2019年公開予定おすすめ映画一覧

映画『ゴールドフィンチ』あらすじキャスト・日本公開日:最新情報

映画『ゴールドフィンチ』あらすじキャスト・日本公開日:最新情報

当時13歳だった少年がテロ事件に巻き込まれ、1枚の絵画と共に波乱万丈の人生を歩みゆく様を描いた小説『ゴールドフィンチ』。

ドナ・タートが描いた小説『ゴールドフィンチ』は批評家たちから絶賛の声を挙げられ、2014年にはピューリッツァー賞を受賞、35の国で翻訳と共に、世界規模で300万部を売り上げるベストセラーとなりました。

アマゾンでは数万を越えるレビューのついた『ゴールドフィンチ』ですが、この度ワーナーブラザーズとラットパック=デューン・エンターテインメントが映画化の権利を取得し、2019年遂にスクリーンに登場します。

そこで今回は、映画『ゴールドフィンチ』に関するあらすじやキャスト・公開日などの情報をまとめました。

映画『ゴールドフィンチ(The Goldfinch)』全米公開日が決定!

青年の少年時代の回顧シーンから始まるドナ・タートによる全4巻の小説『ゴールドフィンチ』。その実写版となる映画が、2019年10月11日に全米公開されます。

タイトルにもある「ゴールドフィンチ」とは、17世紀オランダで活躍した画家ファブリティウスの名画「ゴシキヒワ」から取られたもの。A4サイズにも満たない小さめの油絵ですが、少年は美術館でテロ事件に巻き込まれた際にこの名画を盗み、人生を共に歩んで行きます。

名画「ゴシキヒワ」については、「ゴールドフィンチ」の小説版の表紙にもなっているため見ればわかります。また、ゴシキヒワ自体はスズメ科に分類される鮮やかな小鳥なので、生き物として見ることもできます。

日本公開日は?

『ゴールドフィンチ』の日本公開日は今のところ決まっていません。ただ、ワーナー・ブラザーズが配給する作品ながら、通販サイト大手の米アマゾンが製作費の一部を出しているため、アマゾンのサービスの1つ、プライムビデオで優先的に配信される可能性もあります。

全米公開のみで日本は動画配信のみになるか、日本でも公開された後にプライムビデオでも配信されるかは不明ですが、そこらへんは最新情報をお待ち頂ければと思います。

映画『ゴールドフィンチ(The Goldfinch)』あらすじ

『ゴールドフィンチ』のあらすじは、小説版なら主人公の青年テオドール・デッカーが小さかった頃の回顧から始まります。

当時13歳だったニューヨークの少年テオ・デッカーは、メトロポリタン芸術美術館でテロリストによる爆破事件に巻き込まれ、母親を亡くしました。事件により多数の犠牲者を出したものの、少年は奇跡的に生き残ると共に、美術館から名画「ゴシキヒワ」をどさくさに紛れて盗み出したのです。

『ゴシキヒワ』を持った少年テオは、それから孤児となって裕福な家庭に引き取られます。ただ、少年の父親は生きていたため色々といざこざも起こりました。

少年は絵画を持って成長していきますが、その過程で自らの”盗み”という過ちに対しても回顧し、親友と出会い、裏切られたり友人をなくしたり、お薬やギャングに巻き込まれるなど波乱万丈の人生を歩んでいくのでした。

あらすじとしてはこのような感じになっています。いわば1人の少年の群像劇といった感じでしょうか。

映画『ゴールドフィンチ』キャスト…キャラクター

『ゴールドフィンチ』のキャストやキャラクターについて、わかる範囲で紹介します。

  • ニコール・キッドマン…バーバー夫人
  • サラ・ポールソン…ザンドラ
  • アンセル・エルゴート…テオドール・デッカー
  • フィン・ヴォルフハルト…ボリス(子供時代)
  • ジェフリー・ライト…ホビー
  • ルーク・クラインタンク…プラット・バーバー
  • ルーク・ウィルソン…ラリー(デオの父)
  • アナイリン・バーナード…ボリス(デオの友人)
  • デニス・オヘア…ルシウス・リーブ
  • ウィラ・フィッツジェラルド…キットシー・バーバー
  • アシュリー・カミングス…ピッパ
  • ピーター・ジェイコブソン…シルバー
  • オークス・フェグリー…テオドール(子供時代)
  • ジョーイ・スロットニック…デイブ
  • ロバート・ジョイ…ウェルティー
  • キャロリン・デイ…エム
  • ジャック・ディファルコ…プラット・バーバー(子供時代)
  • ドリス・マッカーシー…パーティゲスト
  • ドナ・ミッチェル…ヒルデスレイ婦人
  • ヘイリー・ウィスト…テオの母
  • ゴードン・ウィナリック…トム・キャブル
  • パメラ・ダンラップ…ヴォーゲル
  • ハンク・ロジャーソン…ベガス先生
  • マッテオ・ヴァン・デア・グリジン…ギュリ

ニコールキッドマンが養母を演じる!

テロ事件に巻き込まれたテオ少年を引き取ることになる裕福な家庭のバーバー一家。その家庭の母親を演じるのはニコールキッドマンです。51歳にも関わらず美貌を保ち続けるニコールは、2019年にはDC映画『アクアマン』でアトランナ役を演じる予定。その他、多数の映画出演を果たしつつあらゆつ賞にノミネート、受賞している名女優として知られています。

主人公テオ役にアンセルエルゴート

本作の主人公、小さい頃にテロ事件に巻き込まれたテオドール・デッカーを演じるのは、ヤングアダルト小説原作の映画『ダイバージェント』の3部作でケイレブ・プライアーを演じたアンセル・エルゴートです。

24歳のイケメン、アンセルは最近だと『ベイビードライバー』でも迫真の演技を見せるなど、絶好調で映画出演中。

テオの友人にフィン・ヴォルフハルトが抜擢!

主人公のテオの友人(親友)に当たるボリス(子供時代)を演じるのは、スティーブン・キング原作のリメイク映画『イット』で陽気な喋り屋リッチーを演じたフィン・ヴォルフハルト。

やんちゃな演技が受けて女の子からの人気がとても強い子役で、Netflixオリジナルドラマにも出演しています。

最近では映画に引っ張りだこなせいか、『ゴールドフィンチ』以外にも多数の映画に出演、交渉などを受けている売れっこです。


2019年10月11日全米公開予定。