2019年公開予定おすすめ映画一覧

映画『ゾンビランド3』続編あらすじキャスト日本公開日?最新情報まとめ

2009年に公開された映画『ゾンビランド』の続編である『ゾンビランド:ダブルタップ』。公開されるまでの10年の間にキャストや製作陣は10年分の年を取り、シリーズの将来性やテレビシリーズの話も出てきていました。

そこで気になるのが、映画『ゾンビランド3』続編があるのかという部分。ということで今回は、映画『ゾンビランド3』についてあらすじキャスト公開日など紹介します。

映画『ゾンビランド3』続編は製作される?

結論から言うと、2019年10月時点では続編製作が決まっていません。

ただしルーベン・フライシャーや脚本家の方々は『ゾンビランド3』続編の製作に強い興味を持っている状態。

興収や評価などに問題がなければ、作られる可能性があります。

脚本家の1人であるポール・ワーニックは、「私たちはこれまで続編について話したこともある。プロジェクトは長年にわたり様々な形で生きてきており、ビデオゲームにもなっているように今後も進化していくのではないか。」などと言っています。

評価面で続編製作の影響はなさそう?

ロッテントマトの批評家スコアは67、一般の人は90パーセントが満足しているほか、IMDBでは7.4の高評価。

総合的な評価が見られるメタクリティックでは56を記録しており、平均よりは上の評価を得ているようです。

また同日公開のディズニー映画『マレフィセント2』よりも高い評価なので、特に評価面で続編製作に影響は与えないと思われます。

製作予算は4200万ドル。初週興収は執筆時まだなので更新予定。

映画『ゾンビランド3』続編のあらすじ内容(予想)

製作が決まっていないため、今のところわかりません。

アメリカ以外に行く可能性

本作はアメリカのなかで起きている出来事であり、その域を出ません。これに関してアメリカだけでなくアフリカや別の地域がどのようになっているかという点に触れた内容をやる可能性はゼロではなく、世界に飛び出すことが考えられます。

映画『ゾンビランド3』続編の登場人物・キャスト

2019年10月現在、不明。

とはいっても、レギュラーメンバーであるコロンバスやタラハシー、ウィチタにリトルロックのほか、マディソンやネバダの登場はほとんど確定と思われます。

映画『ゾンビランド3』続編の監督・脚本

2019年10月現在、不明。
監督にルーベン・フライシャー、脚本にレット・リースやデイブ・キャラハムなどの続投の可能性が高い。

映画『ゾンビランド3』続編の日本公開日は?

映画『ゾンビランド3』続編の製作が決まっていないため、日米公開日に関してわかることはありません。ただ、主演の1人エマ・ストーンは「次の続編は10年後がよい」といったアイデアを監督に言ったことがありました。

この件に関してルーベン・フライシャー監督は10年後に続編を作ることに好意的な発言をしており、続編が公開されるのは2029年になるというとんでもない噂もあります。

このアイデアが採用されれば2029年に再びキャスト達が集まることも考えられますが、現実的に見てあるとすればもっと数年内な気がします。

情報が出てきた場合更新予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です