ブラックオーダーとは?サノス最強の部下5人の能力特徴解説【マーベル映画インフィニティウォー アベンジャーズで敵として登場】

マーベル映画アベンジャーズのポスター

2018年4月27日よりほぼ全世界での公開が予定されているマーベル映画『アベンジャーズ インフィティウォー』。今回の敵は史上最恐の敵(スーパーヴィラン)として知られる「サノス」なわけですが、敵はサノスだけではないそうです。

では何が敵(ヴィラン)として登場するのかと言えばそれはサノスの「部下」のような存在でした。部下の組織の名前は「ブラックオーダー」。サノスはこの部下たちである「ブラックオーダー」を従えてアベンジャーズたちや地球を襲うことになるようです。

サノスと言えば映画版だとネビュラやガモーラ、クリー人のロナン、チタウリを率いるジ・アザーなどの仲間がいましたがこれらは全然役に立つことなく部下に恵まれない状況でした。

しかしそんなサノスにも頼れる部下たちで構成された「ブラックオーダー」がついたということでマーベル映画『アベンジャーズ インフィティウォー』ではついに劣勢を強いられることになるかもしれません。

ということで今回はそんなサノスの部下たち「ブラックオーダー」に焦点を当てて構成メンバーの紹介などをしていきたいと思います。

『アベンジャーズ インフィニティウォー』ネタバレなしを色濃く解説した記事もあります↓

[アベンジャーズインフィティウォー]あらすじ公開日情報完全網羅解説【映画MCUマーベルシネマティックユニバース最高傑作】

2018.03.29
ースポンサードリンクー

マーベルコミックで「ブラックオーダー」が初登場したのは意外と最近?

https://www.amazon.co.jp/

実はこの「ブラックオーダー」が原作コミックスに登場したのは2013年のことであり、比較的登場した時期は最近です。なんでもアベンジャーズ誌とニューアベンジャーズ誌を中心に描かれたクロスオーバーシリーズの「Infinity」で登場したのだそうです。

このクロスオーバー作品では地球のヒーローたちが地球を離れて別の脅威と戦っている間にサノスと部下がヒーローの少ない地球に襲い掛かるようなストーリーになっていて、地球は地味に劣勢になっています。

2013年と言えばマーベルシネマティックユニバース(MCU)シリーズは絶賛進行中ですから「ブラックオーダー」の人気を見た上で部下として登場させるのがいいのかもということになったのかもしれません。

ースポンサードリンクー

サノスがインフィニティストーンを集めるのと時期は合っていない

https://www.amazon.co.jp/

マーベルシネマティックユニバース(MCU)の映画『アベンジャーズ インフィティウォー』の原作と考えられているのは1990年代に人気を博したインフィティシリーズであり、インフィティシリーズ3部作の中でも「インフィニティガントレット」を中心にした話とされています。ちなみにタイトルは2部作目の「インフィニティウォー」からとっています。

ただ1990年代にはサノスの部下として「ブラックオーダー」は登場しておらず登場したのは2013年ということで時期があっていません。

まぁクロスオーバー作品なので映画に登場するなら特に問題はないのですが、一応知識として「ブラックオーダー」の初登場時期と映画『アベンジャーズ インフィニティウォー』の原作と考えられている「インフィニティガントレット」とは時期が合わないということを紹介させていただきました。

サノスについてはこちら↓

サノスとは?マーベル最恐敵の能力強さ10の驚愕の設定事実に迫る【MCUマーベルシネマティックユニバースのアベンジャーズインフィニティウォーで登場】

2018.03.28

映画での登場が確定したのは2017年夏

映画『アベンジャーズ インフィニティウォー』でブラックオーダーが登場するということが確定したのは2017年夏に行われたD23 Expoでした。D23 Expoはディズニーが主催するファンイベントのようなもので、その場でサノスのキャストとともに等身大サイズの「ブラックオーダー」のメンバーが発表された形になります。

ただその場所ではサノスとブラックオーダー4人が公開されただけで残りのもう1人が映っていません。そのため5人全員がブラックオーダーとして登場するのかはわからないところになっています。

ースポンサードリンクー

サノスの最強の部下ブラックオーダーの5人のメンバーをご紹介!

ということブラックオーダーの5人を紹介していきたいと思います。「Cull Obsidian(選ばれし黒曜石)」とも呼ばれる5人をご覧ください。

サノスのお気に入り”コーヴァス・グレイヴ”

ブラックーオーダーの中でも一番最初に選ばれサノスの一番のお気に入りであるコーヴァス・グレイヴは残忍かつ傲慢、しかし忠誠心は高く自らの民族をも裏切りサノスについたキャラクターです。

サノスのためなら惑星の隅々にまで視点を広げてサノスのために貢献出来るよう血眼になっています。

その力は圧倒的なパワーで敵を押さえつけるだけでなく高いスピードも持ち合わせています。手に持っている武器は「異次元の剣」などと呼ばれ、この武器が破壊されない限り不死身です。

ブラックオーダー1の最強”プロキシマ・ミッドナイト”

https://www.amazon.co.jp/

5人のブラックオーダーのメンバーの中でも一番強いとされるプロキシマ・ミッドナイトは最も残忍な性格をしているといわれる女戦士です。またコーヴァス・グレイヴとは元妻に当たります。

あらゆるものを略奪しようとするプロキシマの持つ武器は代替現実の中に囚われていた惑星や太陽、ブラックホールといった強大なパワーによって作られた槍(スピア)であり、この武器を投げることで3つの黒いビームが発生するため狙われた者への攻撃が外れることはありません。

話術に長けた鬼才”エボニー・マウ”

戦闘技術は一切持ち合わせていないキャラクターなので特に危険性はないと思われがちです。しかし実際は天才的な頭脳と巧みな話術に長けており、行く先々でウソをばらまいています。そんな嘘も巧みに構成されているためどれが嘘でどれが真実なのかの区別がつきにくく実はメンバーで一番危険な存在。

ドクター・ストレンジもエボニー・マウの巧みな話術で操られたこともありました。

サノスを凌ぐ巨体”ブラック・ドワーフ”

ドワーフという名前から小さなキャラクターを思わせますが、実際はブラックオーダーどころかサノスを凌ぐ巨大な体を持ち斧武器で襲い掛かります。

筋肉質な体から放たれるパワーはまさに脳筋そのものですが、筋肉自体も非常に硬いためどんな武器で攻撃しても皮膚を突き破ることが出来ない優れた耐久性も持ち合わせています。

テレパシー系”スーパー・ジャイアント”

今まで何をしていたのかは特にわからないスーパージャイアントは強大なテレパシー能力を持っている女系のキャラクターです。テレパシー能力のほか相手の心を読んでマインドコントロールをすることも可能。また他者の知性までも吸収することができ、サノスとは常にテレパシーで繋がっています。

D23 Expoにおいてスーパージャイアントだけはその姿が確認されていないため映画『アベンジャーズ インフィニティウォー』では登場しない可能性も。

日本版予告編に映るブラックオーダーのメンバー

こちらの予告編映像を見ることでブラックオーダーのメンバーの実写版の姿も見ることが出来ます。

まずは1分28秒あたりを見てみましょう。左から順番にプロキシマ・ミッドナイト、ロキ、エボニー・マウ、コーヴァス・グレイヴ、ブラック・ドワーフらしきキャラクターが並んでいる様子を見ることが出来るはずです。

1分39秒あたりにはエボニー・マウがドクター・ストレンジっぽい人物に針のようなもので攻撃を仕掛けている場面も。

こちらの予告編映像では1分35秒と1分43秒をご覧ください。それぞれプロキシマ・ミッドナイトが槍を投げる姿とコーヴァス・グレイヴがヴィジョンからマインドストーンを奪おうとしている様子が映し出されています。

マーベル映画『アベンジャーズ インフィニティウォー』は2018年4月27日公開

ブラックオーダーとは何かについて説明させていただきました。予告を見てもスーパージャイアントだけは映っていないためもしかしたらブラックオーダーは4人構成となるのかもしれませんね。公開を楽しみに待ちましょう。

[アベンジャーズインフィティウォー]あらすじ公開日情報完全網羅解説【映画MCUマーベルシネマティックユニバース最高傑作】

2018.03.29

マーベルシネマティックユニバース(MCU)の解説記事はこちらです↓

【2018年】MCUマーベルシネマティックユニバース完全解説!見る順番時系列フェイズ他基礎知識&シリーズ全作を解説【アベンジャーズを主軸にした超大作シリーズ】

2018.03.28



マーベル映画アベンジャーズのポスター

映画を見るなら!漫画や雑誌も読めるユーネクスト



  • 12万本以上の作品
  • 31日間無料
  • スマホ・パソコン・タブレット・テレビ対応
  • 動画をダウンロードして見れる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です