映画

マーベル映画[ドクターストレンジ]疑問の考察と内容用語徹底解説![ネタバレあり]MCUシリーズ第14弾!

マーベル映画の中でもマーベルシネマティックユニバース(MCU)というマーベルの世界観を共有した作品シリーズの第14弾[ドクターストレンジ]!

今回はそんなマーベル映画[ドクターストレンジ]について内容をわかりやすく徹底解説したり疑問を考察したりする内容をお届けしていきます。

コンテンツはストーリーのネタバレから解説にいきます!

マーベル映画[ドクターストレンジ]のストーリーネタバレ

オープニング
邪悪な魔術師カエシリウスとそのたくさんの手下は魔術師の書庫を襲撃する。書庫で書物を整理していた人物はやられてしまい禁断の書物の一部が破り取られてしまう。

しかしそこに全身を黄色い服でまとった丸坊主の女性が現れカエシリウスとその手下たちは追い詰められる。追い詰められた手下とカエシリウスの一部は空間異動で逃げてしまう。

ニューヨークではスティーヴンストレンジという医師が音楽クイズをしながら患者の手術をしていた。そこに女性医師が頭に銃弾が埋まった患者のファイルを持ってくる。それを見たストレンジはニックという医師が亡くなったと思い込んで諦めていた患者から、銃弾を取り出す手術を施して無事成功する。

手術後、女医のクリスティーン・パーマーはストレンジに口説かれる。

ストレンジは晩餐会の準備をして家から出ると、運転中に患者の情報を聞きながら運転していた。そして送られてきたカルテを見るためによそ見したところ事故を起こしてしまう。
その事故は結構な大きさでありストレンジは意識はあったものの重傷を負ってしまう。目が覚めると彼の手は神経を損傷しもはや完治しないくらいの状態になってしまっていた。
その手はもはや手術するのは不可能な状態になっていた。

ストレンジは様々な治療法を提案しては頼んでいましが結局治らず自暴自棄になる。しかしある医師の話で酷い神経損傷から復活した人が一人だけいることを知り、その人に会いに行くことにする。
心配したクリスティーンはストレンジの元に現れ医者として生きる道の他にも道があるんじゃないかと話すがストレンジは酷いことを言ってクリスティーンは去っていく。

ストレンジはその後リハビリの担当医から送られてきた神経損傷から回復した患者の治療記録を確認、その人は半身不随から回復したバングボーンという人物だった。

バングボーンのもとを訪れたストレンジだったが、彼は実はストレンジが治療を拒否して門前払いした人物だった。バングボーンは医療では解決は無理だと悟り他の方法を頼っていた時にある師匠に出会ったらしい。

バングボーンはネパールのカトマンズのカマー・タージという場所に行けとアドバイスする。

ストレンジはアドバイス通りカトマンズに旅立ちカマー・タージを探す。探している途中に路地で荒くれもののような者たちに襲われたストレンジだったがそこに黒のフードの男モルドが現れて助けてくれた上、カマー・タージに案内してくれることになる。
カマー・タージに着いたところモルドは「常識は全て捨てろ」とアドバイスをする。

ストレンジはそこでエンシェント・ワンという丸坊主の女性に出会う。ワンはストレンジの手術歴などを言い当てた。

ワンとストレンジは医療と魔術の観点からの話でバングボーンがどうやって治ったかを会話するが話がかみ合っていなかった。

ワンのいうオカルトを信じず怒るストレンジ。しかしそのときワンはストレンジの肉体からアストラル体を出した。
何をしたというストレンジにワンは肉体から魂を分離したという。さらにワンはストレンジに謎の体験をさせる。
その体験は魂自体を時空の彼方に飛ばしてストレンジの内面や別のディメンションを見せたりするものだった。

ストレンジはその体験によりワンに教えを請うが断られ追い出されてしまう。モルドはワンを説得するが、過去に似たような人物で闇に落ちてしまった魔術師カエシリウスがいたと話す。
最終的に闇と戦うためには戦力が必要と言うことでモルドに迎え入れられる。

