.危険

メアリー・エレンは懐中電灯を持って家の中を歩き回り、床の上にコインを見つけます。彼女は調査してフェリーマンにつきまとわれたものの、フェリーマンは彼が骨格を見せるときに彼女を怖がらせました。

幽霊は彼女を彼の方へ引っ張ろうとしますが、メアリー・エレンは彼女の懐中電灯を使って彼を消そうとします。

彼女はジュディの部屋に走って行き、必死に叫びましたが、まだ眠っています。ジュディは何かに足を引っ張られているように感じます。

彼女はシーツの下を見て、アナベルと、アナベル・ヒギンズの精神が彼女に向かって叫んでいるのを見つけます。

ジュディは人形を壁に投げつけたものの、彼女の部屋の回転するカラーライトが動き回り、人形のシルエットを浮かび上がらせ、いろいろな悪魔が続いて出てきました。

ジュディは叫びながら走り出て、メアリー・エレンを見つけます。彼らは彼女の両親に電話をかけようとしますが、ロレインの声のように聞こえるものが、アナベルに話しかけようとすると不吉な声になり、彼女は少女たちに人形は魂を欲しがっていると言いいました。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ9.離散

少女たちはダニエラをなんとか博物館から連れ出したものの、彼女はそこにあるものすべてに触れたことを認めます。

ジュディによると、アナベル人形は幽霊を外に出して魂をもたせたので、すべての幽霊の責任があるとのこと。

またお化けの動きが激しくなるにつれて、少女たちは離散。

ダニエラは花嫁の幽霊につきまとわれ、ジュディは車まで走り、ヘルハウンドに追いかけられていました。

ボブは出てきてヘルハウンドの顔にギターをぶつけると、そのギターは消えてしまいます。

メアリ・エレンは侍の武具につきまとわれ、着用者が殺したすべての人々の物音を聞くことができます。鎧は彼女をほとんど押しつぶしたものの、なんとか助かり元気に外に出ました。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ10.解決

ジュディとメアリー・エレンは、悪魔の手で彼らを攻撃しようとするボードゲームボックスの中に彼女の事件の鍵を入れた後、アナベルを見つけようとします。

ダニエラは花嫁にとりつかれ、メアリー・エレンを攻撃。ジュディは、エドとロレインがダニエラから花嫁を引っ張り出す悪魔払いのビデオを再生して、彼らを救いました。

ジュディは神父の霊に導かれアナベルを探します。少女たちは彼女を片付けようと地下室に行きますが、ジュディは角の生えた悪魔にによって襲撃。

悪魔はジュディの魂を奪おうとしたものの、ジュディは十字架で彼を撃退します。少女たちは最後にアナベルをケースに入れてロック。

これにより、霊的な現象はなくすべてが正常に戻りました。ボブも出てきて、ジュディは彼女を救ったと言っています。

次の日の朝、エドとロレイン・ウォーレンは帰ってきて、ボブは帰らなければならなくなります。ボブはメアリーに自分のホームカミングを招待し、メアリーはそれを受け入れます。

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじネタバレ11.

そののち、ジュディのパーティーは彼女の両親だけで行われましたが、メアリー・エレンやダニエラ、ボブと一緒に来て、今では変わったアンソニーさんを含むジュディのクラスメートと一緒に来ます。

パーティーが進むにつれて、ダニエラはロレインに個人的に話をしました。彼女は父親と話したことを話し、父親は彼女が恋しいと言い、起こったことを自分のせいにするのはやめなければならないと言いいます。

ロレインはダニエラに博物館に展示されているムーナーのブレスレットを贈り、ダニエラは涙ながらに抱きしめました。彼らはジュディとのパーティーを楽しむために戻ってきます。

映画の最後には、ウォーレン一家の写真が表示されます。その写真は映画のもとになった本物のウォーレン夫妻を写したものです。

それから「ロレイン・ウォーレンに捧ぐ」といった意味合いの言葉が流れ、終わります。(本物のロレイン・ウォーレンは2019年春に亡くなりました)