2019年公開予定おすすめ映画一覧

『トイ・ストーリー4』見逃される10個↑のトリビア徹底紹介

映画『トイ・ストーリー』に関連するトリビア

ダッキーが言っていた「君はおもちゃだよ」という言葉。『トイ・ストーリー』ではバズ・ライトイヤーが初めて登場した際に、ウッディが同じ発言をしています。

本物の宇宙レンジャーだと思い込んでいるバズに対して、ウッディが「君はおもちゃだよ」と言った部分です。


道路の端っこをウッディがフォーキーと共に歩いていた場面。ウッディはバズ・ライトイヤーが初めて登場した際の出来事について、フォーキーに語っている部分が見られました。


ダッキーがバズ・ライトイヤーの頭を足で打ち続けていた場面。バズはヘルメットを使って足の攻撃を防いでいますが、同じことをウッディに対してやっています。ただしウッディは手でバズを殴っていました。

映画『トイ・ストーリー3』に関連するトリビア

『トイ・ストーリー4』は、シリーズ前半の2作品に続いてボー・ビープの運命を描く内容でした。また、ボービープの行方は3作目でわからなくなっていたものの、今回で売られたり寄付されたりしていたのではないか、ということが判明します。


ウッディがフォーキーに対して人生について話していた場面。そこでウッディは、最初の持ち主だったアンディがどのようにボニーへおもちゃたちを手渡したかについて言及していました。

そのほか映画『トイ・ストーリー4』のトリビア

1988年にピクサーが公開した短編映画『ティン・トーイ』。そのなかに音楽を作るティニーというキャラクターがいました。そんなティニーが、本編に登場。ティニーはピンボールの機械から現れて、ボーとウッディのためにドアを開けています。


デューク・カブームが初めて登場する場面。なかなか奇抜な動きをしているものでしたが、『インクレディブル・ファミリー』でジャックジャックが登場したときのモーションと似たものでした。


本編は暴風雨が吹き荒れる夜から始まった『トイ・ストーリー4』。そのなかでアンディの部屋にあるカレンダーが映っていましたが、そこには『バグズ・ライフ』で歓迎会に出席するバグの姿が見られます。

また、カレンダーには『トイ・ストーリー2』のなかにある『バグズ・ライフ』のコンセプト画像も確認可能です。


ハロウィンテレビスペシャルの『トイストーリー・テラー』には、オールドタイマーと呼ばれるキャラクターが出てきます。そんなオールドタイマーですが、ボニーの部屋のクローゼットにいることが確認できました。


『I Can’t Let You Throw Yourself Away』をフォーキーが歌っていたときにボニーの家族が訪れたのは、ディノコのガソリンスタンドとポルトライパレイスというレストラン。


ギャビー・ギャビーのいる骨董品店「Second Chance Antiques」には、過去作品からいくつかのアイテムやオマージュがありました。
・キャシージュニアのクッキー箱、『バグズ・ライフ』のサーカスワゴンとして使用
・ウォーリー・Bの名前と画像が入ったナプキン
・トイ・ストーリーからエッグマン・ムーバーズを宣伝する1950年スタイルの看板
・「Lifted」 、 「Lava」 、 「Knick Knack」 というタイトルのボードゲーム。


ピザプラネットのトラックが移動遊園地のオーナーのタトゥーの形で登場しています。


ボー・ビープとウッディがデュークのランチャーを棚に積み込んでいるときのこと。その近くにはラッキー7というサインが描かれており、これはピクサーのスタジオにあるラウンジを表しています。


アンダーソンズの熱狂的なRV車を追いかけるパトカーには、モンスター社のCDAコードである「2319」という番号が付けられています。

映画『トイ・ストーリー4』のトリビア

ボニーは『トイ・ストーリー4』の主役の子供でした。ただ、ボニーの父親に関しては『トイ・ストーリー3』にほんの少しだけ写っていたことが明かされています。


映画の悪役のような位置づけで登場した骨董品店のギャビー・ギャビー。彼女には声帯がなく、アンディから奪おうとする場面が見られました。そんなギャビーですが、ピクサーのジョン・ラセターの子供時代に存在したあるものを参考にしているのではと言われています。

フレンドリー・ゴースト人形というものがあり、その人形にはギャビー・ギャビーのように声帯が壊れているという話です。


ウッディとギャビー・ギャビーが遭遇した際に流れた音楽は、「The Midnight,the Stars and You」という曲でした。

この曲は映画『シャイニング』にも使われており、ある意味オマージュとも取れます。


映画に登場するポテトヘッドと呼ばれるキャラクターは、ドン・リックルズが吹き替えを担当していました。しかし、ドン・リックルズ氏は『トイ・ストーリー4』の声充てをする前の2017年4月6日に亡くなっています。

それにも関わらず、映画ではしっかりと声があったのはなぜでしょうか。どうやら亡くなってからドン氏の家族に連絡を取り、これまでに録音してきた音声のなかから未使用のものを使う許可を得ていたようです。


『トイ・ストーリー3』のなかで主要なヴィランとして登場したキャラクターといえばロッツォ・ハグベアですが『トイ・ストーリー4』には登場してませんでした。

しかし、2015年のD23エキスポで『トイ・ストーリー4』が宣伝された際にはステージ上で確認できています。