2019年公開予定おすすめ映画一覧

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』エンドロール5個意味を徹底解説

2019年に公開された映画『ゾンビランド:ダブルタップ』。10年前に公開された映画『ゾンビランド』の続編であり、ゾンビ映画というジャンルに新たな目線を開拓した素晴らしい作品です。

そんな映画『ゾンビメイク:ダブルタップ』で気になるものがエンドロール映像の有無。ヒーロー映画には基本的にお馴染みなわけですが、どうやら本作にも2種類のエンドロール映像が用意されていました!

ということで今回は、映画『ゾンビランド:ダブルタップ』のエンドロール映像の意味を解説します。

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』エンドロール映像1の紹介

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』のエンドロール映像は、本作の世界でゾンビが発生し始めた0日目が舞台。

場所はどこかの映画館で、映画『ガーフィールド3 フラビータビー』の公開に合わせて主演のビル・マーレイがアル・ローカーから取材を受ける様子から始まります。

取材の間、ビル・マーレイは毛玉の吐き方のようなものをレクチャー。それを真似しようとアル・ローカーがしてみたところ、突然嘔吐し始めました。

それを皮切りに、何やら異変に気がついたビル・マーレイ。彼はパイプ椅子を手に取り、アル・ローカーの頭を思い切り叩きます。

それから取材現場から少し歩くと、そこら編でゾンビ化した人間たちが正常な人を襲撃。ビル・マーレイは勇敢にも立ち向かい、椅子やお皿などを駆使してゾンビをぶっ叩いていました。

その間、ビル・マーレイは「私は幽霊が怖くない」「私は月曜日が嫌いだ」などと発言します。

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』エンドロール映像1の解説

映画『ガーフィールド3 フラビータビー』とは?

エンドロールに映っていた映画『ガーフィールド3 フラビータビー』は、実写版映画「ガーフィールド」シリーズの3作目のこと。ただし現実では「ガーフィールド」シリーズが2作目までしか出ていないため、映画『ゾンビランド』が公開された2009年に映画の世界観で架空の『ガーフィールド3』が公開されたということです。

ちなみに現実では、2004年と2006年にビル・マーレイがガーフィールド役で出演した映画『ガーフィールド』の1,2が公開されました。

なおガーフィールドとは、1978年から新聞に掲載された漫画であり、同名の猫のキャラクター。橙色の虎猫で、食べることが大好きな太った猫です。

「月曜日が嫌い」の意味は?

「月曜日が嫌い」というのは、猫のガーフィールド自身のことを指します。ガーフィールドは「月曜日」「蜘蛛」「犬」などを嫌っており、特に月曜日は自分自身に不幸が訪れるから嫌いとのこと。

ちなみに嫌いなものがあるいっぽう、ガーフィールドはラザニアと呼ばれる料理が大好きです。

「幽霊が怖くない」ってどういう意味?

ビル・マーレイが出演する映画「ゴーストバスターズ」シリーズに言及する発言です。「ゴーストバスターズ」シリーズではビル・マーレイがピーター・ウェンクマンに扮して登場しており、幽霊退治をしていました。

このことからビル・マーレイはゾンビなんて怖くないし、幽霊に関しても全く怖いと思いません。そんな意味を込めての発言だと思います。

ゾンビが発生し始めた時期が判明

ゾンビが発生したのかがいつかはわからなかったものの、どうやら2009年から発生している模様。

そもそもビル・マーレイとゾンビランドの関係は?

前作を見ていない場合はわからないのが、ビル・マーレイとゾンビランドの関係。

実は前作でビル・マーレイが本人役として映画『ゾンビランド』にでてきており、主人公たちが訪れる豪邸に住んでいました。

そんなビル・マーレイは、悪ふざけをしてみたところコロンバスが誤って銃撃。結果的にビル・マーレイは命を落とします。

ただ、映画の予告編ではビル・マーレイがなぜか登場していたため世界中で話題。「ビル・マーレイが登場する時系列とは?」「どういう役?」など疑問が出ました。

そしてビル・マーレイが今回与えられた役目は、ゾンビが出現した0日目のことを表す重要な任務だった模様です。ビル・マーレイはゾンビ発生の場所からなんとか生き抜き、住んでいる住居へ帰ったことがわかります。

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』エンドロール映像2の紹介

エンドロール映像2では、ビル・マーレイが「ヘアボール吐ける?」とスペイン語で繰り返し質問。最後に病気のふりをしています。

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』エンドロール映像2の解説

ヘアボールは猫が吐く毛玉なので、ガーフィールドに言及するもの。病気のふりは10年前を示唆。

ゾンビのふりをしながら生き延びる1幕も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です