2019年公開予定おすすめ映画一覧

エレキギターを始めるならこれが必要!必要アイテム12種をご紹介!

エレキギターを弾く上で必要になってくるアイテムを紹介します。
必ず必要な物とあったほうがいいものなどを紹介していきますのでエレキギターの購入を考えている人は一度目を通して何を買うべきか考えておきましょう。

エレキギター

ギターがないとギターを弾くことはできません!
ということで絶対に必要になります。
安いものは1万円~市販の高いものは数百万円まであります。

ピック

別に必要ではないですが、エレキギターを弾くのであればほぼほぼ必須となるアイテムになります。
爪でもギターを弾くことは出来ますが爪が削れる上に音がとても丸っこい音、よく言えばマイルドな音しか出せません。
ピックには二等辺三角形に近い形をしているティアドロップ型と正三角形の形をしているおにぎり型が存在します。
ジャガジャガ弾きたい人はおにぎり型のものがオススメで、速弾き系ギタリストになりたいならティアドロップ型がオススメです。
消耗品なので何枚もストックしておくことになります。

アンプ

エレキギターの音をスピーカーから出してくれるアイテムです。
これも必要ではないですがないとエレキギターの生音だけしか出せないので必須になります。
そもそもアンプがないとエレキギターの意味がないしアコースティックギターでいいじゃん!となってしまうので買いましょう。

エフェクター

エレキギターの音に様々な装飾を加えることが出来るものです。
ギターの音に歪みを与えるもの、空気が混ざったような音にするもの、ジェット機のような効果を付与するもの、音自体を別の楽器の音にしてしまうものなど様々あります。
単体で1つの効果を付与するタイプのものとマルチエフェクターと呼ばれる様々なエフェクトを1つの機械で実現できるものがあります。

ギターケーブル(シールド)

アンプとエレキギターその他をつなげる為に必要になります。
ケーブルというよりはシールドと呼ばれることが多いです。
安物から高級品まで様々ありますが1000円未満の物は明らかに音が悪いのでオススメしません。
3000円程度の物があれば十分です。
物によって得意な音域が変わってくるので色々試してみるのも楽しいです。
家で弾く分には3メートルくらいのものから5メートルくらいのもので十分だと思います。

チューナー

エレキギターの音程を合わせるために必要なアイテムです。
絶対音感を持っているなら話は別ですがなければ必ず持つようにしましょう。
特に初心者の方だと正しい音程を身に着けることは将来的に最重要になります。
間違った音程を覚えて音痴系ギタリストにならないようチューナーには目を向けましょう。

ギタースタンド

エレキギターを演奏していないときに立掛ける為に必要になります。
壁掛け式・ネックとボディを支えるもの・複数のギターを置けるものなど様々です。
これは本当になくても大丈夫ですがギターが可哀相なのであったほうがいいと思います。

ギターストラップ

必要ないですが立ち弾きする際に必要になります。
将来的に人前で立って演奏するなら必要です。
また、座って演奏するのと立って演奏するのでは弾きやすさがかなり変わってくるので立ち弾き練習をするなら購入しましょう。
座って弾けるフレーズが立って弾こうとするとストラップが滑ったり腕が回らなかったり肩が重くていつも通り弾けないなどザラにあります。

ギターケース

エレキギターを持って外出するときに必要です。
非常に簡素な物からある程度守ってくれるもの、ガチガチに守ってくれるものなど様々あります。
大事なギターですのでほどほどに守ってくれるものがオススメです。

ギタークロス

ギターの掃除をするときに必要です。
ギターを弾いた後は手垢が弦やボディに付着しているのでクロスなどでふき取りましょう。

ニッパー六角レンチドライバーペンチ等の工具

ギターの弦を張り替える時などに必要になります。
また、弦の高さを調整するとき、オクターブチューニングをするときなどにも必要になってくるので一式揃えておいて損はありません。
弦交換はギターを弾くうえでずっと付き合うものなので正しいやり方を覚えておきましょう。

楽譜(Tab譜)

何かの曲をコピーするときに必要になります。
ギターの楽譜にはTab譜と呼ばれる普通の楽譜が読めなくても簡単に読み解くことが出来る譜面があります。

まとめ

エレキギターを弾くなら揃えておきたいアイテムを紹介してきました!
他にも考えれば必要なものが思い浮かぶかもしれないですが大抵これだけあれば何でも出来るので不安ならとりあえずここに書いてあるもの全部買っておけば問題ないと思います!
楽しいギターライフを送りましょう。

初心者セット

ここまで必要な物を書いていきましたが、世の中にはエレキギター初心者セットというものもあります。
初心者セットを買ってしまえばすぐにでもエレキギターを始めることが出来るのでまだ1度も購入したことがない人はセット購入するのもありですね!