2019年公開予定おすすめ映画一覧

ディズニー実写版映画[アラジン]ネタバレやあらすじ日本公開日は?キャストなど最新情報[2019年公開]

1992年にアニメ映画が公開されて以降爆発的な人気を誇り、ミュージカルなどでもよく知られている作品の実写映画が2019年に公開されます。

その映画はディズニー実写版映画の[アラジン]。

砂漠を舞台に独特な雰囲気を漂わせるこの作品は数々の類似作品を生み出したりよく元ネタとしての価値を見出されたりなど今でも愛される名作です。

今回はそんなディズニー実写版映画[アラジン]に関する最新情報をあらすじネタバレ予想・公開日・キャストに分けてお送りします。

ディズニー実写映画[アラジン]の撮影が2018年1月に終了へ!

2017年8月ごろから撮影が開始されていたディズニー実写版[アラジン]が無事クランクアップを迎え、撮影が終了しました。

6ヶ月程度の撮影を最高に楽しみながら臨んだことをアラジン役とジャスミン役のミーナ・マスード&ナオミ・スコットが報告しています。

キャスティングには難航しているようにみえましたが撮影は順調に終わったということでこれからが楽しみですね!

ディズニー実写映画[アラジン]のネタバレやあらすじはどうなる?

ディズニー実写版[アラジン]は1992年に公開されたアニメ映画の[アラジン]の内容が主なストーリーとして構成されることが考えられています。

したがってアニメ映画[アラジン]の内容を知ることであらすじやネタバレを知ることが出来るのではないでしょうか?

ディズニーアニメ映画[アラジン]は3部作構成だった

忘れてはいけないのが1992年に公開されたディズニーアニメ映画[アラジン]は3部作として構成されていることです。その中でも特に有名なのが1作目で、続編を見なくとも1作目の完成度が高いのでそれで満足できる面白さになっています。

ここで問題となるのが実写版映画では3部作全てを通したストーリーを構成しているのか、1作目だけなのかという点でしょう。

実写版映画[アラジン]の続編を作るつもりならアニメ映画[アラジン]の1作目のみの実写化だったりするかもしれないですが、そうでなければ3作通してストーリーが構成されるかもしれません。

簡単にディズニーアニメ映画[アラジン]の1から3作目の内容を解説しますと

  1. アラジンとジャスミンが出会い、ランプの魔人を通して頭を使いながら悪の魔法使いを退治する。
  2. 悪の魔法使いが再び襲撃してくるので対峙する。
  3. アラジンの生みの親が判明し葛藤する。

このような流れになっています。

とりあえず実写版[アラジン]のストーリーに使われそうな1作目のあらすじネタバレだけしておきたいと思います。

ディズニー実写版映画[アラジン]のあらすじネタバレ予想

あらすじ
砂漠の王国アグラバーの王女ジャスミンは国王であり父でもあるサルタンに結婚を急かされていました。その一環としてサルタンに他国の王子を紹介されていましたが、みんな地位に目がくらむだけでジャスミン王女自身のことを見ているようには見えません。

ジャスミン王女は結婚するならちゃんと愛してくれる人がいいという考えだったため結婚をしたくはありませんでした。そこでジャスミンは変装しながら王宮を抜け出します。

一方アグラバーに暮らす貧しいけど純粋な心を持つ青年アラジンは市場でいつものように盗みを働いていました。そのとき変装したジャスミンが盗みの疑いをかけられていたため、それを助けます。

ジャスミンは助けられたことでアラジンと心を通わせますが、アラジンは王女を誘拐したという罪を着せられてしまい牢獄に入れられてしまいます。しかしそれは王国を支配しようとする国務大臣で魔法使いのジャファーの仕業によるものでした。
またジャファーの狙いはアラジンに魔法の洞窟から魔法のランプをとってこさせようとするという狙いがありました。

ジャファーは老人に変装してアラジンに魔法のランプをとってこさせるため脱獄させます。見事アラジンはランプをとってきましたが渡すことは拒否しました。それに対してジャファーはアラジンを洞窟に閉じ込めてしまいます。

アラジンは脱出経路を失ってしまいましたが、偶然にもランプを擦ってしまったところ中からランプの魔人ジーニーが現れます。ジーニーは強力な魔法を手に入れていましたがランプに長い年月を囚われていました。

しかしその割には陽気な性格で願い事を3つかなえてくれると言います。これに対してアラジンは3つ目の願いでランプから開放すると言い、アラジンはジーニーを連れてジャスミンとの関係を良くすること、ジャファーを倒すことなどを目的に活動を始めます。

ディズニー実写映画[アラジン]の登場キャラクター/キャストは?

主人公アラジン役に無名だったミーナ・マスード

両親を失い1匹の猿アブーととともに貧乏暮らしをしている青年。史上に繰り出すとコソ泥などをしながら生活しており、ドブネズミなどとも呼ばれています。

その名前とは対称的に優しい心の持ち主で貧しい人に食料を与えるなどしていました。またそのような生活ぶりだったため王宮での生活に憧れを抱いています。

演じるのはミーナ・マスード。もともとは大規模なオーディションが開催され、その中には名のある俳優もいましたが最終的に選ばれたのがこの無名だったミーナ・マスードさんでした。

日本ならこういう場合出来レースのゴリ押し俳優が選ばれたりしますが、海外だと実力があれば無名でも選ばれるんだなという夢があっていいものですね。

ランプに囚われた魔人ジーニー役にウィル・スミス

魔法のランプに長い間囚われているジーニー。平和や秩序を乱すような願い事以外なら呼び出したものの願いを何でも3つまで叶えてくれます。
長いことランプの生活をしているためいつか自由の身になったとき世界中を旅する旅行に出たいと考えていました。

陽気な性格でアラジンとも仲が良いです。

演じるのはウィル・スミス。
数々の名作に出演しているウィル・スミスは最近で言うとスーサイドスクワッドやNetflixオリジナル作品のブライトで主演を務めるなどしています。

ランプの魔人ジーニーに特殊メイクで挑むのかCGに対して声充てをするのかは疑問に思いますが、どちらにせよおもしろそうです。

王女ジャスミン役にナオミ・スコット

「アラジン」のヒロイン。王宮で暮らす王女で父親は国王のサルタン、母親は亡くしているため父親と2人暮らしをしています。
サルタン国王からは結婚を急かされていますが、王子としか結婚できないという制約の中で地位の価値しか見てくれないような人たちしかいないことに辟易していました。

そこで変装して王宮から抜け出したところをアラジンと出会い、彼の優しい心や自由な生活に憧れ惹かれます。

演じるのは映画『パワーレンジャー』に出演したナオミ・スコット。火星に取り残された男性が知識を駆使して生活し、見事地球へ生還する映画『オデッセイ』でも出演を果たしていたナオミ・スコットは『パワーレンジャー』でピンク役を演じていました。

悪の魔法使いジャファー役にマルワン・ケンザリ

本作のヴィランにして魔法使いの国務大臣ジャファー。あの手この手を使って魔法のランプを手に入れ強大な力を得ようとアラジンたちに攻撃を仕掛けてきます。

演じるのはマルワン・ケンザリ。

サルタン国王役にネビッド・ネガーバン

砂漠の王国アグラバーの国王にしてジャスミンの父親。普段からおっとりした性格でジャファーによって度々催眠術をかけられてしまいます。
ジャスミンの将来を心配して結婚を急かしていますが本人は乗り気ではない模様。

演じるのはマルワン・ケンザリ

ディズニー実写映画[アラジン]の日本公開日は?

ディズニー実写映画[アラジン]の全米公開日は2019年5月24日に決まっています。
ただ日本公開日は今のところ未定です。とはいえ有名作品の実写版ということですからそこまで日本公開日とのずれはないのではないでしょうか?

また本来の全米公開日は2019年12月20日となっていましたが、2017年12月に公開された映画[スター・ウォーズ/最後のジェダイ]の続編に当たる作品がその日付に公開されることとなったため入れ替わる形で2019年5月24日公開されることになりました。