2019年公開予定おすすめ映画一覧

【ジャスティスリーグ】DCスーパーヒーローが一挙に集結する大作!ネタバレ感想

本日より公開の映画ジャスティスリーグを見てきましたー!
今作はDCコミックスの中でも人気の高いキャラクターたちが手を組む作品ということもあり非常に期待していた作品なのでようやく見ることができて楽しめました。

ジャスティスリーグの放映にあたりここ数年の間にバットマンやスーパーマンの映画、それにワンダーウーマンと映画を視聴していたので今回出てくるキャラクターたちのことはある程度知れていたのでよかったです。

ということでジャスティスリーグの感想とか基本情報とか見てきましょう。

ジャスティスリーグとは

DCコミックスの中でも人気の高いキャラクターたちがチームを組んでおり、そのチームがジャスティスリーグです。

メンバーはバットマンがリーダー、そのほかアクアマンやフラッシュ、ワンダーウーマンなどのキャラクターがチームを構成しています。

そして今作ではジャスティスリーグが地球を支配しようとやってくる悪との戦いを描いた作品ですね。

あらすじ

『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』でドゥームスデイとの戦闘によりスーパマーンがなくなった後の世界の話。
彼の死後バットマンは街を守るために陰ながら孤独に悪と戦っていた。
そんな中でバットマンは得体のしれない何かと戦闘になり、この世界に危機が迫っていることをいち早く察知した。

バットマンは地球の危機を救うためには自分ひとりの力では足りないと考え、世界中に存在している超人たちをスカウトして仲間になり”ジャスティスリーグ”を結成しようとする。

悪の魔の手は刻一刻と迫りすでに地球は征服されかけている状態になる。

果たしてバットマン率いるジャスティスリーグは悪の手から地球を守ることができるのか?

予告編


予告編はこちらです。
なにやらはこのようなものがあるところに角生えたカブトつけてるおっさんが降りてきてますね。
こいつが今回の敵でした。

出てくるキャラクターとか

バットマン
今作の主要キャラクターでありジャスティスリーグのリーダーとなるのがこのこうもり男「バットマン」ですね。
孤独に悪と戦うバットマンでしたが今作では自分ひとりの力では足りないと気づいて超人のスカウト作業をしていきます。

フラッシュ
超高速で動くことができる若者。
コミュ障のような喋り方をしているが友達が欲しいのでジャスティスリーグに参加する
父親が刑務所の中。

サイボーグ
実験によりサイボーグ化してしまったビクターの姿
マザーボックスと呼ばれる持つものに協力な力を付与するものを用いた実験のせいで時間とともに能力も増えていく。
世界中のパソコンなどにアクセスすることができる。

ワンダーウーマン
女しか住んでいない島の戦士
ダイアナと呼ばれる。
愛する人を戦いで失い地球にはうんざりしつつも普通の女性として暮らしている。
その傍らで戦士業。

アクアマン
海と会話することができる水陸両用の怪力男

スーパーマン
ドゥームスデイとの戦いにより亡くなっていた超人。
目からビームを出す。

ステッペンウルフ
今作のボス
角が生えたカブトを被り斧を持っている。
三つのボックスを集めて世界征服をしようとしている。

パラデーモン
ステッペンウルフに従える昆虫のような姿をした化け物。
大量に出現する。

ここからネタバレとか感想

ワンダーウーマンはかっこいい

人質にとられた人たちをマシンガンの銃弾から守り切るとかかっこよすぎウーマン。

フラッシュのコミュ障が気になる

喋り方がコミュ障っぽかったりちょっと空気が読めない発言をしていたりとなかなかコミュ障な感じを出していました。

その一方でシリアスな場面ではコミュ障が功を奏して空気の読めない発言で場の空気が和らいだりと1役買っている。

そして地味にパワーレンジャーの赤とイメージが被ってしまった。

アクアマンはつよがり

強気な発言やサイボーグに対して煽るような発言を繰り返すアクアマンですが
強気な発言をしているときにワンダーウーマンの真実の紐使われて強がりを言っていることがバレてしまう小笑い要素。

ただ根はいいキャラなので友達になったらすごい喋りそう。

フラッシュとスーパーマンの絡みが笑える

超高速で動くことができるフラッシュと高速で飛べるスーパーマンの絡みが面白かったです。

最後のほうで敵の基地の近くに住む住民が逃げようとしているのですが
敵の攻撃がすばやく逃げ切れるか怪しい状態。
そんな中でフラッシュは住民を助けろとの命令を受けて高速で助けにいきます。
そのときにスーパーマンも遅めにかけつけて住民の危機を察知して助けにいくことに。

しかしフラッシュが先に出発していたのにもかかわらずスーパーマンは後ろから飛んで追いつき
どちらが素早いか?という話に。

そしてフラッシュは住民の乗った車を後押して助ける。
一方のスーパーマンは大きいマンションを素手で持ち運んで助けるという。
ここ笑いどころでした。

さらにエンディングではスーパーマンとフラッシュがどちらのほうが速いのか?を結論づけるため競争し始めるという。
この2人の絡みは印象的でしたね。

パラデーモンが雑魚の割に強い気がする。

パラデーモンとかいう羽根が生えた人間型の昆虫が大量に出てくるんですが
なんかちょっと強すぎないかな?と思いました。

バットマンの車の装甲を破壊して中身あけられるし割と追い詰められる場面がありました。

ただ雑魚は雑魚らしくちょっとした攻撃で散っていきます。
体力少ない攻撃特化型といったところでしょうか。
なお最後にはステッペンウルフに襲い掛かりながら空の彼方へみんな出荷されていきました。

もともとは人間らしい。

3つのマザーボックス

今作の肝となるアイテム。
マザーボックスは1つの場所に集まることで強大な力を発するアイテムです。

ステッペンウルフはこのマザーボックスを集めて地球を支配しようとしてきますが
マザーボックス自体は
人間、ダイアナの住んでいた島、アクアマンの住んでいる場所
の3箇所に分けて保管することで3つが揃わないようにしているようでした。

そして最終的にステッペンウルフは3つすべてを奪いとって
マザーボックスを合体させ強大な力を得・・・といったところでジャスティスリーグの猛攻によりマザーボックスはバラバラになり地球は守られたのでした。

スーパーマンの復活

スーパーマンはドゥームスデイとの戦闘で亡くなっていましたが
フラッシュとサイボーグがお墓を掘り起こして死者をよみがえらせられる装置にマザーボックスも合わせて使うことで復活させてました。

復活させたばかりのスーパーマンは自分のことを制御できずジャスティスリーグの面々をなぎ倒す。
しかしそこに恋人が現れたことで鎮静化。

悪を倒すために蘇えらせられたスーパーマンは心の整理がつかずジャスティスリーグに協力すべきか悩んでいましたが
最終的には最後に協力のためにかけつけて大活躍してくれました。

ジャスティスリーグの感想まとめ

ということで楽しく見れてよかったです。
DC映画としては来年アクアマンの映画もやりますし楽しみですね。

ジャスティスリーグのメンバーは今回表立って出ていないキャラクターもいるので続編に期待したいところ。