映画

ジュマンジとは?ゲームの発生する現象(生物人物)徹底解説【映画『ジュマンジ(1996)』に登場のボードゲーム】

映画『ジュマンジ(1996年)』ゲーム盤から発生する現象解説

ジュマンジの中に監禁される

「IN THE JUNGLE YOU MUST WAIT , UNTIL THE DICE READ FIVE OR EIGHT」という文字とともにアランがジュマンジの中へ吸い込まれてしまう原因となった現象です。

文字通りサイコロのダイスで5か8が出るまではジャングルで待たなければならないという効果になっており、2回目にサイコロを振ったアランはこれによって26年間ジャングルの中に閉じ込められてしまいました。

サラが助ければいいのでは?と思われるかもしれないですが、コウモリにパニックになりさらにアランが目の前で吸い込まれていく様子を見たことで混乱してその場から立ち去ってしまっています。その後はサラは決して近くに行くことはなかったためアランは悲惨な事に。

ジュマンジの中のジャングルは暗いジャングルになっていますがアランは拠点を作ったりしつつ生き延びていたようです。

しかし26年間分成長した割にはアランは精神年齢は当時のままで子供たちのジュディとピーターからは少し怪訝な目で見られることになりました。

モンスーン

パリッシュ邸の内部で雨が降り出した現象です。最初こそは大丈夫でしたが雨は次第に強くなり屋敷に洪水を引き起こします。ジュディたちは上に掛けられた電気の上に乗ることで何を逃れていますが、その間にはワニが出現して危険な状態になることもあるなど結構危ない現象でした。

沼化

アランがサイコロを振ったことで起きた現象です。家の床が底なし沼のようになり埋もれてしまいます。これによりアランは顔ギリギリまで埋まってしまいました。

元に戻る

ジュディが振ったサイコロによって起きた後戻りは自身の駒のマスを戻るタイプです。

これの前にアランが沼化した床によって体のほとんどを飲み込まれていましたが、後戻りのおかげで床も通常通りに戻りました。しかし埋もれた状態で元に戻ったためアランは結局動けない状態になります。

大地震

サラの振ったサイコロによって大地震が発生、パリッシュ邸は真っ二つに割れることになります。しかしこのおかげで床にめり込んでいたアランが助かることになります。

sponcerd link

映画『ジュマンジ(1996年)』ゲーム盤から登場する人物解説

ヴァン・ペルト

「ジャングルの奥から現れるハンターがしつこく襲い掛かってくる」といった言葉のもとに現れるのがこの冷酷非情なハンターです。アランはこのハンターにジュマンジに閉じ込められていた時から追いかけられていたらしく既に存在を認識していました。

アランと認識するやおかまいなしに銃弾を撃ち込んでくるものの精度はあまり良くないのか命中しません。

後に銃弾の弾を購入しようとしたところ1903年に弾の製造は終了していたことからガンショップの店員から新しい銃を受け取りました。しかしその銃をもってしてもアランが強運なのかうまい具合に交わされて結局しとめることは出来ません。

しかし最終的にはアランと対峙し、「何か言い残すことはないか」という言葉にアランは答えると「少しは成長したな」といって発砲してきます。

ただその前にアランはサイコロを振っており、ジュマンジのクリアにたどり着いていたことから弾はアランに当たる直前で静止、ジュマンジによって起こされたすべての事象と共に消滅します。

ちなみにヴァンペルトの役者とアランの父親の役者は同一人物です。

sponcerd link

映画『ジュマンジ(1996年)』ゲーム盤から出現する生物解説

モンスーン

大きなクモがたくさん現れた現象でした。大群で押し寄せたもののアランたちに近づくだけで被害はなく、ピーターが斧を持って追っ払っている間に次の地震の現象
を察知して逃げていきました。

