2019年公開予定おすすめ映画一覧

【2018年】開設2週間のブログでグーグルアドセンス審査1発合格した私がやったこと

こんばんは、ゆき(yukipinapopo)です。本日はこのサイトを閲覧いただきありがとうございます。

グーグルアドセンスの審査に2週間で合格出来た私が審査合格までにやったことを書いてみようと思います。
といっても特別なことをしたわけではないのですが。

ブログ運営に関する記事としては初めてになりますがよろしくお願いします!

グーグルアドセンスに申請した経緯

もともと時が経ったらアドセンスには申請するつもりでいました。
ただそれをいつにするか、という話ですね。
とりあえず現状サーバー代だけでも賄えたらいいなと思ってはいたのでなるべく早く合格できた方がいいかなとは思っていました。
30記事書いてからしようかな、PV数が伸びてきたらにしようかなと考えていましたがどうせ落ちるなら30記事書いてのんびり合格狙っていこうと考えて2週間で申請。
返事はいつかな~と待っていたらアドセンスに接続されましたというメール。

申請時のサイト状態

ジャンル 映画レビュー&雑記
開設日 10月17日
申請日 11月4日
申請日までの総記事数 32
申請日までの総PV数 995PV
といった感じでした。
とりあえず記事の事について書こうと思います。

記事作成で気を付けたこと

客観的に見て問題解決に繋がるか

記事を書く上で重要だと思うのがこれでした。
グーグルは「ユーザーの利便性を第一」として捉えていてユーザーの問題を解決出来る内容なら自ずと上位表示につながる。
ということなので客観的に見て今自分が書いている記事で見た人は抱えていた問題や欲求が満たされるのか?という部分を意識して書いた次第です。
有益なコンテンツを書けばアドセンス審査の通過にも一役買ってくれるかな?という思いです。

ただの日記はNG

ただの日記でアドセンスに合格できるほど甘くはありません。
上でも書いたようにユーザーが満足するようなコンテンツを書けるようにするのが大事だと思います。
例えばラーメンを食べたとしましょう。
日記を有益にするなら
1.ラーメン食べた
2.おいしかった
3.どこどこの店です
これではユーザーにまったく有益にはなりません。
1.どこどこというお店で〇〇というラーメンを食べた
2.味は〇〇、いろいろ書く
3.ラーメン屋のメニュー
4.ラーメン屋の基本情報
といった感じで書けば日記でも有益なものになりえます。

1つの記事の文字数は1000文字以上

初心者にとっては1000文字書くのも難しいという話を聞くことがありますが、ユーザーに配慮した記事を書いていると1000文字なんてすぐに通過するラインになってきます。
このブログの記事にも1000から1100文字程度の記事がいくつかありますが、大半は2000から4000字程度で多いもので17000字ほどになっています。
アドセンスに合格したいならとりあえず最低1000文字以上の記事にしてみましょう。
難しいならまずキーワードと目次を先に考えると書きやすくなります。

記事は30記事が目安?

アドセンスの審査に合格したいなら30記事はあったほうがいいと言われています。
私もそれを踏まえて32記事程度書いてから申請してみました。
あまり少ないとコンテンツ不足による不承認が起こるようなのでこのくらいは必要なのでしょうね。
ただ正直30記事もいらないと思います。
この記事を書いている時に5記事だけで申請して合格しておられる方がいたので。
少ない記事数でもコンテンツとして満足なものとなっているならいいのかもしれませんね。

内容は中途半端なものも

私の書いた記事の中には中途半端なものが多いです。
特に17記事目~30記事くらいの間は「早く30記事にしたい!」という考えが先行して中途半端で終わっているものがあります。
というより今まで書いた記事ですら満足に書けているものが少ないです。
それでも文字数は2000文字や3000文字は書いてはいます。
正直なところ中途半端な記事が多くてアドセンス普通に落ちるんじゃないかな?と思っていましたがそこまで完成度の高い記事は要求されていないようでした。

プライバシーポリシーの記載

広告を設置するなら絶対に必要な事項です。
アドセンスに関しても必ずプライバシーポリシーは記載しなければならない旨の記述がありますので必ずページを作っておきましょう。
私のサイトではプライバシーポリシーと免責事項で記載しています。
ブロガーの方たちなら同じようなページが必ずあるので参考にして書いてみましょう。

プロフィールの設置

自分のプロフィールですね。
グーグルの中の人がチェックするときにサイトの中の人がどのような人物なのかを把握しやすいように設置してみましょう。
私のプロフィールは凄い簡単に書いてあるのであとで大幅増筆予定。

画像・動画に気を付ける

アドセンスは厳しいので画像にも注意を払う必要があります。
芸能人の画像や人物画で少しでも露出があるものは避けたほうがいいです。
動画などに関しても著作権が心配なので1次ソース(公式サイトにある)となっているものしか使用しないようにするのが身のためです。
むしろアドセンスに合格するまでは画像を使わない方が安全ですね。
合格後も規約に反しないようにする必要があるのであまり変わらないとは思います。

アドセンス合格までの軌跡

アドセンス合格までの流れを書いてみます。

10月17日 ブログ開設
11月2日 30記事達成
11月4日 アドセンス申し込み(夜)
11月7日 アドセンス合格(夜)

こんな感じでした。
中途半端な記事もあったりして何度か落ちる覚悟をしながらの申請でしたが一発通過でほっとした瞬間。

アドセンス申請をする前にやっておきたいこと

独自ドメインの取得

独自ドメインは開設時点ですぐ取得したほうがいいです。
あとで取得しよう思ったらそれまでのドメインパワーがもったいないので。

Google Analyticsの設置

アナリティクスを設置することでアクセスの解析をすることが出来ます。
積極的に入れましょう。

Search Consoleの登録

サーチコンソールを使うことで記事のインデックス登録やどういう単語で検索されて来ているかを見たりエラーがないかを見たりできます。
とても大切です。

デザインの調整

ブログ自体にテンプレートなどがあれば初期デザインでも大丈夫だとは思いますがカラム崩れとかは起きないようにしたほうがいいかな?と思います。

記事には見出しをつける

見出しh2とかh3とかそういうやつです。
ユーザーから見ても区切りがわかりやすく、検索エンジンにも配慮出来るので見出しはつけましょう。

アドセンスに通過するために最も重要なこと。

アドセンスに通過したいならコンテンツ違反は絶対NGです。

アダルト コンテンツ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
アルコールに関連したコンテンツ
タバコに関連したコンテンツ
ヘルスケアに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連したコンテンツ
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ
禁止コンテンツ

これらですね。
やっちゃだめ!と言われているのですからやってはいけません。

まとめ

私がグーグルアドセンスを合格するまでにやったことなど書いていきました。
合格したのはいいけどpvが少なすぎて見てる人が少なくアドセンスを貼る意味を感じられないのでまだ貼ってないんですけどね・・・

これを見てひとりでも多くの方がアドセンスの審査に通過できることを祈ります。
*簡単なアドバイスでよければブログを見させて頂ければ暇ならします。

最後まで読んでいただきありがとうございました! この記事を書いた人:ゆき(yukipinapopo)