2019年公開予定おすすめ映画一覧

Bandicamの無料版と有料版の違いは?超便利キャプチャソフトを紹介!

ゲームの動画や画像を撮影したい!

撮影した動画を投稿したい!

そんな方におすすめのキャプチャーソフトがあるので今回はそのソフトを紹介したいと思います。

管理人も愛用しているのでおすすめですよ。

Bandicamの紹介

今回紹介するBandicamは高画質で高品質な映像をキャプチャーすることができるソフトです。
それも製品版として有料のものもありますが
無料版でも有料版のほぼすべての機能を使うことができるので大差がありません。

Bandicamでは録画をすることが出来ますが、さらに画像の撮影もすることができます。

最大の特徴は
パソコンに映せる映像なら全てキャプチャーすることができる。
という点です。

それも高画質・高品質でそれが行えるのでとても重宝しますよ。
特に画像のキャプチャーは無料で制限がないので私自身も重宝しています。

Bandicamの無料版と有料版の違い

Bandicamの無料版と有料版にはほぼ差がありません。

無料版では

  • 録画時間が最大10分までに制限されている
  • 動画にBandicamのロゴが入る

の2点が有料版と違います。

言い換えれば
無料版でも上の2点を除いてすべての機能が利用できます。

目的にもよりますが録画時間の10分制限は多少ネックになるかもしれないですね。
ただ、10分ごとに録画ボタンを押しなおせばいいだけですし

動画を投稿するのが目的なら10分動画を一つとして上げればいいだけなのでさほどは問題はないと思います。
あとは動画編集で動画の区切り部分にうまいことアイキャッチ入れたら途切れを意識しないようにも出来ますね。

そこまでするなら有料版買ったほうがいいと思いますけど!

Bandicamのロゴに関しては気にしないなら特に問題ないと思いますが
邪魔だと思うなら有料版一択になります。

とはいえ無料版ですらほぼ制限なしに有料版の機能が使えるというのは嬉しい。

有料版の値段

有料版は4,320円で購入することができます。

また、1ライセンスで1つのPCに導入することができるので
複数のPCに導入したい場合は台数分の購入が必要になります。

しかし、2ライセンスを同時購入する場合は6480円で購入できるのでお安くなります。

1ライセンスずつで2つ購入したら8640円なのに対して
2ライセンス購入なら2160円もお得ですからね。

4320円という値段が安いか?高いか?
は考えどことろだと思いますが

最初にこの値段を支払えば永久に使える
ということを考えたらかなり安い買い物だと思いますよ。

昨今は月額更新のソフトが増えてきてますし
その中でもBandicamは最初だけ支払えばあとは無料なので魅力的だと思います。

Bandicamには3つのキャプチャーモードがある

Bandicamには3つのモードがあります。
それぞれ使用用途に応じて違いがあるので見ていきたいと思いますね。

高画質ゲームキャプチャーモード

このモードではDirectX/OpenGL/Vulkanで動作するゲームであればすべて全画面キャプチャができます。

簡単にいえば大半のネットゲームはこのモードで全画面キャプチャーをすることができるので
ほぼすべてのゲームの録画ができます。

さらに4K画質の撮影や144FPSの動画撮影もできるというオーバースペック。

保存形式はAVI/MP4のものがありますが、撮影終了時点である程度圧縮して保存してくれるので
HDD/SSDなどの容量にやさしいです。

しかも動作が軽い!
動作が軽いのはスペックが低めのPCをお使いの方からすると助かりますよね。

デスクトップキャプチャーモード

このモードではPC画面上の好きな部分をキャプチャーすることができます。

パソコン全画面の撮影も出来ますし範囲指定して一部分の撮影もできるので大変便利ですよ。

ゲームキャプチャーモードで全画面撮影ができなかったゲームは
このモードを使えば問題なく撮影できるんです!

録画では音もしっかり録音されるのでご安心ください。

さらにこのモードでイチ押しなのが画像のキャプチャーが出来るという点ですね。

範囲指定して画像の撮影ができるのでブログをやっている人や
なにか教育用の教材を作成したいときに範囲指定して撮影した画像を使いたい場合にはすごい便利です。

私自身がBandicamの中で一番お気に入りなのがこの機能なのでぴなぽぽ管理人お墨付きですね。
画像はBMP、PNG、JPG形式で保存できます。

外部デバイスキャプチャーモード

このモードでは外部機器の映像をキャプチャーすることができます。
具体的にはウェブカメラの映像やスマホ・PS4などの家庭用ゲーム機の映像ですね。

PCだけでなく家庭用ゲーム機の映像やスマホの映像をキャプチャーしたいときに使えるモードになります。
さらにアップルTV、HDTVの映像もキャプチャーできるので録画が行えますよ。

スマホゲームや家庭用ゲーム機の動画も撮影したい人はこちらの機能を使うといいでしょう。

以上がBandicamに実装されている3つのキャプチャーモードでした。

これだけの機能が無料で使えるBandicamさん優秀すぎませんか?

Bandicamのまとめ

Bandicamのおさらいをしていきたいと思います。

Bandicamは高画質高品質な映像をキャプチャーできるソフト。

無料版は10分制限とロゴが入るがそれ以外は有料版と同じ。
有料版は4320円で購入できる。

・ゲームキャプチャー
全画面ゲーム映像の撮影ができる。
・デスクトップキャプチャー
PC画面を全画面・範囲指定して動画と画像の撮影ができる。
・外部デバイスキャプチャー
ウェブカメラや家庭用ゲーム機の映像を撮影できる。

以上がBandicamのおさらいでした。

これだけの機能が使えて無料で使えるのは破格ですね。

さらに有料版は4320円。
4320円といえば月に換算すると360円です。
有料版でも月に360円でこれだけの機能が使えるなら破格だと思います。

まずは無料版を使ってみて
気に入ったら製品版の購入をしてみるのもありですね!

うまく使いこなせるかどうかが不安だなぁ・・・
と思うかたもおられると思います。

ですが、Bandicamは全体的に見てユーザー数が多く
いろいろなサイトでユーザーの悩みに対する答えが見られるので
基本的に問題にぶつかってもすぐに解決できますよ。

公式のサポートも厚いのでご安心ください♪