映画

ネタバレ映画『パシフィックリム アップライジング』13謎疑問を徹底解説&ストーリーネタバレ【登場した怪獣&イェーガー一覧もあり】

最速公開から二週三周程度遅れて公開された映画『パシフィックリム』の続編映画をいつものよう初日に見て参りました。

前作から10年の時を経てふたたび怪獣が現れたということでどういった展開を見せたのか、この記事では前作を思い出しながらストーリーの結末ネタバレと疑問点の解説考察、情報整理、続編の伏線や謎などをまとめて起きたいと思います。

また前作を見ていないという方のために前作の解説記事も書いていますのでそちらもご覧下さいませ。

*テレビ版パシフィックリムを見た方へ
結構カットシーンが多かったのでフル映画版を見たい方はこちらも見てみるといいと思います↓
パシフィックリムを無料体験視聴する

目次

映画『パシフィックリム アップライジング』の予告編とあらすじ

予告編とあらすじ

怪獣が現れなくなってから10年経過した2035年、人々は復興作業をしたり次の戦いに備えて準備をしていました。

そんな中スタッカー・ペントコストの息子ジェイク・ペントコストは違法なことをしては捕まるなどしています。ある時ジェイクは謎の女の子に出会い追うとそこには小型のイェーガーを見つけました。

しかしジェイクは少女と共に環太平洋防衛軍に捕まり牢屋に入れられてしまいました。なんだかんだあってジェイクは環太平洋防衛軍のパイロット兼教官として復帰。

しかし謎の真っ黒な機体オブシディアンフューリーが現れたり再び怪獣が現れ始め・・・。

果たして人類は10年ぶりの怪獣からの危機に対抗することができるでしょうか。

ここからは映画『パシフィックリム アップライジング』を既に視聴した方向けのコンテンツになります。

まだ見ていないという方はこちらの記事をご覧ください↓

あわせて読みたい
映画『パシフィックリム:アップライジング(パシフィックリム2)』徹底紹介!内容見所キャスト公開日【2013年以来の怪獣映画続編が帰ってくる】続編映画『パシフィック・リム: アップライジング(パシフィックリム2)』が2018年に公開! 2013年にギレルモ・デル・トロ監督...

1作目を見ていないという方はこちらの記事を確認するのもありです↓

あわせて読みたい
5分で分かる映画『パシフィックリム』結末ネタバレ解説【パシフィックリム アップライジングを視聴する前に】映画『パシフィックリム』の続編『パシフィックリム アップライジング』が公開されることを受けて映画『パシフィックリム』の解説記事を書いてみ...

ではネタバレに入ります。

sponcerd link

映画『パシフィックリム』のあらすじ&ストーリー結末ネタバレ

後で詳しく書きます。

前回のおさらい~ジェイクとアマーラの出会い

2025年1月、時空の割れ目を封じる作戦によってストライカーエウレカに乗った元PPDC司令官のスタッカー・ペントコストともう1人のパイロットが犠牲になったもののジプシー・デンジャーのおかげで割れ目を爆破することに成功し、人類は平穏を取り戻すことに成功しました。

それから10年後、怪獣が現れなくなった地球ではまだまだ当時の傷が残されたままの場所がありましたが、それでも全世界で復興作業が進められていました。

中にはイェーガーを開発する民間企業の姿や再び来るかもしれない怪獣に備えて戦闘訓練をするものもいます。その中でもスタッカー・ペントコストの息子ジェイクはPPDCにパイロットとして所属していたこともありましたが、何らかの理由でPPDCを辞め、グレた生活を送っていました。

ジェイクは取引相手とカリフォルニアのイェーガー廃棄場に訪れると廃品取引をしようとします。しかし目的のものはなぜか存在せず、少し先に盗まれた形跡があることがわかりました。

取引相手は目的のものが手に入らないと知るやジェイクに攻撃を仕掛けますが、ジェイクはそれを交わして先に盗んだと思われる人物を追いかけます。

そして追いかけた先には盗んだ犯人の女の子と小さなイェーガーのスクラッパーがいました。女の子の名前はアマーラで廃棄場から盗んだパーツを使って一人でくみ上げたようです。

そこにジェイクをつけてきたPPDCの警備イェーガーが訪れます。アマーラはスクラッパーを操縦してその場から逃走、ジェイクもそこに乗り込みました。

追いかけてくる警備イェーガーから逃げる2人でしたが結局捕まってしまったことで隔離されることになりました。

簡潔にまとめ


森マコの助言によりアマーラとジェイクがPPDCに入る(アマーラは訓練生、ジェイクはレンジャー)

シャオ産業のイェーガー発表会にジプシーアベンジャーが護衛に行ったところ無人機のオブシディアンフューリーが襲撃、森マコの乗ったヘリが墜落

森マコが残したデータをもとにシベリアへ行ったジプシーアベンジャーが再びオブシディアンフューリーに遭遇、戦闘の末破壊

オブシディアンフューリーは無人機で中身は第二の脳が組み込まれていた、さらにパーツがシャオ産業の技術

シャオ産業が最高評議会からOKを貰ったことでドローン・イェーガーを急いで全世界に配備へ

緊急任務としてハーマンがニュートンと秘密の接触、しかしニュートンは操られておりドローン・イェーガーに怪獣の遺伝子が流れていた

全世界のドローン・イェーガーが半分怪獣になり暴走、異変に対処したシャオ社長とハーマンのおかげで全ての無人機を遠隔破壊

3体の怪獣が出現、それらの目的地は日本の富士山

結末まで

ジェイクや訓練生がいる場所にシャオ産業の飛行機が大量に現れました。ドローン・イェーガーによる襲撃の後だったことでシャオ産業が敵としてやってきたかに見えましたが、中から現れたのはハーマンとシャオ社長です。シャオ社長は今回のドローン・イェーガーの暴走の件と怪獣の件について解決のために全面協力するということになります。

しかし現れた怪獣たちは日本の富士山に向かっており、そのままイェーガーで出撃しても間に合いません。そこでハーマンが言っていた動力源の新技術ロケット推進器の取り付けとイェーガーの修理をしようという話になりました。

以前は怪獣ブルーとレアアースがあれば理論上は出来ると言っていたハーマンですが、今回はロケット推進器について出来ると断定して総動員でイェーガーの修理に励みます。もちろんその中には技師としての能力が高いアマーラの姿もありました。

そしてイェーガーの修理・改造を終えると出動する4機は肩を並べて配置されていました。ハーマンの10秒カウントのもとでイェーガー4機は自力の飛行を始めます。

最初は機体の限界値を越えているというアラームが見られたものの4機は見事に自力の飛行を可能とし、ロケット推進器の実験テスト兼本番使用は成功しました。

日本では怪獣たちの出現によって都会が大パニックに陥っていました。逃げ惑う人々に荒れ狂う怪獣たちでしたが、飛行してやってきた4機のイェーガーは無事現場へと到着します。

そして4機は総力を挙げて怪獣たちと戦闘を開始。ある者は2つのソードを使い、またある者は素早さを生かした戦闘を繰り広げていきました。

そうこうしている間に苦戦を強いられながらも4機は怪獣たちを撃破することに成功します。しかし喜ぶのもつかの間その様子を見ていたニュートンは近くの建物のシャッターを開けるとそこから大量の小さな怪獣が出現し始めました。

猛スピードで怪獣とイェーガーのいる場所に向かってくる小さな怪獣に警戒していたパイロットたちでしたが、小さな怪獣が向かったのは怪獣のいる場所でした。

そして小さな怪獣が撃破した怪獣を食べているのかと思えばどうやら傷を修復しているようでした。しかしそれは修復では留まらず、3体の怪獣は小さな怪獣によって繋ぎ合わされて1体の怪獣”メガ怪獣”へと進化を遂げます。

メガ怪獣は怪獣3体分の大きさでイェーガーの大きさを遥かに超えていました。警戒するジェイクはイェーガーに様子を見るように言いますが、その中の1機が命令を無視してメガ怪獣に突撃、その結果軽く破壊されて1人の訓練生が亡くなります。

その後も歯が絶たないイェーガーたちはメガ怪獣に蹴散らされてコクピットから緊急離脱するなどしてなんとか命だけは助かります。

そしてメガ怪獣は近くにいたニュートンに軽く挨拶する素振りを見せると富士山へと向かい始めました。

ジプシーアベンジャーはそれを追いかけようとしますが、ネイトが負傷したことで操縦が不可能でした。そこでアマーラがパイロットとしてジェイクの命令を無視して乗り込みます。

ジェイクとアマーラは以前ドリフトに失敗していましたが今回は成功してジプシーアベンジャーを動かすことに成功。急いでメガ怪獣のもとへ向かおうとしますが普通に追っては富士山到達までに時間が間に合いません。そこで推進器を使って一気に大気圏あたりまで上昇し、ジプシーアベンジャーを隕石のようにしてメガ怪獣に突撃させる作戦を思いつきます。

そこでスクラッパー(シャオが遠隔操作)が登場して推進器をジプシーアベンジャーの片手に溶接するとスクラッパーとジプシーアベンジャーは上空へと向かいました。

上空へたどり着いたジプシーアベンジャーは猛スピードで下降を開始、途中プラズマ砲で軌道を修正しながら富士山にいるメガ怪獣目掛けて突撃します。

ジェイクとアマーラは突撃前にスクラッパーへ乗り込んでなんとかジプシーアベンジャーから離脱し、メガ怪獣は突撃によって撃破されました。

これにより怪獣の討伐に成功したことで地球の危機は再び救われました。また遠くにいたニュートンは負傷して現場に残されていたネイトが捕獲していました。

捕まったニュートンは隔離されて「地球の侵略はまだ諦めない」といったことをいいますが、そこにジェイクが現れて「今度はお前らから来る必要はない。俺たちが行く」といって話は終了します。

sponcerd link

映画『パシフィックリム アップライジング』の感想と視点別評価

後で詳しく書きます。

ストーリー
アクション
キャラクター
映像
総合評価

良かった点

前作を意識した構成

残念なところ

ハンニバル・チャウが出ないこと
ローリー・ペケットが忘れ去られた存在になっていること
森マコの早々の退散
訓練生の描写が少し弱い

映画『パシフィック・リム:アップライジング』の情報整理と謎疑問点の解説考察

環太平洋防衛軍とは?役職なども解説

環太平洋防衛軍は通称PPDC(Pan Pacific Defence Corps)と呼ばれる2014年に設立された国際機関です。映画『パシフィックリム』の冒頭で描かれた2013年の初めての怪獣出現を受けて全世界が1つにならなければならないという意見の元出来ました。

環太平洋防衛軍は司令官、技師、訓練生、レンジャーなどの役職がありますが、この機関の上には最高評議会や世界の政府首脳などがいます。

歴代司令官を務めているのはスタッカー・ペントコスト(2025年に異次元の扉を防ぐ作戦の際に捨て身の殉職)やマーシャル・チュアン司令官などになりますが、このほかは不明です。

また今作ではチュアン司令官が途中でいなくなったせいか数理学者のハーマン・ゴッドリーブ博士が臨時のPPDC司令官を務め、イェーガー投入の指揮を取る一面もありました。

技師

イェーガーの製造、メンテナンス、修理などに携わる役職として登場しました。技師をしていたのはネイトと仲いいのか恋人関係なのかよくわからない女性のほか、イェーガーを1人で作り上げたアマーラも臨時で技師としてイェーガーの修理や修復をしていました(緊急時はむしろみんな技師してました)。

訓練生

次世代のイェーガーのパイロットの候補生としてPPDCに配属されている若者たちのことを指しています。スタッカー・ペントコストの「訓練生は全員が家族であること、誰かが何かをしても許すこと」などをモットーとして活動。

作中で登場した訓練生は「ホープフルズ」と呼ばれていました。

レンジャー

イェーガーのパイロットであり訓練生を指導する位置づけの存在です。ネイサン・ランバートやジェイク・ペントコストがレンジャーの役職となっていたほか、アマーラも怪獣との勝利後にレンジャーと呼ばれていました。

シャオ産業とは?目的など解説

2025年以降に急激に成長した中国企業でありリーウェン・シャオが社長を務める巨大企業。元PPDCの研究部門にいたニュートン・ガイズラー博士を引き抜いて無人のドローン・イェーガーを大量に製作し、全世界に遠隔操作が可能なドローン・イェーガーを配備することを目的としていたようでした。

最高評議会のOKサインを得ていたためにドローン・イェーガーの投入を図ることが出来たもののニュートンがドローン・イェーガーに怪獣の遺伝子のようなものを組み込んでいたため暴走してました。

アリスとは?サラとは?

ニュートン・ガイズラー博士が自宅に置いていたALICEことアリスは怪獣の第二の脳につけられた名前でした。またサラはPPDCの訓練生がパイロット同士で同調するための練習(ブレイン・ハンドシェイク)に使う脳に着けられた名前です。

これらの名前はアリスはガンダムに登場する人工知能のアリスであり、サラは同じくサラ・ザビアロフというガンダムのキャラクターという見方が強いです。というのもスティーブンSデナイト監督がゴジラや日本文化の作品が好きだからとなっています。

深い意味を求める場合はサラもアリスも背景が今のところ不明なのでわかりません。アリスもサラも特にこれまでのパイロットなどで該当する人物はいませんでした。

一応続編の伏線としての意味合いも込められているのではないでしょうか。

考察:ニュートン・ガイズラー博士が所有していたアリスはどこで手に入れたのか

ニュートン・ガイズラー博士が自宅で所有していたアリスは第二の脳でした。そして一体その脳みそはどこから持ってきたのかという話になりますが、恐らくこれは前作との繋がりを感じさせる部分かもしれません。

前回ニュートン・ガイズラー博士はPPDCに置かれていた第二の脳と新鮮な脳として手に入れたオオタチの赤ちゃんの脳の2つとドリフトしています。それらについて現在の場所は特に触れられていなかったため、ニュートン・ガイズラー博士自身がこの2つの脳のどちらかを家に持ち帰っていたのではないでしょうか。

どちらかというと新鮮な第二の脳を欲しがっていたのでオオタチの赤ちゃんの脳みそかもしれません。

考察・解説:ニュートンガイズラー博士が操られていた理由とは

ニュートン・ガイズラー博士はシャオ産業でドローンイェーガーの開発に貢献していたわけですが、後からアンティバース(異次元)に住む異種族のプリカーサーに操られていたことが判明していました。この原因は前作で怪獣の脳みそとドリフトしたことが原因の一つとして考えられます。

通常イェーガーのドリフトをするときには双方向の記憶が共有されるのですが、これは怪獣の脳とのドリフトでも同じことです。これによりニュートン・ガイズラー博士は怪獣の脳とドリフトしたから怪獣の正体や異次元の住人であるプリカーサーの存在も知ることになりました。

また怪獣の記憶に関しては全ての怪獣が共有しているという設定があるため一匹の怪獣の脳みそとドリフトすればすべての怪獣にその情報が共有されます。当然それはプリカーサーにも知られることになるため前作ではニュートン・ガイズラー博士の存在をプリカーサーに知られていたはずです。

このことからプリカーサーに目を付けられたのだと思います。またニュートン・ガイズラー博士は超がつくほどの怪獣オタク。怪獣の脳みそとドリフトが忘れられないニュートン・ガイズラー博士は自宅にも脳みそを持ち帰ってドリフトを繰り返したことで徐々にプリカーサーに乗っ取られるようになってしまったという流れだと思いました。

解説:前作でニュートンが怪獣に襲われなかった理由が判明?

前作で怪獣の脳とドリフトしたニュートン・ガイズラー博士はその後怪獣に追われる身となり、実際にオオタチという怪獣に狙われていました。そしてオオタチはシェルターに逃げたニュートン・ガイズラー博士の場所を特定して発見したのですが、その時には博士は襲われることなくオオタチが撤収している様子が映し出されています。

前作を見たときになんでオオタチは博士を襲撃しなかったのか?という疑問を持っていたのですが、今作でその理由がなんとなくわかりました。その理由は恐らくプリカーサーがニュートン・ガイズラー博士のことを後で利用するために亡き者にせずに残しておいたんだと思います。

例えば後で操って地球侵略の手引きにならないかといった目的です。そして実際ニュートン・ガイズラー博士はプリカーサーに操られたことで世界を危機的状況に陥れる原因となりました。

あとニュートン・ガイズラー博士が3体合体したメガ怪獣に襲われなかったのも前作リスペクトのようなシーンでしたね。

解説:ニュートンとハーマン博士の関係とは

ニュートン・ガイズラー博士とハーマン・ゴッドリーブ博士が今回2人のおっさんとして出てきた割に中心人物としての役割を持っていたことは見ていておわかりいただけたと思います。

しかしこのおっさん2人が目立ったとしても前作を見ていない方からすれば「なんでこんな2人のおっさんが目立ってるの?」といった疑問が思い浮かびそうです。私は前作も見ているため違和感なく見ていましたが、とりあえずこの2人の関係を見て起きましょう。

まず前作でこの2人はPPDCの研究員として怪獣の研究などをしていた人達です。そしてニュートン・ガイズラー博士は重度の怪獣オタクで怪獣の脳とドリフトしちゃう危ない人、ハーマン・ゴッドリーブ博士は数理学的な研究でキレイ好きであり、計算で海底の異次元へ通じる割れ目が開きっぱなしになることを予測していた人です。

関係としてはニュートンとハーマンは相反するような性格で決して仲がいいということはありませんでした。いわゆる腐れ縁みたいな感じでしょうか。それが前作の最後の方でニュートンは怪獣に関して詳しい情報を知るために2度目のドリフトを決行します。そのときにハーマン博士も気になるからと一緒にドリフトしていました。

その結果より詳しい情報が判明して地球を危機から救う重要な役割を担うことになります。これで恐らく2人は以前よりも仲が良くなったと思われます。

そしてそこから今作に繋がり、ニュートンはシャオ産業で働いてハーマン博士はPPDCに残っているという状況になります。

ニュートンは前作でヒーローのような活躍ぶりでしたが今作では敵に操られて危ない人に、ハーマン博士は前回あまり活躍してない分今回は司令官を務めるヒーローの位置になるという立場逆転でした。

考察:シャオの社長が急いでいた理由

シャオ産業の社長は自分の人生がかかっているという口ぶりでドローン・イェーガーの導入を急いでいた様子が映し出されていたので何でこんなに急いでるんだろうか?と疑問が生まれました。

それでわかったのはハーマン・ゴッドリーブ博士がイェーガーの動力源として次世代のものを作ろうとしていたことに由来しているということです。
ハーマンはロケット推進器だか何かを作ろうとしており、それを作るためには怪獣ブルーとレアアースの組み合わせで出来るという状況です。

もしもイェーガーの次世代動力源ができてパワーアップした場合シャオ産業のドローン・イェーガーはいらないのでは?という意見が強まる可能性があります。そう考えたシャオ社長は次世代動力源ができてイェーガーがパワーアップする前に自分たちの企業のドローン・イェーガーを世界に配備し、収益的にも成功を収める必要があったのです。

だからこそニュートンに対してハーマンには会わないようにさせてハーマンの研究を進ませようとしなかったと考えたら色々と一致してきます。

怪獣が現れた理由とは?

半分怪獣になったドローン・イェーガーが異次元への割れ目を一時的に開通させたため。

ちなみに前作で異次元へ通じる割れ目の中の通路となっていた部分はジプシー・デンジャーのメルトダウン爆発によって破壊されていたはずなのですが、それにもかかわらず割れ目を開放しただけで怪獣が侵入できたということは通路の修復は終わっているのか?と疑問が生じました。

プリカーサーは何をしようとしていたのか

異次元に住むプリカーサーの目的は地球の資源を奪うことです。そしてその目的のためにまずは地球の生き物を全滅させなければなりません。

そこでプリカーサーは異次元の割れ目を通して怪獣を兵器として送り込んでいたのが前作、今作ではニュートンを操って地球侵略を目論んでいました。

元々プリカーサーは別次元の資源のある惑星などを襲い、資源を食いつぶしたら別の場所の資源を食いつぶすというひたすら侵略している種族です。

しかしながら地球には一度敗戦してるため躍起になっている様子がうかがえます。そもそも人類が誕生するよりもはるかに前からプリカーサーは地球を狙っているようですが。

解説考察:怪獣が日本を襲った理由とは

プリカーサーに操られるニュートンがハーマンの相談を受けた際にハーマンが言うロケット推進器で怪獣ブルーとレアアースにより莫大なエネルギーが得られるということを知り、プリカーサーはレアアースが大量にある日本の富士山に怪獣ごと突っ込めば世界中で火山の大噴火を起こせて晴れてプリカーサーの侵略は完了するというシナリオだと思います。

イェーガーの修理でロケット推進器をつけられた理由

イェーガーの修理や修復をする場面でハーマン博士がロケット推進器にゴーサインを出した理由。

本来なら怪獣ブルーがないために出来なかった技術ですが、その前にイェーガーの配置された施設で半分怪獣とドローン・イェーガーが襲撃してきてやられています。

そのときに流れていた青い液体が怪獣ブルーと呼ばれる物質であり、レアアースがあればロケット推進器ができるアイテムです。

ハーマンはロケット推進器は出来ない状況だったのが怪獣ブルーがこのおかげで手に入る状態となったため「理論上は出来る」から今なら出来るという状況になりました。

その他

[box class=”black_box” title=”後で詳しく書きたいこと”]
  1. 森マコが狙われていた理由
  2. カリフォルニア廃棄場について
  3. ジェイクが1人で操縦したとされる第四世代機がどれなのか
  4. シャッタードームについて
[/box]

映画『パシフィック・リム:アップライジング』に登場した5種の怪獣一覧

シュライクソーン
ライジン
怪獣ベイビーズ(仮名)
ハクジャ
インスレクター

シリーズ通しての怪獣一覧をまとめた記事もありますのでご覧下さい。

あわせて読みたい
『パシフィックリム』怪獣一覧解説!登場の全43種はこれだ【映画・小説コミック全網羅】 *テレビ版パシフィックリムを見た方へ 結構カットシーンが多かったのでフル映画版を見たい方はこちらも見てみるといいと思い...

映画『パシフィック・リム:アップライジング』に登場した10種のイェーガー一覧

ノーヴェンバー・エイジャックス

第6世代機として2025年から2035年の間に開発された機体です。青く塗られた装甲に高い身長を持ち、電磁パルスのような攻撃が可能。
作中では環太平洋防衛軍(PPDC)の警備イェーガーとして未登録のイェーガーの取り締まりなどを行っていました。

ヴァラー・オメガ

詳細はわからないものの第6世代機として2025年から2035年ころに作られたと思われる機体。
活躍がまったくないため詳細は不明です。

スクラッパー

今作のヒロイン、アマーラ・ナマーニがカリフォルニアにあるイェーガーの廃棄場からコツコツパーツを盗んで作り上げた1人用サイズの小型イェーガーです。軽い装甲と転がって移動が可能。攻撃力は皆無で俊敏性はそれなり。

オブシディアン・フューリー

ジプシー・アベンジャーを模して作られた怪獣の第二の脳が組み込まれている無人イェーガーです。特徴はジプシー・アベンジャーそのもの。

恐らくシベリアのセヴェルナヤ・ゼムリャという場所で秘密裏にニュートン(操られ状態)が作ったと思われます。

シャオ産業の量産型無人機(ドローン・イェーガー)

全世界に配備されたシャオ産業の無人機です。量子システムによって全世界のどこにいても遠隔操作が可能ですが、怪獣の遺伝子か何かが38%ほど組み込まれているため作中では半分怪獣化。

