2019年公開予定おすすめ映画一覧

ブログに適した文字数は何文字なの?というが文字数よりも大事な事がある

ブログを書こうと思ったときに気になる事項の1つにあるのが文字数。

「何文字書けばいいの?」

というかたも多くおられると思います。

実際のところブログの文字数は記事を書く人の目的にもよりますし
長ければいいってもんじゃない・短すぎてもダメでしょう。

今回はそんな文字数の話でもしていきたいと思います。

ユーザーの目的による文字数の違い

何文字書けばいいのか?と思ったあなたの目的はなんでしょうか?

「検索で上位に表示されたい」
「ただの日記としてブログ書くけど文字数はちょっと気になるかな」

など目的はさまざまですよね。

前者であれば文字数もある程度求められるでしょうし、後者なら別に文字数はいくらでもいいと思います。

検索上位に表示されるために必要な文字数
検索で上位表示されるのに必要な文字数はいくつくらいなんでしょうか?

1000文字?3000文字?はたまた6000文字以上?

その答えは文字数だけでは表すことができません。
検索で上位に表示されるためには文字数以外のさまざまな要因が絡みますからね。

中にはたったの数百文字だけのブログなどであっても上位表示はされることはありますし
数千文字の力作がまったく上位に表示されないことだってあります。

Yahoo知恵袋はご存知ですか?
あなたが何かを知りたいと思ったときにキーワードを入力して検索すると思います。
そのときにたまにYahoo知恵袋が上位に紛れ込んでいるのを見たことがあるのではないでしょうか。

私は見たことがあります、それも文字数が大してないのに上位に表示されているということが。
これを見たらやはり文字数はそこまで考えなくても大丈夫なのではないか?
と思いますよね

グーグルに学ぶ上位表示の掟

検索で上位表示を狙いたいなら文字数も確かに重要です。
しかしYahoo知恵袋の例を見たら数百文字程度でも上位表示されることがある、ということがわかったと思います。

ここで見ておきたいのがGoogleの理念のようなものですね。

Googleは「常にユーザーの利便性を追及」しているんです。
これはどういうことかといえば

ユーザーの知りたい情報を知ることができ、検索してきたユーザーが抱えている問題が解決できるかどうか

それがGoogleの理念の1つとしてあります。

だから検索で上位表示を狙いたいのであれば
検索ユーザーの抱える問題に対して解決策を提示しすることで問題を解決できるようなコンテンツ
が大事になってきます。

その過程で出てくるのが文字数ですね。

ユーザーの抱える問題を解決するためのコンテンツを提供するためにはそれなりの文字数が必要になります。
だからこそ文字数はどれだけ必要なのか?という悩みが出てくるわけですね。

前述したとおりユーザーの抱える問題を解決できるようなコンテンツが提供できるのであれば数百文字でもいいですし、解決のために数千文字が必要ならそれだけ文字数も必要になってきます。

そのため文字数を何文字書こうか?と悩むよりも書いたコンテンツをユーザーが読んできてくれた人の悩みは解決できるのかな?
というコンテンツを提供してくことが重要だと思います。

Googleの理念から考えるとYahoo知恵袋がたまに上位に来ているのもユーザーの悩みが解決できているからなんでしょう。

それでも上位表示できないこともある

いくら良質なコンテンツを提供してユーザーの利便性を追求できたとしても上位表示されないこともあります。

それは
競合サイトのコンテンツが圧倒的に強すぎる
自身のサイトが持つパワーが弱すぎて力負けしている

そんな状態のときです。
こういう時は競合サイトのさらに上をいかなければならないので一気に難しくなるでしょう。
そのため上位表示を狙うのであれば競合サイトをチェックして勝てるかどうかを判別してから書くのも一つの手ですよ。

サイトの力が弱いなら良質なコンテンツをひたすら提供し続けていれば日の目を浴びれる可能性はあるかもしれないので頑張るしかないですね。

ブログに必要な文字数のまとめ

ブログに必要な文字数は特に決まりはないということがわかったと思います。
文字数よりもユーザーのことを考えたコンテンツ作りをしていきましょう。

その過程で文字数が増えていくと思いますよ!