映画

「ガーディアンズ」ロシア映画のあらすじ超人能力紹介!見どころ・キャストと監督も解説!

2017年8月にYoutubeにいきなり投下され話題を集めていたロシア産映画「ガーディアンズ」の日本公開が間近に迫る!

ロシアではすでに公開されて初登場No.1を記録したこの映画はマーベルなどのアメコミヒーロー顔負けの作品です。

その設定はまさに露製”X-MEN”といったところでしょうか。

クマになる男や擬態する女などX-MENそのものです。

ポスタービジュアルでも「マーベルへの挑戦状だ!」と謳っている通り完全にアメコミを意識しています。

今回はそんなロシア産X-MEN映画「ガーディアンズ」についてあらすじキャストやキャラクター情報など書いていきましょう。

ロシア映画「ガーディアンズ」のあらすじ

ソヴィエト時代の闇が国家を滅ぼそうとしたとき、4つの力にその希望は託された-。

冷戦下のソヴィエトで違法な遺伝子操作により特殊能力を持つ兵士を生み出す”パトリオット計画”が進行して超人部隊が生み出されようとししていた。

しかし名声を独占しようとした組織の科学者クラトフの裏切り行為によって研究所は爆破されて超人たちも姿をくらませる。

それから50年後、科学者クラトフは自身も超人的な能力を身に着けてロシアを崩壊させようとするが、パトリオットはかつて姿を消した超人たちを見つけ出してこの危機から国家の崩壊を防ごうとする。

これによって集められたのは4人の超人アルスス、レア、ハン、クセニアだった。

彼らは失ったアイデンティティを取り戻すために国家に協力して科学者クラトフを倒すことを決意する。

結成されたチームは”ガーディアンズ”。
彼らは国家の最後の希望

あらすじを見るとまさに”ロシア”だな!と感じる設定ですよね。

人体実験によって超人を作るとか戦時中のロシアは本当にやってそう・・・w

sponcerd link

ロシア映画「ガーディアンズ」の超人4人の能力とは?

ガーディアンズで出てくる4人の能力はそれぞれどのような能力なのか?
キャラクター別にその能力についてまとめました。

クマに変身するアルスス

アルススは天才科学者で熊に変身する超人です。

見た目はなんというかウルヴァリンに微妙に似ていますね!
というかビジュアル完全にウルヴァリン意識しt・・・なんでもないです。

アルススは熊になると獣のパワーを持ち、超人的な力で押していくタイプに見えます。

ただ熊になったからといって知能が下がるというわけではなくトレイラー映像へは重い銃器をばんばんぶっ放していますね。

鉱物を操る超人レア

レアは年動力で鉱物を操れる超人。

実際そこらへんにある石類のようなものを磁石みたいにくっつけて鞭のように使い攻撃出来るようです。

さらに攻撃に使うだけでなく防御にも使うことができ、石を体にくっつけて防具みたいにしてますね!

剣の達人ハン

ハンは剣の達人。

しかも双剣使いで超高速で動けます。動画を見てみるとまさに超高速で動いて敵を切り倒していってますね。

なんというかDCキャラクターのフラッシュが頭に思い浮かびますが、彼は高速で動いている時に光の残像を残していくのでちょっと違いました。

ハンは黒いモヤを残している。

クセニア

クセニアは擬態能力を持つ超人です。擬態ということからそこらへんにある物に同化することで敵を欺き攻撃に転じたり隠れるということでしょう。

なにやら水みたいになったりもしている。

科学者クラトフ

もう1人忘れてはいけないのが今作の敵である科学者クラトフです。
クラトフについてはあまり語られていないので誰なんだろう?と思いましたが、ガーディアンズに攻撃している筋肉ムッキムキのハゲ頭のキャラがいたので恐らくその人がクラトフかな?

クラトフがムッキムキな体に装甲のようなものを取り付けることで力を増強するタイプと見て取れますが、映画を見てみないとわからないところです。

sponcerd link

ロシア映画「ガーディアンズ」の見どころは?

4人の超人能力者が国家の危機を救うわけですからやはり能力を使ったCGアクションこそがこの映画の見どころでしょう。

超高速で動くハンの動画トレイラーを見てみるとじゃっかん年齢制限が引っかかりそうな内容になっていましたが爽快なアクションを繰り広げていました。

CG映像もマーベル映画に劣らない高クオリティな映像を楽しめるので映像に目がいくタイプの人も楽しく見れそう!

ロシア映画「ガーディアンズ」の公開日は?

「ガーディアンズ」の公開日は2018年1月20日土曜日となりました!

新宿ピカデリーのほか全国で上映される予定となっています!

ロシア映画「ガーディアンズ」のキャスト

アントンパンプシニ
サンザールマディエフ
セバスチャンシサク
アリーナラニナ

ロシア映画「ガーディアンズ」の監督はサリク・アンドレアシアン

映画『ガーディアンズ』の監督は、サリク・アンドレアシアン。

代表作は「クライム・スピード」というアクション映画であり、彼のハリウッドデビューになっています。

その予告がこちら↓

ファミリーという言葉を聞くとワイルドスピードが思い浮かびますね。名前も微妙にワイルドスピードを意識しているように感じますが、あらすじを読んでみたらサスペンスアクションといった感じでそういうわけでもないようです。

あとなんか既視感を感じると思ったらワイルドスピードのミア役のジョーダナブリュースターが出演してた・・・w

クライムスピードに続きガーディアンズときた監督サリク・アンドレアシアンの自作がどうなることか今から見ものです。

ロシア映画「ガーディアンズ」まとめ

  • 日本公開日は2018年1月20日土曜日
  • 4人の超人が国家の危機を救う
  • 監督はサリク・アンドレアシアン
  • 見どころは派手なCGアクション
  • マーベルといったアメコミ映画好きな人には必見!

「ガーディアンズ」のあらすじキャストや見どころなど書いていきました。

これから上映が楽しみです!

[kanren postid=”1181″]
ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA