2019年公開予定おすすめ映画一覧

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』あらすじ内容・キャスト公開日情報まとめ!【モンスターバース第三作は怪獣たちのぶつかりあいか?】

2019年に公開が予定されている映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』は「モンスターバース」シリーズ第三弾として『GODZILLA ゴジラ』と『キングコング 髑髏島の巨神』に次いで上映される作品です。

さらにモンスターバースシリーズは2020年にも映画『ゴジラvsキングコング』の上映が予定されているなど今後大きな盛り上がりを見せることが期待できます。

今回はそんな映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』について現時点でわかる最新情報をお届けします。

\シリーズ作品を確認/

ゴジラ

記事の内容

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の製作&公開が決定!

2014年に公開された映画『GODZILLA ゴジラ』の続編にあたる映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の製作と公開が決定しています。同映画は東宝とレジェンダリーピクチャーズが手を組み、ワーナーブラザーズが配給を担当する映画作品です。

また同作品群はモンスターバースと呼ばれる異なる世界観にあるものを一つの世界観で共有するシリーズとして製作されているものであり、映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の後にも続編の公開が予定されています。

映画『GODZILLA ゴジラ』では原爆実験や原子力によって地下で眠っていたゴジラが目覚め、ゴジラの敵である古代未確認生物「ムート」とツガイとの戦いを描くものとなっていましたが、映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』ではどのような作品となるのでしょうか。

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』に関する登場怪獣やキャスト、監督などの情報を書いていきます。

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の予告編が遂に公開!

日本時間で2018年7月22日頃、ハリウッド版ゴジラ最新作の予告編映像がアメリカサンディエゴで開催中のコミコンインターナショナルにて遂に解禁となりました。

「私達の世界が終わろうとしている」という女性のセリフから始まる予告編映像では世界中で感染などが広がり人類が絶滅の危機に瀕していることが明かされています。

さらに前回の映画ではムートやゴジラを見ることが出来ましたが、今回の予告映像では新たに何千年もの間地球の下で眠り続けていた恐竜たちが発見されたことを示唆されていました。

巨大なゴジラ青白い光を上空へと放つと更に青く光るモスラらしきモンスターが映し出され、火山からは巨大な翼を広げたラドン?や3つ首龍のキングギドラの影が映るなどまさに「キングオブザモンスターズ」の名前にふさわしい映像でした。

また主人公らしき女性が何度も映し出され、怪獣たちから追われているような印象を持ちますのでかの女性が何か大きな鍵を握っているのではないか?と感じさせます。

ちなみに本番予告編も公開されていますが、海外版よりもコンパクトになっています。

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の予告編第二弾が公開!

『ゴジラ キングオブザモンスターズ』の予告編第二弾が公開され、前回以上に多くの情報が解禁されています。

少女が無線機を使って呼びかける場面から始まる映像では、どこかの山に隕石のような形で落ちてきたラドンが羽を開いて飛び立ち、近くの街を風圧で破壊しながら空を舞う姿が描かれていました。

他にもキングギドラが氷漬けになる姿や謎の巨大生物、爪あとからモスラまで現れ、最終的には登場する怪獣たちがゴジラと争い地球の支配権をかけて戦うことが示唆されていました。

人類ももちろん怪獣たちと共に戦いますが、そもそも強大すぎる相手になすすべもなく、偉い人の会議では「我々がゴジラのペットになるのだ」と言われる始末。

ゴジラとキングギドラが対峙する場面を最後に終わる予告編映像でしたが、果たして人類はどの怪獣に味方するのか。また、ゴジラは人類の味方になるのか、新たなる予告編の公開に胸が膨らみます。

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』のあらすじ内容はどうなる?

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』のあらすじ内容は現状まだ発表されていません。ただしコミコン2014において「ラドン・モスラ・キングギドラ」の3体の怪獣が続編で登場するということはすでに判明しており、もしかしたらゴジラとモスラとラドンがキングギドラと戦う流れとなる可能性があります。

ちなみにこれらの怪獣の顔触れは昭和ゴジラシリーズの第5弾映画『三大怪獣 地球最大の決戦』で登場した怪獣と同じメンツになっているのでその映画の内容が少しでも反映される可能性があるかも・・・?と期待を寄せています。

敵対関係はキングギドラ vs その他三体でしょうか。

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』に登場予定の怪獣をご紹介!

ラドン

1956年に映画『空の大怪獣ラドン』で初登場したラドンは以後6作品に登場する怪獣であり、東宝三大怪獣の一匹に数えられています。

翼竜プテラノドンが当然変異したことで生まれたラドンは頭に2つの突起がある怪獣で飛んだり歩行して移動します。また飛行の速さが超音速なので飛ぶだけで街を介することも。

初登場以降は根本的な設定は同じであるものの回を重ねるごとに大きさは変わっていたりもする怪獣です。

モスラ

1961年の映画『モスラ』で登場したモスラは12作品ほどの怪獣映画に登場した東宝三大怪獣の一匹です。

モスラのモデルとなったのはヤママユガとヨロイチョウという生き物。また名前を解釈すると蛾の母のような意味になっています。

そんなモスラはインファント島の守護神であり、地球を守るための仲間としての位置づけで登場する怪獣です。

キングギドラ

映画『三大怪獣 地球最大の決戦』の敵役として初登場を果たしたキングギドラは7作品ほどの怪獣映画に登場した宇宙怪獣です。
3つの頭と2本の尻尾を持ち合わせたその姿はまるで日本神話に出てくるヤマタノオロチにも見えますが、実際それがモデルになっているという話があります。

まっ金金に光るその姿はなかなかゴージャスに見えますが、強い割に頭の弱い怪獣だったりもするため知能戦で負けるなんてことも。

ゴジラ

日本で一番有名な怪獣にして頂点。その出演映画本数は数しれず、今作では人類には手を出さないにも関わらず怪獣たちとは敵対していて味方のような雰囲気も醸し出しています。

果たして怪獣大集合でどちらの味方につくのかは定かではありませんが、その勇姿には期待しておきたいところではないでしょうか。

ムート

ゴジラの敵でモンスターバースシリーズ第一弾に登場しているヴィラン怪獣。映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の予告編でもチラっと映っているような気がしたのでちょい役として出てくる可能性が考えられます。

その他サプライズ怪獣が登場!

最初の予告編が公開されたのはアメリカ、サンディエゴで行われたコミコンでのことでした。その際、『ゴジラ キングオブザモンスターズ』に登場する怪獣ついて、監督のマイケル・ドハティは更なるサプライズがあると発言しています。

この発言のサプライズが怪獣であるかは確定ではないものの、ハリウッド版らしくオリジナルとは異なる”何か”が登場してもおかしくありません。詳しくは上映まで秘密のままかもしれません。

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』は『キングコング 髑髏島の巨神』とつながりはある?

2017年に公開された映画『キングコング 髑髏島の巨神』は髑髏島という場所の秘密を探りに行ったらキングコングに出会ったり様々なクリーチャーに出会ってしまう映画でしたが、映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』とつながりはあるのでしょうか。

その答えは一応イエスです。というのもキングコングの映画のエンドロール後の映像で実は「ラドン・キングギドラ・モスラ・ゴジラ」といった怪獣の壁画が映りこんでいます。

エンド後のおまけ映像として出てきたということは一応つながりはあるのでしょう。
ちなみに映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』は映画『ゴジラ』の続編にあたります。

もしかしたらモンスターバースシリーズに出てくる架空の研究機関モナークはゴジラとキングコングを戦わせるために髑髏島へ入りこんだという可能性もありますね。

キングギドラをどうやって地球に呼び寄せるつもりなのかは微妙に気になるところですが。

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の監督はマイケル・ドハティ

2014年に公開された映画『GODZILLA ゴジラ』ではギャレス・エドワーズがメガホンをとっていたわけですが、続編にあたる今作では「X-MEN2」「X-MEN:アポカリプス」などで原案や脚本を務めたマイケル・ドハティが監督を務めることになっています。

ちなみに監督曰く撮影自体は2017年中に終えているようなので現在は編集作業なりをしているのではないかと思われます。

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の気になるキャストは?

渡辺謙とサリー・ホーキンスが前作に引き続いて出演、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の天才子役ミリー・ボビー・ブラウン、ヴェラ・ファーミガ、カイル・チャンドラー、中国の人気女優チャン・ツィイーらが新キャストに名を連ねています。

前作に引き続き芹沢猪四郎博士役に渡辺謙

特別研究機関モナークに所属する生物科学者である芹沢猪四郎は放射線や化石、ゴジラなどを追う研究者として作中で登場しました。
ちなみに芹沢猪四郎という名前ですが、実は1954年に公開された映画『ゴジラ』でも芹沢博士が登場しているので遊び心か何かつながりも感じてしまいます。

演じるのは前作同様渡辺謙。たくさんのドラマ・映画に出演する渡辺謙は情熱的な演技が見どころで国内外問わず活躍しているということで今回も安定した演技が楽しみです。

ヴィヴィアン・グレアム博士役にサリー・ホーキンス

芹沢博士の助手を務める女性はゴジラを神として崇めるキャラクター。そんなキャラクターを今回もサリー・ホーキンスが演じます。

メディソンラッセル役にミリー・ボビー・ブラウンもキャストへ!

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」に出演している天才子役ミリー・ボビー・ブラウンが今作に登場します。
キャラクターの位置づけは今のところ不明です。

予告編映像では何度も確認することができるため、主役級のキャラ付けになっているのではないかと思いますが、もしかしたらモスラと何かしらの関係がある可能性も?

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』その他キャラクター:キャスト

エマラッセル役にヴェラ・ファーミガ

詳細は不明。エマラッセルというキャラクターは博士のようなのでメディソンラッセルはその子供と思われます。

マークラッセル役にカイル・チャンドラー

エマラッセルの旦那と思われます。

チャン・ツィイー

役どころは不明ですが、中国の美人女優。

スタントン博士:ブラッドリー・ウィットフォード

名前のみキャラクター:キャスト

  • エイシャー:ジョナサン・ホワード
  • グリフィン:エリザベス・ルドロウ
  • マルチネス:アンソニー・ラモス
  • ロダン:ジェイソン・ライルズ
  • ?:アイシャ・ハインズ
  • ?:チャールズ・ダンス
  • ?:トーマス・ミドルディッチ
  • オフィサー:オシェア・ジャクソン・Jr
  • キングギドラの頭:ジェイソン・ライルズ(真ん中)、アランマクソン(右)、リチャード・ドルトン(左)

映画『ゴジラ:キングオブザモンスターズ』の気になる日本公開日は?

2014年の一作目のモンスターバースで世界観を確立した今第2弾は更なる進化を遂げることが期待されるわけですが、全米公開日は2018年3月22日上映だったものが延期になったことで2019年5月31日と発表されています。

ただし日本公開日はまだ未定となっており、正確な公開日はわからぬままです。

一応第一作目の例をとると2ヶ月後の上映となっていることがわかるため、前例通りであれば2019年7月に日本公開が濃厚となることも考えられます。
そうなれば2019年の真夏に楽しみが1つ増えることになりますのでこれからが楽しみです。

日本公開日が2019年5月31日に決定!(追記)

怪獣達が総出演する『ゴジラ キングオブザモンスター』の日本公開日を待ちわびていた方に朗報です。なんと日本公開日が2019年5月31日、つまり全米と同日に決定しました。

洋画は公開日がずれることがある中で、配給のほうはよ良くやってくれたと思います。渡辺兼も出演するジャパニーズ怪獣映画を、春まで待ちましょう!

最新情報は入り次第追記させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA