映画

auビデオパスとは?評価評判やおすすめメリットデメリット超解説!【映画館へ行く人や新作好きに!】

映画にアニメにドラマが見放題!そもそも『auビデオパス』とは?

『auビデオパス』はauスマホやガラケーを展開するKDDIが運営しているVOD動画配信サービスの1つです。サービスが開始されたのは2012年5月15日からなので大体6年ほどになりました。

魅力的なのは見放題プランが月額税抜き562円で利用できるというVOD動画配信サービスの中では安価な点。この安価にもかかわらず毎月新作映画などを1本無料で見ることが出来るというレンタルチケットが配布されることです。

さらに映画・アニメ・ドラマに関しては豊富なジャンルに作品数が約1万本ほど見放題というauユーザーであればかなりの暇つぶしに使えるのが魅力的です。

またVOD動画配信サービスとして見放題のサービスが基本ですが、『auビデオパス』はそれに加えてクラウド上のレンタルサービスを別途課金制で展開することでより多くの映画などの作品を見ることが出来ます。

そして一番の驚きは『auビデオパス』に登録しているユーザーなら特定の映画館でいつでも割引料金で見られるということ。毎月1度でも映画館に行けば『auビデオパス』の契約料金を取り返せるほどのメリットを秘めています。

ということでここから先は更なるメリットやデメリット、評価・評判からおすすめしたい人まで詳しく見ていきたいと思います。

sponcerd link

魅力的な『auビデオパス』を契約する上でおすすめ出来るメリット

KDDIが運営しているVOD動画配信サービスの『auビデオパス』のメリットをご紹介します。

「auマンデイ」で毎週月曜日はお得に映画館で映画を楽しめる!

『auビデオパス』を契約している人が受けられるサービスの1つに「auマンデイ」があります。この「auマンデイ」は日本の映画館のTOHOシネマズの全劇場で毎週月曜日(祝日含め)は映画鑑賞料金が割引きになるというものです。

つまりどういうことかと言えば大人料金1,800円で見ている人や大学生なら1,100円で映画が見られるということ。さらに高校生なら900円で視聴可能です。

「auビデオパス」の契約料金が約600円と考えた場合毎月1度でも映画を見たら元を取り返せるということがおわかりいただけると思います。

さらにこの特典は同伴者1名まで適応されるため「auビデオパス」の契約者ともう1人までは映画を1,100円で鑑賞可能ということになります。

auスマートパスプレミアム会員ならさらにポップコーンセットが割引きに

「auビデオパス」を契約すれば映画を割引きで見ることが出来るわけですが、さらに「auスマートパスプレミアム」会員であればポップコーンセットを割引きで購入することが出来ます。

ポップコーンセットはドリンク(M)とポップコーン(M)がセットになったもので通常料金は670円、それが半額以下の320円で購入可能です。

以前は「auビデオパス」を契約していれば映画料金の割引とポップコーンセットの割引の両方を受けることが出来たのですが、残念ながら2018年4月頃にこのサービスは分割してしまいました。

元からある良サービスを取り上げてしまったのはデメリットとも言えますね。

ポイント
  • 毎週月曜日は映画を大学生↑は1,800円が1,100円で鑑賞できる。
  • 高校生は900円に割引きされる。
  • 毎月1回でも映画館に行く人ならサービス料金の元は取れる。

「auシネマ割」ならいつでもお得に映画館で映画が見れる!

「auマンデイ」は毎週月曜日に限定されていましたが、「auシネマ割」はなんと毎日1年365日いつでも映画を割引き料金で見ることが出来ます。

ただし今回対象となるのはTOHOシネマズではなくユナイテッドシネマシネプレックスです。

「ユナイテッドシネマシネプレックス」であれば毎日いつでも割引き料金で見れる上に「auスマートパスプレミアム」会員ならばポップコーンセットも半額と嬉しい特典がいっぱいです。

恵比寿ガーデンシネマだけはこのサービスが対象外となっていましたが、記述上はそこ以外の「ユナイテッドシネマシネプレックス」ならどこもこの「auシネマ割」サービスを受けられるそうなのでお得に見れますね。

この割引は何度でも受けられる上にクーポン1枚につき鑑賞券が3枚まで発行できます。

詳しい割引き料金はこちら↓

区分け 通常料金 「auシネマ割」限定割引料金
大人 1,800円 1,400円
大学生・高校生 1,500円 1,300円
シニア 1,100円 1,000円
幼児・小中学生・障がい者 1,000円 900円

常に割引されるだけに「auマンデイ」と比べると少しだけ割引きが少ないように見えますが、それでも明らかに安いことはわかります。

新作映画の公開開始日は基本的に金曜日か土曜日が多いことから「auビデオパス」会員の方は早く見たいなら「ユナイテッドシネマシネプレックス」に、月曜日まで待てるなら「TOHOシネマズ」に行くのがお得ですね。

ポイント
  • 「ユナイテッドシネマシネプレックス」で毎日いつでも割引鑑賞
  • 割引率は「auマンデイ」より少し悪いもののいつでも安くなるのが強み

「みんなのリクエスト」で流して欲しい映画を希望できる

「auビデオパス」なら自分が見たい映画をリクエストすることが出来ます。見たいと思った映画があるときは作品のジャンルとタイトル、配信してほしいといった熱い思いを胸に要望を送れば希望に沿ってくれるかもしれません。

映画館でもこういった要望を書くことで上映してくれるお客様目線の映画館もありますが、「auビデオパス」にもそういった配慮がされていることがメリットの1つとしてあげられます。

検索機能の「こだわりサーチ」で自分の求める映画を探しやすい!

「auビデオパス」の強みとも言えるサービスには「こだわりサーチ」があります。通常のVOD動画配信サービスと比較してみても「auビデオパス」の検索機能にはこだわりを感じられます。

そのこだわりは多岐に渡るテーマ別検索から年代別、再生時間別、映画賞別、評価別、人物別など様々です。

再生時間別であれば隙間のお暇な時間に何かみたいと思ったときにちょうどぴったりな再生時間の作品を見釣ることができますし、高評価の映画を探したり逆に低評価の映画を見たい場合も探すことが出来ます。

極めつけは映画賞別の検索機能。映画関連の賞にはアカデミー賞のほか様々な賞がありますが、「auビデオパス」ならそういった映画賞別に見たい映画も探せるのが他にはない強みと言えるでしょう。

ポイント
  • 時間指定検索で暇な時間に合わせた動画を探しやすい
  • 他とは違った基準の検索が新鮮

毎月付与される540円分のビデオコインで新作映画が実質無料視聴できる!

「auビデオパス」には見放題の映画・ドラマ・アニメ作品のほかにも追加課金することで見られる作品がたくさん存在しています。そういった追加課金を必要とする作品は「auビデオパス」に実装されているビデオコインというものが必要になるわけですが、このビデオコインが毎月540円分貰えちゃいます。

ビデオコインは1ポイント1円なので540コインは540円です。そんなビデオコインがあれば新作映画が追加課金でレンタル配信された時でも1本実質無料で視聴できるので非常にお得と言えます。

以前はビデオコインではなくレンタルチケットと呼ばれるものが毎月1枚配布されることで新作品を見ることが出来ていましたが、現在はビデオコインによるポイント制にすることで柔軟な追加課金を可能にしているといった感じです。

ビデオコインの入手方法には3種類ある

毎月540ポイントが付与されるビデオコインには3種類の入手方法があるので注意点と一緒に解説しておきます。

追加課金のレンタル作品を購入した際に少しビデオコインが還元される(注意点は購入月の翌月末にポイント失効すること)
ビデオコインを課金購入する(注意点は5ヶ月で購入ポイントが失効されること)
見放題プランを契約することで毎月得られる540ポイント(注意点は翌月末にポイント失効すること)

以上の3つが「auビデオパス」の中で使用できるビデオコインの入手方法と注意点でした。自分で購入したビデオコインは数か月は使用できますが、付与されたポイントは翌月に失効されることから溜めることを意識しないであったらすぐに使ってしまうのが賢い使い方と言えるでしょう。

ポイント
  • 毎月一本新作配信映画を無料で視聴できる
  • コインは有効期限があるため溜めずに消費しよう

auユーザーなら決済方法が非常に簡単!

「auビデオパス」を契約した人にとって気になるのは決済方法ですが、「auビデオパス」は「auかんたん決済」という携帯・スマホ料金と一緒に支払いをすることが出来る方法が用意されているため非常に簡単に決済出来ます。

このauかんたん決済に関してはドコモやソフトバンクといった大手キャリアがやっている決済方法と共通したものなので安心してご利用出来ます。

またauかんたん決済なら携帯料金と一緒なのでクレジットカードなどを必要とせず、学生さんや小さいお子さんでも契約できる点がメリットです(ただしお子さんが契約する際は親に相談しましょう)。

ポイント
  • 携帯料金と一緒に支払い出来てクレジットカードが必要ない
  • auIDがあればお子さんでも内緒で登録できる(しっかり親に相談してください)

1万本が見放題で月額が562円という格安プランがあること

「auビデオパス」の一番おすすめできるプランである見放題のプランは月額料金が562円でさらに540ポイントつきという破格な格安プランです。

この月額料金はドコモの会社が展開しているVOD動画配信サービスと比較してもほぼ同等なわけですが、ドコモが運営しているdTVにはポイント付与の特典がないためそれ以上に優れた破格の値段と言えます。

ポイント
  • 月額562円はVODサービスの中でもかなり安いほう
  • ドコモのdTVと同じくらいだけどポイント分でauビデオパスのがお得

配信タイトルは国内アニメ・ドラマが強い

「auビデオパス」は約1万本の映画・アニメ・ドラマ作品が配信されていますが、その配信タイトルの中でも特に強いのは国内系ドラマやアニメです。そのラインナップは以前のVOD動画配信サービスであれば国内最大の配信タイトル数だったこともあるほどでした。

現在はVOD動画配信サービスも飽和してきて様々なサービスがあるため比較も難しくなっていきましたが、今でも国内アニメやドラマの配信タイトルは数多く存在しているため国内作品が好きな方にとっては宝の宝庫になっています。

また国内作品であればリアルタイムに見ている作品でも都合が合わなかったり見るのを忘れてしまうことがあるかもしれないですが、そういった作品が「auビデオパス」では見逃し配信されるため何かと便利です。

ポイント
  • 国内作品が好きな人には嬉しいラインナップ
  • 国外作品はどちらかというと少なめ

その他の「auビデオパス」のおすすめなメリット

「auビデオパス」のメリットでありながら他のVOD動画配信サービスも共通して展開しているようなおすすめのメリットも紹介しておこうと思います。

映画・アニメ・ドラマの画質はSD画質からHD画質まで対応

「auビデオパス」の対応画質はSD画質(480p)とHD画質(720p)の2種類です。基本的にはSD画質は全て対応しており、HD画質に関しては対応しているものと対応していないものがあります。

またHD画質に関してはその他のVOD動画配信サービスでも当然のように対応している画質ですが、「auビデオパス」の場合はauの3G回線かLTE回線かWifi回線かによって画質も異なってくる部分もあります。

そのため「auビデオパス」の動画配信を最高画質で見たいと思ったときはWi-fiや有線ケーブルを利用することがおすすめです。

ちなみにHD画質はスマホで見ると高画質ですが、パソコンのモニターなどで見るとややキレイ、大画面だと粗が目立つといった画質です。

外出時でも事前にダウンロードして視聴可能

自宅で映画・アニメ・ドラマなどを見る分には使用量無制限な通信回線などを使用することで気にすることなく視聴出来ますが、外出先などでは気になるのが通信量です。

VOD動画配信サービスは基本的にストリーミングのため外出先で見ようと思えばキャリアの通信回線などを利用することになります。すると通信料を気にする必要があり、使いすぎれば通信制限されて見れなくなってしまうといったことがあるでしょう。

そんなときでも「auビデオパス」なら自宅で最大5作品まで映画・アニメ・ドラマをお持ちの端末にダウンロードし、外出先で通信を気にすることなく視聴できます。

このようなオフライン再生&ダウンロード機能は見放題とレンタル作品の両方で可能なのが魅力です。また最大5本まで同時にダウンロードしておけるので、他にダウンロードしたい場合はダウンロード済みの作品を消してからダウンロードする形になります。

4つのデバイスでどこでも視聴可能

「auビデオパス」はスマホ・タブレット・パソコン・テレビの4種類の端末で楽しむことが出来ます。そのため基本的にはどこにいても視聴が可能です。

外出の際はスマホやタブレットで、パソコンの前にいればパソコンで、テレビの前ならテレビで、お風呂や寝る前のベッドならスマホタブレットでといった感じで見ることが可能です。

sponcerd link

ここがダメです『auビデオパス』デメリット

『auビデオパス』の評価や評判・口コミをご紹介!

良い評価・評判・口コミ

戦隊ものや特撮が強かった

特撮が好きな人
特撮が好きな人
auの契約をするときに勧められた「auビデオパス」でしたが、今まで動画配信サービスを使ったことがなかったため最初は無料とのことで契約してみました。配信としてはそんなに見たいものがないと思いましたが仮面ライダーのほか特撮系の作品は案外充実していて最新話などもあったのが驚きです。

それも仮面ライダーシリーズはこれまでのシリーズ作品がたくさんあったため昔からそういった作品が好きだった自分にはぴったりでした。一応これだけでも契約した価値はあったと思います。

スマホを使う意味が出来た

おじさん
おじさん
当方スマホは持っているだけで連絡などのやり取りをする以外基本的に使うタイプではありませんでした。そんな私でしたが機種変更をするときに「auビデオパス」を進められたのでそのまま何も考えずに契約。

特に使わずに放置していたのであとで解約しようと考えていたのですが、解約前に「auビデオパス」を開いてみたらふと気になる作品がありまして、そのまま見てしまいました。

その後は映画とかに興味がなかったのが面白くて見るようになってしまい今では配信されている映画をたくさん見ています。値段的にも特に気にするほどの値段ではなかったため飽きるまでは使ってみようと思います。

コナンが見放題

コナン=新一
コナン=新一
何か有名なアニメ映画を見ようと思っていたら名探偵コナンの映画があったので視聴。よくよく見たら名探偵コナンが20作品くらい見放題になってることに気づいてその日から1日1コナンを見ながら楽しく生活出来ました。

ただその勢いでドラえもんとかクレヨンしんちゃんもあるのではないかと思って確認してみましたが、なかったので少し残念。

思ったよりもアニメが豊富だった

さる
さる
アニメを見ていたサイトがなくなってしまったので契約はしていたものの全然見ていなかった「auビデオパス」で新作のアニメなど鑑賞してみました。

すると思ったよりもアニメが豊富に配信されていることに気づいたため適当に視聴。とりあえずナルトを一挙見してみました。

発掘!いちおし作品が便利

仕事人
仕事人
見たい映画とかが思いつかないときにいちおし作品を特集するページがいつも用意されているのが何かと便利です。

特集も毎日とはいかないものの数日おきに追加されているため、自分で見たい映画などが見つからなくても特集で気になる作品を見つけられるため新たな発見があって楽しく見れています。

作品数は確かに少ないですがこういった配慮はやはり大切ですね。

映画を見るために入っていると言っても過言ではない

映画館で映画を見るのが好きで新作映画は基本的に上映日に見ています。そんな中で上映日に映画を見ようとすると映画の料金が毎回1,800円かかって馬鹿になりませんでした。

ナイト料金ならそういった問題も解決できるのですが、自分の場合は1日に複数の映画を見たりするためそういうわけにも行きません。そこで知ったのが「auビデオパス」です。なんでも「auビデオパス」なら映画館は限られるけど料金が安くなるではないですか。

これは便利な特典だなと思ったため早速契約、今では特典に活躍してもらえています。ということで自分は興味が強い映画は上映日に、そうでもないものは月曜日にTOHOシネマズに行ったりして有意義に活用できています。

肝心の「auビデオパス」はあまり使ってない上に違う動画配信サービスを使ってしまうので基本見てません。

悪い評価・評判・口コミ

なんでポップコーン割引き終わらせたの?

ねこ
ねこ
月曜日は映画の日と決めていてTOHOシネマズに毎週いっている者です。それで大体いつも映画が安くなる分ポップコーンと飲み物の割引セットを頼んでいたのですが、4月くらいからいきなりその割引がなくなってしまって非常にショックです。

もともと映画とポップコーンとかで1500円程度で見れていたのにそれがなくなってしまっためポップコーンや飲み物を買えば1800円・・・これじゃ通常料金と変わりません。

映画の割引もビデオパスに入っていなくたってレディースデイやナイト料金などもあるので入っている価値が薄れてしまった感じがしています。

こんな人におすすめ!『auビデオパス』が向いている人

『auビデオパス』はこんな人におすすめ!
  1. auのスマホを持っていたり何かしらの契約でauIDを持っている人
  2. 映画館で毎月1本以上は必ず新作映画を視聴する人
  3. 国内のアニメやドラマが好きな人
  4. なるべく低価格の動画配信サービスを利用したい人
  5. 見つけにくい作品を新たに発見したい人
  6. 映画館で見れなかった作品がレンタルされたら無料で見たい人

こんな人はダメかも…『auビデオパス』が向いていない人

映画館に行かない人や洋画のほうが見る人

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA