2019年公開予定おすすめ映画一覧

アニメ映画『アダムスファミリー(2019)』ネタバレ感想トリビア紹介

1930年代後期にチャールズ・アダムスにより生み出された作品といえば「アダムスファミリー」。元々は『ニューヨーカー』誌に掲載された一コママンガだったものの、人気を読んだ結果さまざまなメディアで展開されてきました。

全盛期はだいたい2000年以前で、その後はさほど目立った様子はなかった様子。しかしながら今回、3DCGアニメーション映画として久しぶりに復活します。

そこで今回は、海外では2019年に公開された3DCGアニメーション映画『アダムスファミリー』についてネタバレやトリビア、感想など書いていきます。

3DCGアニメ映画『アダムスファミリー』作品紹介

タイトル:(原題:The Addams Family)
監督:グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン
脚本:マット・リーバーマン
公開日:2019年10月11日(海外)
上映時間:87分
キャスト:オスカー・アイザック、シャーリーズ・セロン、クロエ、モレッツ、フィン・ウルフハート、ニック・クロール
簡単概要:一コママンガから生まれた大人気作品「アダムスファミリー」の映画最新作であり、3DCGは初めて。豪華すぎる声優陣のもと、丘の上に住むお化けの住人たちが面白おかしいホラー・コメディを繰り広げます。

3DCGアニメ映画『アダムスファミリー』登場人物

ゴメス・アダムス
アダムス家族の大黒柱で、中肉中背の見た目が不細工な男性キャラクター。家族をこよ泣く愛していて、特に妻のモーティシアを好みます。陽気で積極的な性格も特長。プラス思考も相まって、話がケントウチカな方向に進むこともあります。

モーティシア・アダムス
アダムス家の妻であり、魔女の血を受け継ぐキャラクター。冷静沈着な性格をしており、物事を決めるときはどちらかというとゴメスよりも頼りになります。ただ自分の決めたことに自信を持っており、子供に思想を押し付けるような姿が難点。

ウェンズデー・アダムス
アダムス家の長女。

パグスリー・アダムス
アダムス家の息子

フェスターおじさん
ゴメスの兄。

ハンド。

グランドマ
おばちゃん。

マーゴークス・ニードラー
TV番組の司会者。

パーカー
マーゴークスの娘。

べサニー
いじめっ子。

そのほか登場人物
トラディ・ピッカーリング
ノーマン・ピッカーリング
ミズ・グレーブリー
レイラ&ケイラ

キャンディ
ミッチ
デニス
ラーチ
グレン
フランプ

3DCGアニメ映画『アダムスファミリー』ネタバレ内容を詳しく紹介

『アダムスファミリー』ネタバレあらすじ.起

結婚式の夜

ゴメス・アダムスとモーティシア・アダムスは結婚式を挙げます。しかし結婚式は、アダムス一家をよく思わない群衆によって台無しにされました。

群衆は逃げようとするアダムス一家に対して、橋を燃やすことで妨害。対するゴメスや兄のフェスター
と叔母は協力しあい、群衆にもみ合います。

ゴメスとモーティシアは群衆が自分たちを受け入れてくれないという事実に嘆き、このようなことが起きないような場所としてニュージャージ州ウェストフィールドに逃げることに決めました。

新居の発見

モーティシアとゴメスは新しい家を求め、体がない手だけのハンドと共に移動。そんななか、精神異常者の収容施設にいたと思われるラーチと呼ばれる大男に遭遇します。

それから2人は、丘の上にポツンと立っている孤児院の洋館を発見。朽ち果てオンボロになっている孤児院でしたが、その場所こそ2人にぴったりと思い込んで住むことにしました。

そこでハンドとラーチは、ピアノでアダムスファミリーのテーマを演奏しています。

『アダムスファミリー』ネタバレあらすじ.承

13年後

ゴメスとモーティシアが結婚してから13年後。

2人はウェンズデーとパグスリーという名前の子供たちと共に、丘の上の洋館に住んでいます。ある日いつものようにモーティシアは、生きた木のイシャボッドで子供を起こしました。

娘のウェンズデーは起床した際、家の門の向こう側からリンリンと自転車の音を鳴らすパーカーという名前の少女の姿を確認。

ウェンズデーは門を閉めることで反応したものの、パーカーは気味悪がって逃げていきます。

いっぽうパグスリーは、あまりにも早く動いているゴメスに向かって自作のミサイルや爆発物を投下。しかしながら当てることはできません。

なお、アダムス一家にはマズルカと呼ばれる伝統がありました。この伝統は来たる日に子供が行う儀式のようなものですが、パグスリーは自分のやり方を考案。しかしながらゴメスは、伝統のやり方を守ることを望んでいる様子です。

マズルカの準備

ゴメスとモーティシアは親戚が集まるマズルカに備え、準備を開始。

門の外の世界をよく知らないウェンズデーは「向こう側には何があるの?」と尋ねますが、民衆から迫害を受けたことのあるモーティシアは言葉を濁します。

いっぽうパグスリーの爆弾を窓から放つモーティシア。ちょうどそれはお風呂に入っていたフェスターに当たり、家族が集まる場所に落ちてきました。

マーゴークス・ニードラー

アダムス一家が住む場所には、リアリティ番組の司会をしているマーゴークス・ニードラーという人物がいます。

マーゴークスは自身が主演であるホームメイクオーバープログラムという番組を録画。完璧な街であることを誇る街の設計も担当していました。

いっぽう番組の録画の後、マーゴークスの娘パーカーは丘の上で奇妙な体験をしたと主張。しかしマーゴークスは娘の言うことを信じようとはせず、望んだ通りの行動を行うよう命じます。

そこでパーカーは自転車に乗ってアダムス邸宅の近くまで行き、風船を浮かべていました。

霧の解放

ウェンズデーはパグスリーのマズルカの準備について、手伝いを提案。しかしながら目的は、パグスリーを生き埋めにする遊びをしたいだけでした。

そんななか、マルゴーのテーピングが付いた風船がアダムス邸に到着。ウェンズデーはそれを手に取ったものの、モーティシアは「普通こういうのには殺人ピエロがついているもの」と言います。

そのとき、アダムス邸の周辺にかかっていた霧が消失。アダムス一家は閉じこもることで民衆との関わりを絶っていましたが、風船を気に街中へ行ってみることにしたようです。

ペットのライオン、キティ・カットと共に街に出たアダムス一家は、民衆から畏怖の目で見られます。

そんななか、パーカーとその友人グループが歌と踊りについて説いている場面に遭遇。そこでフェスターはコウモリの群れを出現させ、パーカーたちを散り散りにさせました。

いっぽうマーゴークスは、霧が晴れたことで丘の上に立っている不気味な邸宅の存在に気づきます。そこでマーゴークスは街のために邸宅の修理を申し出。ゴメスとモーティシアの2人は、それに同意します。

『アダムスファミリー』ネタバレあらすじ.転

マーゴークスの訪問

翌日、マーゴークスはアシスタントのグレンやカメラマンのデニス、マイクを持ったミッチと共にアダムス邸宅を訪問。

そこでマーゴークスと共に来た人たちはアダムス一家の生活に恐ろしく動揺します。マーゴークスはそれでもアダムス邸宅の直したい場所を発見。ただ、直すべき場所はほとんどすべてでした。

時間を空けてゴメスとモーティシアはマーゴークスたちがやりたいことを全て終えたと思い込み、感謝の気持ちを述べます。その頃マーゴークスと一緒に来た3人は、邸宅が怖すぎてこっそり逃げ出していました。

マーゴークスは街のなかに売ろうと思っている家があると告白。そこでゴメスたちは、ちょうど親戚が来るからそこに住まわせたいと言います。

アダムス一家の存在が自分の進める完璧な街づくりにおいて脅威になると感じたマーゴークスは、どんな犠牲を払ってでもアダムス邸を何とかしようと決心しました。

いっぽうマーゴークスと一緒に来ていたパーカーですが、締め出されたため外で待機。しかしウェンズデーに遭遇し、2人はんだんかんだで仲良くなります。ウェンズデーは話のなかで、学校に興味を持ちました。

初めての学校

ウェンズデーは両親に対して、パーカーと一緒に学校へ通いたいと報告。モーティシアは消極的でしたが、ゴメスはよい機会と考えて許可します。

学校では、パーカーの数少ない友人である双子のケイラとレイラに遭遇。

なお、パーカーは学校で意地悪なベサニーという女の子からいじめを受けていました。その日もバックパックにカビ付きサンドイッチや子供の炭酸飲料を入れられるなど散々です。しかしながらウェンズデーは、パーカーを庇ってベサニーを離れさせます。

学校の授業では、カエルの解剖実験をすることになった模様。そこでウェンズデーはカエルをゾンビ化させるような装置を使い、復活させました。

復活したカエルたちはベサニーに襲い掛かり、ほかの生徒や先生をパニックにさせます。みんなどこかへ行ったあと、パーカーやレイラとケイラ、それにウェンズデーは改めて友人関係を構築します。

ウェンズデー反抗期

ウェンズデーは学校から自宅に帰還。しかし自宅に来たのはピンクのユニコーンベレーを身に着けた祖母であり、モーティシアは酷く困惑します。

いっぽうウェンズデーは、パーカーの家を訪問。そこで2人は、母親が自分たちの行動を決めるばかりで自主性を与えられていないという事実に不満を言い合いました。

そこでパーカーは髪を黒く染め、ゴシック調の姿に変身。ウェンズデーは暗い見た目から、明るい見た目になります。様子を見た母親たちは、全然いい反応はしませんでした。

モーティシアは娘の行動に悩み、亡くなった両親のビルとメアリーに相談。ビルとメアリーは「ウェンズデーは現在自分について模索しているだけで、最終的には正気に戻るはずだ」とモーティシアに伝え、安心させます。

ウェンズデーの反抗とパグスリー

パグスリーのマズルカに備え、ゴメスとフェスターは剣を使って実践的な手助けを実行。しかしながらパグスリーはあまりうまくできず、ゴメスのスキルに対する自信の明らかな欠如に落胆します。

いっぽうウェンズデーは、モーティシアと口論してからパグスリーに家出すると報告。結局パグスリーは母親に伝えようとしますが、すでにウェンズデーは家を離れていました。

ウェンズデーがパーカーの家に行くと、何やら携帯を探している様子。2人は監視カメラがそこらへんにある家のなかを探し回っていたものの、マーゴークスが気づいて屋根裏部屋に閉じ込められます。そこでウェンズデーは、鍵を開けることに成功して脱出しました。

『アダムスファミリー』ネタバレあらすじ.結

怒りの群衆とマズルカの始まり

アダムス一家は街に馴染むための行動と、迫るパグスリーのマズルカのため親戚を迎え始めます。親戚にはいとこのイットや、祖母の妹でパグスリーのマズルカを楽しみにしているグレート・アウンティ・スロームなどが来ました。

いっぽうマーゴークスは、アダムスにまつわる悪い噂を街で流すことで、群衆の怒りを扇動。街の群衆はアダム邸宅に集まり始めます。

そのころアダムス邸宅では、パグスリーのマズルカが開始。しかしパグスリーは思うようにできず、失敗のような形で進みます。様子を見ていたゴメスは、伝統よりもパグスリー独自のやり方を重んじるべきだったと後悔しました。

すると突然、アダムス邸宅の中に石が飛び込みます。どうやらマーゴークスが先導してアダムス邸宅の破壊や、ゴメスたちを始末しようとしている模様です。

石は大小さまざまで、巨石を投げつけるカタパルトまで用意されている様子。そこでアダムス一家はみんなで集まっていると、ウェンズデーがイシャボッドを使ってみんなを救出します。パグスリーは持っていた爆薬を使い、カタパルトの破壊に成功していました。

愛のある家族

街の群衆が集まるなか、アダムスと親戚はみんなで目の前に姿を現します。そこで自分たちが無害であること、愛情のある家族であることを告白しました。

いっぽうマーゴークスは、再び群衆を煽ることで怒らせようと模索。しかしながらウェンズデーとパーカーは隠しカメラの件などを群衆に説明し、疑いの目をマーゴークスに向けさせます。

最終的に群衆はアダムス一家を受け入れ、行いについて謝罪。マーゴークスは、自身のテレビ番組の中止を言い渡されました。

その後、破壊されたアダムス邸宅は街のみんなの助けもあって再建。

マーゴークスはゴメスの兄だったフェスターとなぜか結びつき、アダムス家に同化する家を共に売っていました。

最後に家族全員が集まり、集合写真を撮影して終わります。

3DCGアニメ映画『アダムスファミリー』にまつわるトリビア

ゴメズのモデル

本作に登場するアダムス家の大黒柱ゴメズ。原作者でもあるチャールズ・アダムスがゴメズの外見に関してインスピレーションを得たのは、俳優のピーター・ローレからでした。

ピーター・ローレは映画『海底二万哩』などで知られるハリウッドなどで活躍した人物です。

ちなみにモーティシアの外見は、グロリア・スワンソンが元ネタ。

映画の舞台

本作でアダムス一家が住んでいたのはニュージャージー州ウェストフィールドという場所でした。

この場所は、シリーズ産みの親でもあるチャールズ・アダムスが生まれ育ったところです。

 

キャラクターデザイン

「アダムスファミリー」関連の作品はドラマや映画、アニメなど色々あり、3DCGは今回が初めて。

そのなかでキャラクターのデザインはそれぞれ異なるわけですが、今回の作品は1938年に『ニューヨーカー』誌に初めて登場したアダムスファミリーの外見を踏襲しています。

実際、ゴメスの映画版の外見はスラっとした細身が特徴。対する本作のゴメスは、中肉中背で小太りかつ目が大きい不細工な外見です。

また叔父のフェスターに関しても、相当奇妙な外見をしています。実写版と違ってアニメであることから俳優の外見に依存しないのが功を奏している模様。

「イットのオマージュ」

本作に登場するモーティシア・アダムスは、「普通は風船の端っこに殺人ピエロがくっついているものだ」といったセリフを言います。

このセリフは映画「イット」シリーズに登場するペニー・ワイズと呼ばれるピエロ姿の怪物に言及するもので、オマージュです。

なお、本作に出てくるパグスリーの声を担当したのはフィン・ヴォルフハルト。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり』で子供時代のリッチーを演じてました。

映画製作

本作の映画化権は「ミニオンズ」シリーズで知られるイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・ピクチャーズが共同して持っていました。

このときの『アダムスファミリー』はティム・バードンが脚本・監督を担当し、チャールズ・アダムスの原画に基づいたストップ・モーションアニメになる予定だったとのこと。

しかしながら計画は2013年7月に中止。上記にあるようなティム・バートンやイルミネーション・エンターテインメントの関りはなくなり、本作に繋がります。

ウェンズデーのペット

本作でアダムス家の娘のウェンズデーは、ソクラテスと呼ばれるタコを飼育していました。

オリジナル版の場合は、息子のパグスリーがアリステレスという名前のタコを飼育しており、原作と設定が異なります。

ハンド

映画に登場するハンドは、本来は右手。今回は左手だった模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です