そしてハーマンとシャオ社長によって全て破壊されていました。

ジプシー・アベンジャー

前作で活躍したジプシー・デンジャーの後継機として開発された第6世代機です。パイロットはPPDCの前司令官で今は亡き英雄スタッカー・ペントコストの息子のジェイク・ペントコストとネイサン・ランバート(ネイト)。

ネイトが負傷した後はアマーラ・ナマーニが操縦。

プラズマキャノンのようなものとグラヴィティスリング、2つのチェーンソードで戦闘します。

ガーディアンブラーボ

スレシュ・クランとイリヤ – リーバイが操縦した機体。

タイタンリディーマー

片手に棘付きのハンマーを持つ第6世代機です。ドローン・イェーガーの一体を倒したものの直後別のドローン・イェーガーに破壊されていました。

セイバーアテナ

リョウイチとレナータが操縦。

ブレーサー・フェニックス

アマーラ・ナマーニとオウヤン・ジナイとヴィクトリア・マリコヴァが操縦。今作で登場した中では恐らく唯一の第五世代機。

シリーズ通してのイェーガー一覧記事もありますのでご覧下さい。

あわせて読みたい
『パシフィックリム』32のイェーガー一覧解説!徹底紹介で把握しよう【映画・映画続編・小説コミック全網羅】 パシフィックリム関連記事一覧 映画『パシフィックリム:アップライジング(パシフィックリム2)』徹底紹介!内容見...

映画『パシフィックリム』で続編に繋がる情報はあった?

ニュートンを操るプリカーサー曰く地球侵略についてはまだ諦めていないようなのでこれからも攻防は続くと思われます。

また次はプリカーサーがこなくてもPPDC側からアンティバース(異次元)に攻めていくとも言っていたことからもしも続編を作る場合はいよいよ異次元世界へイェーガーが攻める可能性も。

そうなれば閉ざされた異次元への割れ目を再び開放する日が来るかもしれません。

続編情報についてはこちらです↓

あわせて読みたい
映画『パシフィックリム3』続編情報【あらすじ(予想)キャスト公開日(まだ正式未発表)】日本では映画『パシフィックリム』が2013年3月9日に公開され、それから5年の時を経た2018年4月13日に続編映画『パシフィックリム ...

映画『パシフィックリム』で残された伏線

  1. ネイトがジェイクに言った「ジュールスは考えるな」という言葉のジュールスとは?
  2. ニュートン・ガイズラー博士が妻と称した第二の脳の名前アリスの由来とは?
  3. ブレインハンドシェイク兼ドリフト練習に使用するPPDC施設にあった脳につけられたサラという名前の由来とは?

映画『パシフィックリム』の基本情報

映画の内容をじっくりと文字で体感したい方はノベライズもいかが?

映画『パシフィックリム アップライジング』の公開とともに角川文庫よりノベイライズブックの販売も開始されています。映画を見て「あの部分はどういう意味だろう」、といった気持ちになった方は小説版で新たな発見をするかもしれないのでおすすめです。

世界観やメイキングを知りたい方向けの本も

映画『パシフィックリム アップライジング』の世界観やイェーガーの製作過程、怪獣の捜索秘話などシリーズファンにはうってつけの本もあります。『パシフィックリム』という作品を深いところまで知りたい方はいかが?

1作目を見たい方はユーネクスト

1作目の映画『パシフィックリム』はユーネクストで今登録すれば期間限定31日間無料で視聴することが出来ます。

その他にも怪獣作品はたくさんありますので気になる方は見てみてはいかがでしょうか。登録は2分もあれば可能です。

暇があれば書きます↓
パシフィックリムコンテンツ吹き替えキャスト一覧(たぶん書かない)

あわせて読みたい
2018年公開予定おすすめ映画60選"洋画編"【保存版随時更新】あらすじや紹介2018年に公開予定のおすすめ映画一覧(洋画編)です。 本ページでは情報が分かり次第随時更新されていきます。 ページを読...
ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。

POSTED COMMENT

  1. てん より:

    ジュールスは作中に出てきた美人整備士の名前ですよ。今彼女のことは考えるなよ、って意味で言ったんだと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA