2019年公開予定おすすめ映画一覧

初めてのデグー飼育で絶対必要なおすすめケージと3つの選ぶポイントについて

こんばんは、ゆきです。
今回はデグーを飼ううえで必ずに必要になってくるケージについて書いていきたいと思いますよ。
歯の強いデグーにはハムスター感覚でケージ選びをすると痛い目に合うからデグーにあったケージを買うようにしましょうね!

デグーのケージを選ぶ基準

デグーのケージを選ぶうえで大切なのは「頑丈」であることが大切です。
それはなぜかと言えばデグーの歯が強いからです。
ハムスターなんかなら大丈夫なんですけど、プラスチック製のケージやアクリル製でデグーを飼おうものならすぐに歯で削られて1日も経たずにケージに穴が開いて脱走されてしまうでしょう。
そのためデグーのケージを選ぶならプラスチックなどはダメです!
またケージの広さも大切です。
デグーは走るのが大好きで暇なときはクルクル回っているくらいなので狭いよりも広いほうがいいでしょう。
最後に高さですね!高いところに行くのが好きなデグーのためにも高さを兼ね備えたケージは大事ですよ。

デグーを飼うゲージの定番といえばコレ!

SANKO イージーホーム40 ハイ

初めてデグーを飼うならこれでしょう。
ペットショップでデグーを買うときにケージの話をしたらほぼ100%薦められるくらいに定番のケージです。我が家にもあります。
歯の強いデグーでもケージが削られることはないので窓を閉め忘れなければ脱走できません。
メリット
・小さくてコンパクトなので目の前に置いてもあまり邪魔にはならない。
・上に物が置ける。
デメリット
ケージの柵の感覚が狭くて指が入れにくく窓を閉めたままデグーと交流するのが難ありである。
下に車輪がついてないので移動するときは持ち上げるか引きずる必要がある。
特にデメリットとして大きいのはケージの柵に指が入れにくい点ですね。
ちょっと触りたいとなったときに指が入らないのが地味に嫌なんですよ。
まぁ窓開ければ済む話ですけどね!
そしてもう1つの定番

SANKO イージーホーム 80ハイ

こちらもペットショップでデグーを買うときにほぼ必ず薦められます。
小さくてコンパクトな40を買うかペア飼いでも狭さを感じさせない80を買うかどうかですね。
メリット
・大きいのでデグーがのびのびと生活できる。
・ケージの柵の隙間が開いているため指が簡単に入り触りやすい。
デメリット
・掃除が40よりも大変。
デメリットが掃除くらいなので人様の都合で選ぶかデグーの都合で選ぶかですよね。
あまり幅を取りたくないなら40ですし、デグーの生活をするなら80かな?
私は両方家にあります。
あともう1つ

ホーエイ 快適ロングハウス

ここまでくるとさすがに私も持っていません。
デグー自体はもともと山岳地帯に住む生き物なので高いところを好みジャンプ力があって上の方にのびのび出来ていいかもしれないけど・・・
デグーが落下して怪我しないかが心配かな?

デグーを飼うのにこのケージはダメ!

この手のタイプはすぐにデグーの歯の餌食になってしまうので選ばないようにしましょう。
上のケージを使うならハムスターですね。
虫かごに関しては病院に連れていくとに簡易で便利なんですが、連れていく途中で上の部分を齧られて脱走されそうになるレベルです。

まとめ

デグーを買うのにオススメのケージを紹介してみました。
オーダーメイドの通販とかも以前見た覚えはあるのですが、イージーホームの40と80のどちらかを買えば大丈夫でしょう。

よいデグーライフをお楽しみください!