“夜の闇に羽ばたくもの”気味の悪いその羽音”「吸血コウモリ」

「AT NIGHT THEY FLY , YOU BETTER RUN , THESE WINGED THINGS ARE NOT …」という文字が現れるとともに出現する吸血コウモリはサラが不本意ながらサイコロを振ってしまったことで出現する一番最初の現象です。

暖炉の中から群れを作って出てきたコウモリたちは少女時代のサラにトラウマを残しています。

また26年後には空き家になっていた元パリッシュ邸に引っ越してきたピーターによって屋根裏で発見されますが、そもそもそのコウモリ自体は既に絶滅動物とされていることから駆除業者にはあり得ないと言われてしまいました。

巨大な蚊

「A TINY BITE CAN MAKE YOU ITCH , MAKE YOU SNEEZE , MAKE YOU TWITCH」の文字と共に巨大な蚊が現れることになります。

26年後にパリッシュ邸に引っ越してきたジュディが最初に振ったサイコロによってこれが出てきて、ジュディに襲い掛かりました。しかし近くにあったテニスラケットを使って一匹を打つと窓ガラスにぶち当たって割れ、そこから蚊たちが脱走を図ります。

その後蚊は50以上の市民たちを病院送りにしたほかパリッシュ邸をジュディたちに紹介してくれた不動産屋のトーマス夫人なども被害に合いました。

また巨大な蚊の口器による攻撃は車の天井を軽く突き破り、フロントガラスもひびを入れることが出来るほどの攻撃力を持っています。

オマキザル

「THIS WILL NOT BE AN EASY MISSION MONKEYS SLOW THE EXPEDITION」という文字と共にオマキザルが現れます。ピーターがサイコロで1と1を出したことで出現しました。

パリッシュ邸のキッチンを荒らしまわるほどの凶暴さを持ち、刃物を投げてくるなど危険。またキッチンの火をつけて燃え上がったり、冷蔵庫に侵入したら出られなくなって凍える猿などもいます。

家から出た後は町中で大暴れして白バイを3匹構成で乗りこなすなどもはや何でもありな状態に。

ライオン

「HIS FANGS ARE SHARP. HE LIKES YOUE TASTE. YOUR PARTY BETTER MOVE POSTE HASTE.」の文字と共にライオンが現れます。

ピーターがゾロ目を出したことで2回引くことになった際にこれが出現します。見た目は獰猛で身体能力の高いライオンといった感じですが、ピーターが5を出したおかげでアランも現実世界に帰還したためアランが閉じ込めることに成功しています。

また閉じ込めた後は大人しく寝ていましたが終盤で巨大地震によって家が壊れてしまったことから脱走を図っていました。大体寝ていたのであまり被害はありません。

巨大な食虫植物など

「THEY GROW MUCH FASTER THAN BAMBOO , TAKE CARE OR THEY LL COME AFTER YOU.」という文字と共に食虫植物や巨大な植物の根っこが町中に張り巡らされることになります。

サラはサイコロを振ることを拒否しましたが、アランの罠に引っ掛かり26年ぶりに不本意にサイコロを振ったことで起こりました。

紫の花には毒があったり暖炉からは巨大な食虫植物が出現してピーターを食べようとするなど危険な存在です。またある花は棘を飛ばしてジュディに攻撃をしかけるなども。自宅が森のようになってしまったあとに行き場を失った植物の根がさらに町中へと広がっていきました。

カールの大切な車も餌食に。

動物たちの暴走

「DON T BE FOOLED , IT ISN T THUNDER. STAYING PUT WOULD BE A BLUNDER.」という文字とともに家中をサイ、ゾウ、シマウマ、ペリカンなどが走り抜けていくことになる現象です。振ったのはジュディ。

これにより動物たちは町中を走り回って大パニックに陥りました。またペリカンの一匹がジュマンジを口にくわえてどこかに飛んでいきましたが、アランのおかげでなんとか回収に成功しています。

動物たちの暴走で家の入り口出口が破壊されたことで植物の根っこが街に浸食を始めます。

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA