2019年公開予定おすすめ映画一覧

ネタバレ映画『クロール -凶暴領域-』あらすじ内容ラスト結末まで紹介

サメについでパニック系映画のなかでも根強い人気を持つのがワニが登場する作品。そんなワニ映画が2019年にも公開されました。

今回のワニ映画はハリケーンとともにやってきたワニが一軒家を襲うというもので、予告の時点でなかなかの迫力。

それに加えて映画「メイズランナー」シリーズでヒロインを務めたカヤ・スコデラリオが主演とあって、注目が集まります。

ということで今回は、映画『クロール -凶暴領域-』のネタバレをあらすじラスト結末まで紹介します。

『クロール -凶暴領域-』.幼少期のヘイリー

ヘイリー・ケラーは水泳を得意とする女子大生。今日もフロリダ大学の水泳競技に勤しんでいます。しかし水泳でのタイムはついてこず、ベストを逃してしまいました。

それからヘイリーの幼少期の様子が描写。小さいころからヘイリーはタイムを競っていたものの、なかなか上手くいっていない様子です。

そんなヘイリーに対し、父親のデイブはまだまだやれると激励の言葉を浴びせていました。

『クロール -凶暴領域-』.父親の行方

水泳が終わったあと、ヘイリーは妹のベスからテレビ電話を受けます。ベスによるとカテゴリー5の大型ハリケーン(名前はウェンディ)が向かってきており、ちょうどフロリダを直撃するというお話。

ベスは父親のデイブから何も連絡がないことについて心配しており、まだ避難せずにその場にとどまっているのではないかと考えます。

またヘイリーとベスの両親は離婚済み。ヘイリーは父親のデイブについていってベスは母親についたという状態なので、不便な状態でした。

そこでベスは、父親に近い位置にいるヘイリーにデイブと連絡を取り合うよう進言します。

『クロール -凶暴領域-』.デイブの実家へ

避難勧告を受けてヘイリーはフロリダから離れようと車を運転していたものの、父親のデイブには未連絡。

そんななか道を進んでいくと、交通整理をしているベスの元恋人ウェインに遭遇します。

ウェインからどこに行くべきなのか案内を受けるヘイリー。それから父親のことが心配になったヘイリーは道を引き返し、デイブがいそうな場所に急ぎます。

『クロール -凶暴領域-』.ワニと実家

ヘイリーは父親の住むマンションに到着。しかしそこはもぬけの殻で、いたのはシュガーと呼ばれる犬だけでした。

父親がいないことをベスに伝えたヘイリーは、父親の居場所についてかつて両親と暮らしていた実家ではないかと思いつきます。

ヘイリーは実家にいこうとしたものの、ベスはハリケーンのこともあってそれを否定。通りの水位も上がっていて危険な状態でしたが、ヘイリーは言うことを聞かずシュガーを連れて行きます。

実家にたどり着くとデイブの車が車庫に残っていました。ヘイリーは家のなかに入ったものの誰も見つかりません。そこでデイブの携帯に電話をかけてみると、台所で携帯だけど発見。

それからシュガーの鳴き声を聞いたヘイリーは地下に行き、足をひどく怪我したデイブを見つけました。ヘイリーはデイブを地下あら引き上げようとします。

しかしワニが現れて襲撃されました。ヘイリーとデイブはワニに見つからないよう身を隠します。

『クロール -凶暴領域-』.ワニ襲撃

ワニから逃げる過程で骨折したというデイブは、足を治療しようとするヘイリーに対し自分を置いてでも逃げるよう提案。しかしヘイリーは置いていくつもりはない様子です。

ヘイリーはそれから落とした携帯を探索。見つけた携帯に手を伸ばしていたところ別のワニが現れて襲われました。

ワニに対抗するヘイリーは噛まれたもののなんとか危機を脱出。デイブと共に再度隠れられる場所に入ります。

二人は怪我をなんとか治療しようと奮闘していました。

『クロール -凶暴領域-』.助け

水位が上がるととともに地下の居場所が少なくなるなかで、ヘイリーはなんとか現場を脱する方法を模索。そこにちょうどスタンとリーとマーヴという人物がいたため、明かりで合図して救助を求めました。

しかし最終的にはワニが現れ、3人を1人また1人と襲撃。ヘイリーの助かりたい心も折られます。

『クロール -凶暴領域-』.警察は役立たない

デイブによると、ワニの動きを見切って自宅の外に出る唯一の方法は、廊下を通過してリビングに戻るというものとのこと。提案を受けて近くのハッチを開けようとするヘイリーですが、重りが邪魔で開けられません。

そうこうしているうちに、二人は自宅の外に人がいるのを発見。どうやら警察がボートを使って乗り残されている人がいないかチェックしている様子です。

警察の1人はヘイリーのいる場所に入ってきましたが、ワニに襲われて再起不能。もう1人の警察がボートで待機していましたが、身を乗り出した際に別のワニに食われていました。

結局助かるすべが見つからない二人。ヘイリーはもう助からないだろうと泣きつつ、両親の離婚が自分自身の水泳にあるのではと悲観します。

そんなヘイリーに対し、デイブは娘がわるくないことを説きつつ励ましの言葉を言いました。

『クロール -凶暴領域-』.脱出

ヘイリーは警察が残した銃を入手。襲撃してきたワニに弾切れするまで発砲すると、なんとか絶命させることに成功します。

それからヘイリーは排水管を通っていけば外に出られると考えて実行。途中でワニや卵、小さいワニに遭遇ながらも脱出しました。

そのあと再び家のなかに入り、デイブを救出。意識を失っていたデイブですが、なんとか助かります。

ヘイリーとデイブはシュガーを連れて、外でボートを発見。ワニに見つからないよう音を立てずに乗り込みます。それから洪水の影響を受けて、ボートは家に逆戻り。

ただそこには外部と連絡を取り合える装置が合ったため、救助を要請することに成功しました。

まだまだ襲ってくるワニに対して、ヘイリーはバスルームに誘導。隙をついてバスルームにワニを閉じ込めます。

ヘイリーたちは高台に避難。ワニがまだ襲ってきていましたが、水の流れが早かったせいか事なきを得ます。

ヘリコプターが通りかかったため、ヘイリーは救難信号のフレアを使用。ヘリコプター側も気付き、引き上げられてヘイリーたちは助かりました。