ブログ運営

初心者必見!ブログが書けなくなる人の5つの特徴と対処法はこれ

ブログを始めて間もないころに陥ると言われる
ブログが書けなくなる状態

これにはそれぞれ個人個人に理由があると思います。

ブログを始めたのはいいけどブログのネタがない
とか
書かなきゃらならないのにネタがないから書けない
とか
せっかく書いたのに人来ないし書く必要なくね?
などさまざまですね。

そんなブログ書けない状態について
今回はブログを書けなくなる人の特徴やその対処法なんかを書いていきたいと思います。

ブログが書けなくなる人の特徴

ブログが書けなくなる人の特徴について箇条書きで示してみましょう。

こういうタイプは要注意ですよ。

  • 100%の完成度を求める
  • そもそも知識不足
  • 短期的にしか見れない
  • ネタが多すぎて書きたいことを選べない
  • 文字を詰め込みたがる

ということであげてみました。

このなかで一つでも当てはまるようなら考えを改めることお勧めします。

ではこれらの特徴をさらに掘り下げてみていきましょう。

100%の完成度を求める

記事を書いているときにいざ公開しようと思ったとき
「この完成度であげていいのか?もっと上を目指せるんじゃない?」
と思ってしまうタイプはブログを書けなくなりかねないと思います。

そのような完璧主義な思考ではたとえ1つの記事が完成してもさらに上を目指そうとするせいか
記事が完成しても公開することを躊躇してしまうし
そのあと書こうと思ってもまた完璧な記事を求めるせいでうまく取り組めない。

ブログを書こうとしても完璧にしたいからと事前調査をふかく
さらに深くとしていき競合サイトを目にして完成度の高さにこれ以上の完成度の高い記事を出せるのか?と不安になりモチベダウンからのやっぱ書かないでいいや
となってしまうなどブログが書けなくなる要因になりえます。

そのような人はまず「100%の完成度」を求めないようにしたほうがいいです。
ブログを始めたばかりで特段ライティングスキルがないのにも関わらず完璧を求めていたら
いつまで経っても書けません。

場合によってはライティングの書籍を読み漁り、最終的にはライティングの実績はないけど
ライティングの理論は完璧なただの理論人間になってしまいますよ。

いますよね理論人間って
やたら理論に詳しいけど実践スキルはないという人。

そのようになりたくなければ
まず完璧を求めない。
ある程度の記事が出来たらさらっと公開しちゃうようにしましょう。

そうすればブログが書けなくなるなんてこともないと思います。
最初は完璧な記事なんて書けないし、まず何を持って完璧なのか?というのも疑問ですし

そもそも完璧な記事なんてこの世にあるんですか?と私は思いますからね。

ちなみに私も完璧主義なタイプな時期がありました。
エレキギターをプロを目指して練習していた時期があるんですけど

そのときに完璧な演奏を求めていたんです。
その結果動画サイトに演奏動画をあげたい!という気持ちがあったのに

完璧主義だった私は完璧な演奏じゃないと動画を投稿する気にはなれない!
という状態に陥って結局演奏動画が動画サイトにあがることがなく終了ですよ。

そしてプロも特に目指すということはなく普通にお仕事を始めていたんです。

このように完璧を求めることは害にしかなりません。

もっと頭を柔らかく!

そもそも知識不足

この記事を書こう
あなたはそう思いました。

しかしなかなか思うように執筆が進まない
要因としては用語がわからないとかですね。
そんなあたなはそもそも知識が足りていません。

知識が足りていないからブログがうまく書けない状態に陥っていると思います。

知識に関しては
知識を頭に詰め込んでいくインプット作業
詰め込んだ知識を使って発言や執筆などをするアウトプット作業
があります。

インプットがうまくいってないのにアウトプット(記事を書く)をしようとしてもそれはうまくいきませんよね。

そんな方は知識が不足しているのでもっともっと書こうと思った事柄について勉強してみることをおすすめします。

人に教えるには通常の知識量の2倍は必要だともいわれていますからね!

私も本当は書きたい記事があるんですけど
競合記事を読んでみたら知識が豊富だしコンテンツの完成度が高すぎて
「これは勝てない」と思ってしまいまだ書いてない記事がいくらでもあります。
この先知識を深めて書くことができたらいいなーと思っていますよ。

短期的にしか見れない

短期的に、というのは期間的な意味ですね。

個人的にはすごい良質な記事を書いてみたもののまったくアクセスがない。
これだけ頑張って書いた記事ですら人が来ないんじゃブログ書く必要ないのでは?
もうブログ書かないでいいやーとなってしまう人

こういう人もいるんじゃないかと思います。
モチベが下がることでブログが書けなくなるタイプでしょうか。

このような人は短期的な目線ではなく長期的な目線で見てみることをおすすめします。

「今はアクセスないけど、長い目で見たらそのうちアクセス来るようになるだろう」
とかそういう目線ですね。
良質な記事を書いたからといってすぐに検索の上位に表示されるわけではないのはご存知かと思います。

最初はブログは忍耐
アクセスが来ないけど長い目で見たらこの記事は資産になっていく!
そういったポジティブな考えでいましょう。
それすればモチベーションも下がりにくくなるかと思います。

バズったり有名な人に取り上げられたりでもしない限りは気長に待つ!ですよ。

ちなみに私のブログも書いても書いても人は来てません。
この来てない間にどれだけ質のいい記事を貯められるかが勝負と思っているのでモチベーション高く更新し続けています。

ネタが多すぎて書きたいことを選べない

ブログって書こうと思ったときにネタがなかったりしますよね。
ただここでいうネタがないというのは

その時の気分で書きたいネタが思いつかない

というだけで実際には膨大な量のネタがあると思います。
いわゆる雑記ブログと呼ばれる分野だとなんでも書けるゆえに
ネタが多すぎて何書けばいいか迷いすぎて書けなくなるという。

こういうときは書きたいジャンルを先に決めて
その後にジャンルの中で何を書こうか決めて
キーワード検索をしてみて他の人の記事からインスピレーションを得ていく。

というやり方をしてみるといいかもしれませんよ。

私は何か記事を書こうと思ったときもこういった一連の作業をしますし
この記事も例外なくしています。

ちなみにこの記事であれば
「ブログに関する記事が書きたい」

「ブログ書けなくなるとかネタにしたらいいかも?」

『「ブログ 書けなくなくなる」で検索』

上位表示されているサイトを10サイトくらい眺めてみる

よし、書いてみるか

という流れで書き始めました。

ネタが多すぎて書けないならこういった作業をすると書きたいネタが1つに定まるのでやってみるといいと思います。

文字を詰め込みたがる

はい、これですね。
ブログを書いていると
この情報いるか?
と思いつつ書いたりしませんか?
書こうと思った情報をなんでもかんでも書いていたらやたら情報が多いだけで何が伝えたいの?
って感じになります。

こういう時は「ユーザーがどんな情報を欲しがっているのか?」
という部分を意識して書けば無駄な情報を省くことができますよ。

欲しがっている情報が思いつかない場合はQ&Aサイトを眺めることで新鮮なユーザーの欲する情報が得られます。
知恵袋とかそういうの眺めてみましょう。

sponcerd link

ブログが書けなくなる人のまとめ

  • 100%の完成度を求める
  • そもそも知識不足
  • 短期的にしか見れない
  • ネタが多すぎて書きたいことを選べない
  • 文字を詰め込みたがる

これらの特徴と対処法とかかいていきました。
この記事を読んでブログが書けなくなる状況を打破できていれば幸いです!

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA