映画『デトロイト』あらすじやキャスト公開日は?デトロイトで起きた痛ましい実話がビグロー監督により映画化

女性初のアカデミー賞監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督がデトロイトの悲劇を描く!

イラクの戦場へと観客を引き込んだ『ハートロッカー』やビンラディンの隠れ家へと突入していく『ゼロ・ダーク・サーティ』で観客を魅了した女性監督キャスリン・ビグローが今回この映画『デトロイト』にてメガホンをとりました。

デトロイトで起きた悲劇をどれだけリアリティのある映像として仕上げてくれているのかは見ものですね!

実話刑に弱い私は最近だと石油事故の『バーニングオーシャン』やボストンマラソンテロ事件を書いた『パトリオットデイ』が好きなんですが、この『デトロイト』にも目が離せなくなりそうです・・・!

ースポンサードリンクー

映画『デトロイト』のあらすじは?

これは1967年のデトロイトで実際に起きたアメリカ史上最大級の暴動のさなかで起きた事件である。

1967年7月、暴動が発生してから3日目の夜に若い黒人客たちが集まっていた「アルジェ・モーテル」に銃声を聞いたという通報を受けて大量の警官と州兵が殺到する。

そこではモーテルにいた若い黒人たちへの暴力的な尋問が行われ、やがてそれはデスゲームへと発展していった。

予告動画ではとある黒人の警官がアルジェモーテルで起きた事件について話したいという場面から始まっていますね。

そして暴動の様子が映し出され、モーテルに屋外から銃をぶっ放して中へ侵入、その後酷い尋問や法外な発砲が映し出されています。

その結果3人が亡くなり、これに対して冒頭で登場したモーテルに居合わせた黒人警官が問題提起をしているといったところでしょうか。

映画の元ネタ、デトロイト暴動と事件はどういうものだった?

デトロイト暴動は1967年7月23日から27日にかけてアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトで起こった暴動。

このほかに12番街暴動や12番通り暴動といった名前でも呼ばれているようです。

暴動の鎮圧にあたったミシガン州兵では多数の死者負傷者が出ています。

そしてこの事件以後デトロイトから人口が流出していったとのこと。

暴動原因は白人警官による黒人差別らしいのでまぁ古きアメリカだなぁと思いますね。

銃声の通報を受けて集まったのはデトロイト警察、ミシガン警察、ミシガン州兵、地元警備隊だそうで、どう考えてもオーバーキル。

ースポンサードリンクー

映画『デトロイト』の当時と今を振り返る特別映像も見よ!

白人ばかりが警察になっていた当時と今の状況ではまったく違う。

今のデトロイトは復旧に向けて動いているとかそういったメッセージを感じる動画です。

ースポンサードリンクー

映画『デトロイト』のキャストは?

ディスミュークス/ジョン・ボイエガ


『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で無茶で正義感あふれる若者フィン役を演じたジョン・ボイエガが今回黒人警察を熱演!

警察官と被害者の間に立たされ揺れ動く心をどう演じているのかは見どころの1つでしょう。

来年にはパシフィックリムの続編にも出演が決まっている旬な男!

クラウス/ウィル・ポールター

【ウィル・ポールター】 世界的に大ヒットした『メイズ・ランナー』で主人公の宿敵をはじめ『リトル・ランボーズ』『なんちゃって家族』などに出演。 . 本作では凶悪な差別主義者であるデトロイト市警の警官クラウスを演じる。童顔にも関わらず、圧巻の迫力で観るものを震撼させます👮❗️❗️ . #デトロイト #なんちゃって家族 #メイズランナー #リトルランボーズ #レヴェナント蘇えりし者 #detroit #キャスリンビグロー #ハートロッカー #ゼロダークサーティ #アカデミー賞 #ジョンボイエガ #スターウォーズ #パシフィックリム #ウィルポールター #2018年1月26日公開

ロングライド|映画配給さん(@longride_movie)がシェアした投稿 –

メイズランナーで秩序を乱した主人公に激おこするキャラを演じたウィル・ポールターは今回差別の激しい白人警官を演じます。

有名作品はないものの独特な顔立ちが特徴的で顔を覚えやすい。

ラリー・リード/アルジー・スミス

黒人のラリーを演じるのはアルジースミス。
演技が批評家から高い評価を得ているので注目したいところ!

その他キャスト

ジェイコブ・ラティモア / フレド・テンプル
ジェイソン・ミッチェル / カール・クーパー
ハンナ・マリー / ジュリー・アン
ケイトリン・ディーヴァー / カレン
ジャック・レイナー / デメンス
ベン・オトゥール / フリン
ジョン・クラシンスキー / オーバック
アンソニー・マッキー / グリーン
ジョセフ・デヴィッド=ジョーンズ / モリス
イフラム・サイクス / ジミー
レオン・トーマス3世 / ダリル
ネイサン・デイヴィス・Jr / オーブリー
ペイトン・アレックス・スミス / リー
マルコム・デヴィッド・ケリー / マイケル・クラーク
ベンガ・アキナベ / オーブリー・ポラード・シニア
クリス・チョーク / フランク
ジェレミー・ストロング / ラング
ラズ・アロンソ / ジョン・コニャーズ・Jr
オースティン・エベール / ロバーツ
ミゲル・ピメンテル / マルコム
クリストファー・デイヴィス / 酒場のパトロン
サミラ・ワイリー / ヴァネッサ
タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ / レオン
グレン・フィッツジェラルド / アンダーソン刑事
ウィキ

映画『デトロイト』の日本公開日は?

日本での上映日は2018年1月26日となりました!

アメリカでは2017年の夏ごろに上映されていて批評家からも高い評価を得ている映画『デトロイト』。

やはり実際に起きた国で痛ましい過去を題材にした映画は反響を呼びやすいのでしょう。

日本ではどういう評価を受けるのか見ものです。

映画『デトロイト』のまとめ

  • 1967年のデトロイトで起きた暴動のさなかの事件
  • 2018年1月26日上映
  • 前評判良し
  • 緊迫した現場や黒人警官と白人警官の心理描写に注目!

あと注目しておきたい情報があります。

こういった実話映画にはエンディング中に事件後の実在した登場人物の様子が描かれるのですが、今作もばっちり描かれているらしいです。

ということなのでエンディングも見逃さずに視聴しましょう!

2018年公開予定おすすめ映画60選"洋画編"【保存版随時更新】あらすじや紹介

2017.12.13



映画を見るなら!漫画や雑誌も読めるユーネクスト



  • 12万本以上の作品
  • 31日間無料
  • スマホ・パソコン・タブレット・テレビ対応
  • 動画をダウンロードして見れる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です