映画

映画[ジャスティスリーグ2]続編のあらすじ内容・公開日最新情報

映画[ジャスティスリーグ]の続編製作が決定!

DCEU作品軍の中でもヒーローたちが同じ場所に集まり敵と戦う作品として人気を読んだ映画[ジャスティスリーグ]。2017年末に公開されたこの映画はすでに続編の公開が決定しているとの情報が発表されていました。今回はそんな映画[ジャスティスリーグ2]続編に関する情報をお届けします。

映画[ジャスティスリーグ]について軽いおさらい

バットマンやワンダーウーマンをはじめとしたヒーローたちが一挙に集まり「ジャスティスリーグ」と呼ばれるチームを結成するこの映画についてまずはおさらいをしておきましょう。

まず映画[ジャスティスリーグ]は同じくDCEU作品群の中の「バットマン vs スーパーマン」の後の話となっています。「バットマン vs スーパーマン」ではスーパーマンがヴィランと戦ったことで自らの命を犠牲にしてしまいました。

これを見たバットマンは自分の裏で活動するヒーローという位置づけの考えを改めます。その考えとしてまずブルース・ウェイン(バットマン)は信頼性を得ることが大事だと思いつきます。

バットマンはさらにチームを結成しようという考えに至り、その候補としてワンダーウーマン・フラッシュ・アクアマン・スーパーマン・サイボーグを上げます。最終的にこの5人は結託して「ジャスティスリーグ」というヒーローチームを結成することになるのです。

また本作でのヴィランは別の惑星から来たステッペンウルフとその手下のパラデーモンでした。ヴィランたちは地球上にある3つに別れたマザーボックスを同じ場所に集め、そのパワーをものにしようとしていたわけです。

そして最終的にはマザーボックスはヒーローたちのおかげで敵の手に渡ることなく解決に至ります。

sponcerd link

映画[ジャスティスリーグ2]続編のヴィランとしてデスストロークが登場か?

映画のエンドロールのおまけ映像として公開された映像ではレックスルーサーが牢屋から逃げ出してどこかに居る場面が映し出されていました。そしてそこにマスクの男が現れたわけですが、実はこの男の正体はデスストロークと呼ばれるヴィランです。

「死の一撃」という異名を持つこのデスストロークの本名はスレイド・ウィルソン。かつて米軍に入ったのち傭兵部隊に入り、その後人体実験によって超人的な能力を手に入れた暗殺者です。

そんなデスストロークがエンドロールのおまけ映像として出てきたということは続編のヴィランとして登場することが極めて高いということがうかがえるでしょう。

ちなみにこのデスストロークは単独映画作品の公開も決まっているらしいですよ。

sponcerd link

映画[ジャスティスリーグ2]続編のヴィランチームにインジャスティスリーグが登場の可能性!

インジャスティスリーグはジャスティスリーグに対抗して作られたヴィランのチームです。つまりDCコミックスの悪役キャラクターたちは集まっているチームということですね。

そんなインジャスティスリーグが登場することを予想できるには理由はあります。それはおまけ映像でレックスルーサーがデスストロークに言った発言です。

実はこのときレックスルーサーは「自分たちもチームを作ろう」と提案しているのです。これはつまりレックスルーサーが率いるチームを作る=インジャスティスリーグではないかということになるのです。

ちなみにこのインジャスティスリーグが出来た経緯はジャスティスリーグが異次元から来たクライム・シンジゲートになすすべなくやられてしまったということも上げられます。

DCコミックスとしても存在するため読んでみてもいいかもしれません。

映画[ジャスティスリーグ2]続編の公開日はいつになる?

DCコミックスのヒーローやヴィランが一堂に介する映画[ジャスティスリーグ2]続編の全米公開日は当初の予定では2019年6月14日とされていました。

しかしながらこの日付は現在チャラになっており、映画[ジャスティスリーグ2]続編よりも先にブルース・ウェインことバットマンの単独映画の公開が決まっているようです。

つまり映画[ジャスティスリーグ2]続編についてはバットマンの単独映画よりも後になるということです。それがいつになるかはわからないところですが、今後のDCEU作品の公開予定を考えると2020年ごろの公開が濃厚でしょう。

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA