映画

映画『ヴェノム』あなたの知らない裏話・トリビア10選

映画『ヴェノム』の製作の裏話や、トリビアを紹介します。

映画『ヴェノム』裏話・トリビア集

トリビア.スタン・リーはどこに登場する?

マーベルの中で、数々の人気キャラクターを生み出してきた人物と言えばスタン・リー。

マーベル映画には必ずと言っていいほどカメオ出演するスタン・リーですが、『ヴェノム』の中でも登場しています。

スタン・リーのカメオ出演は、映画の中でも終盤のシーン。エディ・ブロックが恋人のアン・ウェイングと家の前で立ち話をした後、犬を連れたおじいさんが2人の関係などについて話しかけます。

この老人こそが映画『ヴェノム』の中でカメオ出演したスタン・リー本人でした。その後エディは早々と話を切り上げて、ヴェノムが美味しそうな犬を見て語り掛けるところで場面が終わりました。

トリビア.映画『ヴェノム』はソニーのマーベル・ユニバースの始まりに過ぎない

マーベル映画と言えば、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)が現在進行中の企画として人気を集めており、現在までに20作品以上、来年には一連のシリーズの中で『スパイダーマン・ファーフロムホーム』の公開が予定されている事はファンなら知っているかもしれません。

ですが、マーベル映画『ヴェノム』はMCUには含まれず、ソニー・ピクチャーズが配給する『スパイダーマン』のスピンオフ作品として扱われています。

そこで最近になって判明した事実が、ソニー・ピクチャーズ内で「スパイダーマン」作品のスピンオフシリーズをSUMCとして扱うというもの。

SUMCとは、Sony’s Universe of Marvel Charactersの略称で、訳すとマーベルキャラクターのソニーユニバースといった意味です。

映画『ヴェノム』はこのSUMCの第1作品目として扱いを受け、今後他にも様々なキャラクターが同シリーズの単独作品として公開されます。

現在までに判明している同シリーズに登場するキャラクターは、モービウス、シルク、ナイトウォッチ、クレイヴン・ザ・ハンター、ブラック・キャット、シルバー・セーブル、ジャックポットなどなど。

ソニーのスパイダーマン作品としては直近で映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が上映される予定ですが、映画『ヴェノム』が大成を収めている以上、今後のSUMCの更なる盛り上がりに期待しておきましょう。

トリビア.トム・ハーディは2役演じた

映画『ヴェノム』の主人公として登場したエディ・ブロック。

彼にシンビオートが寄生したことでヴェノムが生まれましたが、演じたトム・ハーディは両者の声を担当、つまり1人2役だったことを明かしています。

エディ・ブロックとしてのトム・ハーディはアメリカ英語を話していたのに対して、ヴェノムとしてはエフェクトのかかった声でした。

この時のヴェノムの声について、トム・ハーディは歌手のジェームズ・ブラウンが影響を与えたとも語っています。

トリビア.影響を与えた原作ストーリー

マーベルに関わる映画は、原作漫画を元にオリジナルストーリーが描かれるのがよくあることですが、これは映画『ヴェノム』にも同じことが言えます。

映画『ヴェノム』に影響を与えた原作ストーリーは2個あり、それぞれタイトルは『Lethal Protector』と『Planet of the Symbiotes』です。

『Lethal Protector』は、スパイダーマンと不干渉契約を結んだヴェノムがサンフランシスコで自警団としてヒーロー活動をするというもので、映画の中ではシンビオートから誕生した5人の共生体が原作に登場します。

『Planet of the Symbiotes』は、シンビオートの惑星から軍隊が押し寄せてきて、スパイダーマンたちが戦うという内容でした。

いずれの原作ストーリーにも、映画で登場したヴェノムや、シンビオートから生まれた5体の共生体が登場するため、読んでみると更に面白いかもしれません。

トリビア.シーヴェノムの誕生

ヴェノムは、時代によって寄生対象の人間が変わります。映画の中ではエディ・ブロックが寄生されていましたが、一瞬だけヴェノムがエディの恋人アン・ウェイングに映る場面があった事を覚えているでしょうか。

原作ではアン・ウェイングがヴェノムになった瞬間をシー・ヴェノムと呼んでおり、恐らく映画では敬意を表す形で組まれたプロットと考えられます。

ちなみに原作でシー・ヴェノムになるのも比較的短めですから、映画のシーンはオマージュとも言えるはずです。

ソニー・ピクチャーズはスパイダーマン関連のスピンオフを続々予定しているようなので、今後シー・ヴェノムの関心が高まるようなら単独映画としての公開も期待できます。

トリビア.カーネイジ登場の示唆

映画『ヴェノム』は、シンビオートに寄生された複数のヴィランが登場しました。中でも一番のヴィランとして立ちはだかったのは、ライフ財団最高責任者のカールトン・ドレイク(ライオット)であることに間違いありません。

そんなライオットとの戦いが描かれた本作のエンドクレジットでは、エディ・ブロックがとある受刑者にインタビューする場面が映し出されます。

受刑者はエディに『When I get out of here, and I will, there’s gonna be carnage』といったセリフを吐きますが、ここでいうカーネイジとはヴェノム以上に凶悪なシンビオートです。

恐らくカーネイジが次回作で登場することを示唆する場面なので、続編があるなら間違いなくスポットが当たるでしょう。

ちなみに受刑者のキャラクター名は、カーネイジになることからクレタス・カサディの可能性が高いです。

トリビア.原作はライオット≠カールトン・ドレイク

ライフ財団の最高責任者だったカールトン・ドレイクは、ライオットと呼ばれるシンビオートととしてヴィランとして立ちはだかりました。

そんなライオットですが、漫画のほうではカールトン・ドレイクとライオットが別々のキャラクターとして存在します。

漫画では、カールトン・ドレイクはシンビオートに関する豊富な知識を持ち、ヴェノムが5体のシンビオートの種を持つ事を推測しています。

トリビア.ヴェノム犬

ヴェノムが作中で取りついた犬のお話。

原作ではヴェノムが犬に取りついたことがあり、名前はイワンと呼ばれていました。

ヴェノムはすぐにイワンから離れたものの、その後は性格が変わったように凶暴になったとかならないとか。

映画のシーンも恐らくこの場面のオマージュです。

トリビア.ジェイムソン

開幕のスペースシャトルの墜落場面で、唯一の生き残りとして登場した宇宙飛行士はジェイムソンと呼ばれていました。

彼はDaily Bugleの編集者で、漫画や以前の『スパイダーマン』に登場したJ. Jonah Jamesonの息子と考えられます。

トリビア.PG-13指定

映画『ヴェノム』には、人を食べる場面を含めてお子さんには刺激が強い場面がありました。そんな映画ですから当然R指定が付けられると思いましたが、実際ついたのは13歳未満の視聴に指導が必要なPG-13です。

元々はX-MENスピンオフの映画『デッドプール』や『ローガン』の成功を受けてR指定にする予定だったそうですが、MCUやスパイダーマンシリーズとの今後の結びつきを考えてPG-13扱いとなったという話もあります。

以上から、今後の展開で映画『ヴェノム』が他作品と世界観を共有する可能性は十分にあります。

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら