2019年公開予定おすすめ映画一覧

映画『ハロウィンキルズ』あらすじキャスト日本公開日?最新情報まとめ!

ジョン・カーペンターにより生み出された映画「ハロウィン」シリーズ。これまでにだいたい約10作品の続編やリメイクが登場しており、2018年には1作目から繋がるストーリーが登場しました。

そして今度は、2018年の『ハロウィン』の続編が2作品公開される予定です!そこで今回は、映画『ハロウィンエンド』についてあらすじキャスト日本公開日などをまとめました。

映画『ハロウィンキルズ』が公開される!

映画「ハロウィン」シリーズは、1978年に生まれたホラー作品。ブギーマンことマイケル・マイヤーズが家族を殺め、始末できなかった妹のローリー・ストロードを何度死んでも再び生き返って追いかけ続けているのが特徴の映画です。

そんな映画「ハロウィン」シリーズは人気が高く、『ハロウィン』『ハロウィンII』『ハロウィンIII』『ハロウィン4』『ハロウィン5』『ハロウィン6』『ハロウィンH20』『ハロウィン・レザレクション』『ハロウィン(2019)』などこれまで9作品登場。

影響を与えたホラー映画やキャラクターは数知れず、パロディ・オマージュ作品もたくさんあります。

そんな映画『ハロウィン(2019)』は、続編が2作ある模様です。

映画『ハロウィンキルズ』あらすじは?

映画『ハロウィンキルズ』のあらすじは、今のところ不明です。しかし映画『ハロウィン(2019)』のストーリーとの繋がりはあり、ジェイミー・リー・カーティス演じるローリー・ストロードとマイケル・マイヤーズの40年にわたる因縁の物語が終焉を迎えるとのことです。

なお、映画『ハロウィンキルズ』と『ハロウィンエンド』はそれぞれ独自の物語になる模様。世界は繋がっているものの、話の続きというよりも固有の物語を各自展開するとのことでした。

映画『ハロウィンキルズ』登場人物・キャスト

マイケル・マイヤーズ役が現在不明ですが、そのほかキャストを紹介。

トミー・ドイル役:アンソニー・マイケル・ホール
ローリー・ストロード役:ジェイミー・リー・カーティス
カレン役:ジュディ・グリア
リンドシー・ウォレス役:カイル・リチャーズ
アリソン役:アンディ・マティチャック
キャメロン・エラム役:ダイラン・アーノルド
ザ・シェイプ役:ジェームズ・ジュード・コートニー
レイ・ブラケット役:チャールズ・サイファーズ
シェリフ・バーカー役:オマール・ドーシー
デピューティ・グラハム役:ブライアン・ダーキン
スケアクロウ役:ステファニー・マクインタイラ
ジュリアン役:ジブレイル・ナンタンブ
EMT役:ダーリン・フェラーロ
病院のモブ役:クリス・エムリッチ、アイシア・ジェンキンス、ザイア・レイン
ピエロコスプレ役:レイチェル・シャープ
風船持った男の子・ライアン・シャープ
1978年の隣人役:オマール・アジミ
バーの出資者役:AJ・テイラー
警察:ウィリー・フェーガソン、ブランドン・パーカー
オーダーリー・ビリー・クロウ

映画『ハロウィンキルズ』監督・脚本

監督:デビッド・ゴードン・グリーン

2019年版『ハロウィン』で監督を務めたデヴィッド・ゴードン・グリーンは、『ハロウィンキルズ』『ハロウィンエンド』続編2作で続投。

ボストンマラソンのテロ事件で両足を失った人物の実写映画『ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜』でメガホンを握った方です。

脚本:ダニー・マクブライド、スコット・ティームス

1976年生まれのアメリカ人俳優ダニー・マクブライドは、映画『ハロウィン』で脚本を担当。続編2作でも脚本を描く予定です。

俳優としての活動では、『エイリアン:コヴェナント』『アングリーバード』『ソーセージパーティー』などに出演。

映画『ハロウィンキルズ』気になる日本公開日は?

2019年に日本公開された映画『ハロウィン』の次の作品『ハロウィンキルズ』は、2020年10月16日に全米公開が予定されています。

ただし日本公開日は、今のところ不明です。なお、映画『ハロウィン』は2018年10月19日に全米公開され、日本は2019年4月12日でした。

そう考えるとだいたい半年程度開くことが考えられるので、映画『ハロウィンキルズ』の日本公開日は2021年4月9または16日かもしれません。

また映画『ハロウィン』の続編にあたるため、次の映画は期間を開けずハロウィンの同じ時期に公開される可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です