2019年公開予定おすすめ映画一覧

ディスコードでサーバーを立てる方法や招待など各項目解説!

このページではサーバー関連の設定や各項目の解説・使い方などを説明します。

サーバーの作成

基本画面の左側の+を押すことで作成画面が出てきます。

チャンネルとは

サーバー内の部屋のようなものです。
テキストチャットをする部屋とボイスチャットをする部屋を目的に応じて作成できます。
チャンネルの編集から削除や権限設定や概要の編集が出来ます。

サーバーへ招待する方法

サーバーの基本画面の友達を招待またはフレンドの名前を右クリックでサーバーに招待する項目が見つけられます。

サーバーでの通話方法

チャンネルを作成からボイスチャンネルを作成またはすでにあるものを用意します。
ボイスチャンネルの名前をクリックすることで簡単に通話に参加できます。
チャンネルから退出して通話を終える場合は通話中の文字の横にあるDisconnectを押しましょう。
通話中のメンバーの名前を右クリックすることで個別に音量調節が出来る設定が出ます。

メンバーの役割の設定方法

この項目ではサーバーでの個別に権限を与える方法を紹介します。
基本画面の左側の管理サーバーアイコンをクリック→サーバー設定→役割に進んでみましょう。
役割の文字の横にある+を押すことで新しい役職のようなものが追加できます。
everyoneは最初からメンバーに付与されている役割です。
everyoneの役割の設定を誤ってしまうと最悪全員が管理者権限を持つことになる場合があるのでご注意ください。
ここで設定した役割をユーザー管理のメンバー欄からそれぞれ個別に付与することができます。

役割の各項目について解説していきます。

役職名
役職名を自身で名づけることが出来ます。

役職の色
役職を付与したメンバーの名前の色を変えられます。

オンラインメンバーとは別に役職メンバーを表示する
役職メンバーを表示する設定らしいです。

この役割に対してのmentionを許可する
オンにするとその役割を持つ人に対してmentionが送れるようになります。

管理者
オンにすると管理者と同等の権利を付与する役職になります。
悪用されると取り返しがつかないのでオンにする際はくれぐれもご注意ください。

View Audit Log
サーバーの変更履歴のようなものを見せるかどうかの設定です。

サーバー管理
サーバー名の変更と地域の変更が出来る設定です。

役職の管理
新しいチャンネルの作成や下位の権限の編集削除ができます。

チャンネル管理
新しいチャンネルの作成、編集または削除ができます。

メンバーをキック
メンバーをキックする権限が付与できます。

メンバーをBAN
メンバーをBANする権限が付与できます。

招待を作成
招待URLの作成と個別に正体出来るようになります。

ニックネームの変更
自身のニックネームを変更できます。

ニックネームの管理
他のメンバーのニックネームを変更できます。

絵文字の管理
絵文字の管理が出来ます。

Webhookの管理
webhookの作成編集削除が出来ます。

Read Text Channels & See Voice Channles
サーバーのテキストを読んだりボイスチャンネルを見れる設定です。

メッセージの送信
メッセージの送信権限です。

TTSメッセージを送信
コマンド/ttsを使用することでチャンネル内の人にロボット声によるテキスト読み上げが行われます。

メッセージの管理
他メンバーのメッセージの削除や任意のメッセージにピン止めしたりできます。

埋め込みリンク
埋め込みリンクができるかどうかの設定です。

ファイルを添付
ファイルを添付できるかどうかの設定です。

メッセージ履歴を読む
メッセージ履歴を読める設定です。

全員宛メンション
全員に対してメンションを送信できます。

外部の絵文字の使用。
他のサーバーの絵文字が使える設定です。

リアクションの追加
メッセージに新しいリアクションを付与できます。

接続
音声に接続できます。

発言
音声発言ができます。

メンバーをミュート
他メンバーのボイスチャットを消音出来ます。

メンバーのスピーカーをミュート
他メンバーの聞いてる音声を消音出来ます。

メンバーを移動
他メンバーを別のチャンネルに移動させることが出来ます。

音声検出を使用
この権限がない場合はプッシュトゥトークのみ使用可能です。

まとめ

サーバー関連の解説をしていきました。
簡単に使う分にはサーバーを立ててVCとチャット用のチャンネルさえ作れば普通に使えるので試してみましょう。