2019年公開予定おすすめ映画一覧

大事なギターを守るならこれでOK!ギターケース3種の違い解説!

ギターケースの選び方について大まかに書いていこう思います。
ギターを外で持ち歩くなら必要となってくるのがこのギターケース。
せっかくギターを買ったのに薄いケースでギターが心配!という機会があると思います。
種類としてはそんなに多くはないですが使用用途に合わせてみていきましょう。

ギターケースといえばこの3種類!

ソフトケース

薄っぺらいケースで材質としてもとても軽いものになります。
値段も安価ですが実際に持ってみると中に緩衝材があるわけでもなくギターの硬い感覚がもろに体に伝わってきてギターが守られている感覚があまりありません。
ギターをただ隠した布って感じです。
ケースに入れた状態でも軽い衝撃を受けるとそれだけで傷がつく可能性があるのであまりオススメはしません。
安価なギターを購入した際に付録してきたりします。

ギグバッグ

ギターを持ち運ぶなら最もスタンダードなケースです。
ソフトケースとは違い中がモコモコしていたりして緩衝材のようになっているのでギターが守られている感覚があります。
軽い衝撃であればギターが傷つくことはなく、ギグケースごと落とすなどするとちょっと心配になってくる程度です。
値段としてはソフトケースより値段が張りますが、大事なギターをなるべく安全に持ち運ぶなら安価な買い物なので買っておきましょう。
10万円くらいのギターを購入するとついてきたりします。

ハードケース

外装が硬い素材で覆われて中がもこもことしていてかなり守られている感じはあります。
ソフト・ギグと違いケース自体が重くて徒歩などの持ち運びにはあまり向きません。
また、背負って歩くよりも手で持って歩くことが多いので結構な負担になります。
長期遠征で車や飛行機なんかを使用するときなどに使われることがおおいと思います。
値段としても数万などするので高価なケースになります。
ハイエンドギターを購入した際はこのケースに入れられてきます。

ギターケースの持ち方

ギターケースには手で持つためのパーツと背中に背負うためのパーツがついているので持ち運びの際は背負って運ぶことになります。
ただしこれはソフトケースとギグバッグの場合の話で、ハードケースは取っ手だけついてて背負うことが出来ないのでご注意ください。

まとめ

ギターケースとしてソフトケース・ギグバッグ・ハードケースの3種類を紹介してきました。
主に使用するのはギグバッグになってくるでしょう。
大事なギターを守るためにも1つくらいは持っておきましょうねー!