宿舎でストレンジは壊れた時計を見つめると、裏にはクリスティーンの名前が書いてあった。

次の日からストレンジは魔術を教わり始める。魔術は医学と同じであり学ぶものだった。

魔術はマルチバースから力を取り出して使うものらしい。

ストレンジは書庫でウォンという名前の書物管理人に出会う。ストレンジはすでに何冊かの本を読みぬいていた。ウォンはストレンジから案内されて書物子を見て回る。

そこにはカリオストロの書という時間に関する書物があり、一部のページが破られていた。他にもワンの書物やさまざまな書物が存在していた。

ある場所では闇の魔術師が謎の呪文を唱えており、そこからは暗黒次元が垣間見えた。

ストレンジは修行僧たちと修行をする。他の修行僧はマルチバースを開くことが出来ていたが、ストレンジはゲートを開くことが出来ずにいた。この手では出来ないというストレンジに手がない老人がお手本を見せる。

ワンはゲートを開いてストレンジとともにエベレストに行ったが、ストレンジはそこに残されてしまう。エベレストでは30分も生きられないという状況でストレンジはマルチバースを開くことに成功してワンの元へ帰還した。

ストレンジは書物庫に行き幽体離脱の本を借りようとしたもののウォンはまだ早いと言って断ってしまう。その夜ストレンジは小さなゲートを開きながら書物をくすねる。

ワンはストレンジの成長が早かったためミラーディメンションという安全な場所で修行するように言い、そこに連れていく。

モルドはストレンジに過去に指導を受けていたが闇に落ちてしまったカエシリウスという人物について話す。さらにレリックという魔法武器のようなものの存在を明かす。

その日の夜ストレンジはクリスティーンにメールを送っていた。

その後ストレンジはカリオストロの書を読んでいたがそこには目のようなものを使った魔術について書かれており、近くに目の道具もおいてあった(アガモットの眼)。ストレンジはウォンがいないことを確認すると興味本位に目を使った魔術をしてしまう。

アガモットの眼を使った魔術では時間を戻すことが出来た。ストレンジはそれを利用してカリオストロの書の破られたページを復元することに成功し、ダークディメンションの存在と永遠の命について知ることになる。

そこへウォンとモルドがやってきてストレンジに時間を操ることの危険性について叱責した。さらに難解な魔術をどうやって使ったのか問うが、ストレンジは瞬間記憶能力に長けており一瞬で呪文を暗記していたようだった。

ストレンジはカマー・タージについて何をしている場所なのかを聞くことになる。
それは「アベンジャーズが物理的に地球を守っている一方で魔術は魔法の脅威から守っている」というものだった。

ワンはソーサラー継承者であり、初代はアガモットという人物だった。

さらにモルドはサンクタムと呼ばれる時空間のゲートについての説明をする。それはニューヨーク、ロンドン、香港の3か所に存在してそれぞれ魔術師のマスターが守っているようだった。
さらにサンクタムを守ることで暗黒次元に棲んでいる魔人ドーマムゥの侵入を阻止しているというものだった。
魔人は時間を超越しており、世界を破滅させて全てを欲しているらしい。

ストレンジは腕を治しに来ただけで魔術戦争をしに来たわけじゃないと言う。

その時ロンドンから闇の魔術師カエシリウスが現れる。その衝撃でストレンジはロンドンのサンクタムに飛ばされていた。
サンクタムで他に人がいないか探していたストレンジは様々な道具を見ていたが、そこにカエシリウスの部下が現れる。

部下はロンドンのマスターを亡き者にしたあとストレンジにも襲い掛かる。ストレンジはまだ弱いながら逃げつつ必死に戦っていたところ部下の1人を他の場所に転移させることに成功する。
さらにもう1人とも戦っていたときちょうど魔法のマントを見つけて助けを借り、カエシリウスを魔法拘束具で拘束する。

捕らわれたカエシリウスは目的を語りながらストレンジを闇に落とそうと口説こうとしていた。それは時間は敵だから暗黒次元の魔人と取引して力を得ることで世界を救済しようとしているらしかった。

さらにワン自身も不老不死を得た偽善者だと語る。

そこに他の部下が現れてストレンジは鋭利なもので貫かれてしまう。なんとか逃げてゲートを開いて務めていた病院に行ったストレンジはクリスティーンに処置をさせる。
そのときストレンジのアストラル体が飛び出して手術の様子を見ていた。驚いたクリスティーンだったがアストラル体のストレンジからアドバイスを貰いながら手術を進めていた。

そのときアストラル体の敵が現れて2人は戦闘を繰り広げる。部下にやられたストレンジは一時的に心配停止となったもののAEDを使うとパワーが強化されて部下を倒すことに成功、さらに意識も取り戻した。

ストレンジは西洋医学を諦めて東洋医学をカトマンズという場所で教わったことをクリスティーンに話したもののカルトだと笑われてしまう。

ストレンジはゲートを開いてロンドンへ戻る。そこには拘束していたカエシリウスの姿はなく、部下の亡骸だけ残っていた。

モルドとワンがそこに現れてロンドンの魔術師が亡くなった今ストレンジしか守るものがいないとしてマスターの称号を与える。

ストレンジは医者でありマスターでもミスターでもないといい困惑してしまう。さらにワンの不老不死について暗黒次元から力を得ている事実を問い詰める。
問い詰められたワンは暗黒次元には手を出さないようにと言ってその場を去る。

そこにカエシリウスと部下が現れて戦闘が始まったが、ロンドンの町を傷つけないためにもミラーディメンションに追いやる。

追い詰められてしまったストレンジだったが、そこにワンが現れてカエシリウス&部下とワンは戦う。
ワンは戦っていたもののカエシリウスに刺されてそのまま現実世界に落下してしまう。病院へ連れていったもののワンは心停止、アストラル体となったワンとストレンジのアストラル体は会話をする。

ワンは暗黒次元から力を得ていたことについて破滅仕掛けていた未来を救うためだったと語る。さらにストレンジを後継者として指名して暗黒次元の魔人ドルマムゥを止めることを託す。
ワン自身はそのまま亡くなってしまうのだった。

ストレンジはクリスティーン「命を救う方法は他にもある」と言われ、「一緒に居て欲しい」という。
ストレンジは何かを決意したような表情を見せる。

その頃香港ではカエシリウスたちがサンクタムを襲おうとしていた。

ストレンジはモルドの場所へ行った。モルドはドルマムゥを読んだのはワン自身であり、カエシリウスの反逆もワンのせいだという。
2人は香港へのゲートを開き向かう。

しかし香港はすで暗黒次元が開こうとしている状態だった。
そこでストレンジはアガモットの眼を使った時間操作によって香港の壊れた街並みを巻き戻す。

時間の巻き戻しの中でもカエシリウスたちは動くことが出来たため戦闘が続いていた。

巻き戻しが終わったころ時間を止めてカエシリウスとストレンジは対峙する。

時間を超越することについて何かをひらめいたストレンジは開いている暗黒次元に自分から突入して魔人ドルマムゥの前に姿を現す。

ストレンジはドルマムゥに取引を申し出たもののあっさりとやられてしまう。しかしストレンジは時間を超越していたため巻き戻して何度も取引を申し出ていた。

ストレンジは永遠の死を受け入れてドルマムゥにひたすら取引を持ち掛け続ける。

ドルマムゥはそれに耐えきれなくなったためストレンジの取引を受け入れ、地球から手を引くことと闇の魔術師たちを地球から追い出すことを認めた。

地球は平和が戻ったものの自然の摂理に背いたことを認めないモルドは「我が道を行く」と言い残してどこかへ去ってしまう。

ストレンジはアガモットの眼を操るのはまだ早いとして元に遭った場所へ戻す。

エンシェント・ワンがいなくなったことはすぐに宇宙に広まるだろうから準備が必要だ・・・終わり。

エンディング後
ストレンジはソーと話しており、地球の脅威について話していた。
なぜロキを連れてきたというストレンジに父親のオーディンを探しに来たとソーは答え、それにストレンジは協力することとなった。

モルドは魔術師の真の目的は自然を犯すことであり、世界の間違いをただすために魔術師たちを減らすことにした。
その一貫としてバングボーンから魔術の力を奪い取るのだった。

sponcerd link

ドクターストレンジの疑問の考察と解説

考察:なぜドクターストレンジは自分の手を巻き戻さなかったのか?

スティーブンストレンジは自分の不注意で起こした交通事故により重症を負い、手術の命である両手の神経を損傷してもはや手術することが出来なくなりました。
ただアガモットの眼を使えるなら自分の両手を巻き戻して怪我する前の状態に戻せるんじゃないか?と思いました。

それもウォンたちがいないときにカリオストロの書を読んだ時点で出来るはずなんですよね。あのとき食べたリンゴと破られたページを巻き戻して修復しているわけですから。

そう考えたらあの時ストレンジ自身が「あれ?もしかしてこれで自分の手も治せるんじゃね?」と思いそうなものです。

これはたぶん思いついても出来ないのではないか?と私は考えました。その理由は時間を巻き戻すために両手を使用しているということ。
両手を使用している状態で巻き戻しの対象物として両手を選ぶことは出来ないから巻き戻さなかったのでしょう。

リンゴや破られたページならそこにある対象物として選べるけど両手は選べないというやつですね。この考えだと他の人に任せれば戻せるじゃんとなりそうですけど、そもそも時間を操る魔術は複雑すぎて並みの人物には扱えないそうです。

さらに時間を操ること自体が禁忌だから誰もやりたがらないでしょう。結局ストレンジの両手が治ることはなさそうですね。

あとはストレンジ自身が魔人との取引で死んでは生き返ってってやってたから自分自身を巻き戻せるじゃんって思いました。ただそれで交通事故の前に戻そうとしたらアガモットの眼をストレンジがいじる前に戻せるのか?って疑問も湧いてきます。
戻せたとしてもなんか色々時間の都合が悪くなるし設定がああぁぁっ!となるのでこの話は終わり。

解説:ドクターストレンジが大事にしていた時計の意味とは?

ストレンジが身に着けていた時計はカトマンズの路地裏のような場所で取られそうになった時も作中最後の場面でも大事にしていたものです。壊れても守るほどの時計には何の意味があったのか?という疑問です。

あの時計はクリスティーンという女医からプレゼントとして貰ったものでした。作中に一瞬だけど時計の裏を見せる場面があります。そのときに裏にはクリスティーンの名前が彫られているのが確認出来ました。

このことからクリスティーンからもらった時計は彼女そのもののように大事なもので肌身離さず持っていたんだと思います。

考察:ドクターストレンジの交通事故は暗殺目的だった?

晩餐会に向かっていたストレンジは運転しながら患者の情報を聞いていました。しかもその最中に追い越し運転もしていて大変危険なものです。そして事故を起こした瞬間も実は追い越し中で、ちょうどその時に送られてきた患者の写真を2度見して事故を起こしてしまいます。

果たしてこれは事故だったのか、暗殺だったのかが気になりますよね。これは一説としては事故に見せかけた暗殺とされているそうです。というのも別作品の「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の中で悪のヒドラ党暗殺対象となっていたんだとか。このことから事故に見せかけた暗殺と言われています。

これが本当なら黒幕があまりにも緻密すぎますけど・・w

考察:ドクターストレンジに続編はあるのか?

MCUマーベルシネマティックユニバースの作品として成功を収めたドクターストレンジですが、続編はあるのか考えたいと思います。

結論からいうと確実にあると思います。というのもいくつか伏線があります。

1つめモルドのことです。彼はエンシェント・ワンを信じて暗黒次元に触れてはならないものと思っていましたが、ワン自身が暗黒次元の力を使って不老不死を得ていたことに対して非常にショックを受けていました。
さらにストレンジのもとからは「自分の道を行く」としてその場から去り、パングボーンからも魔術の能力を奪ってしまうという伏線を残しています。
モルドは魔術の使い方を正すべく自分を正義として動くようなので恐らくこの先敵として出てくるでしょう。
そう考えたら続編はありえます。

2つ目はエンドロール後に「ドクターストレンジは続く」という文字が出ていたことですね。この言葉からして続編は作る気満々だと思います。

解説:アガモットの目とは一体何なのか?

ドクターストレンジがカリオストロの書で目を使う魔術を知り、ちょうどアガモットの眼があったから使ったアレです。中身は緑色をしていました。
これは名称はそのまま「アガモットの眼」と呼ばれているもので、その中にはタイムストーンという6つのインフィニティストーンの中の1つが含まれています。

インフィニティストーンは別名無限の石と呼ばれていて、宇宙が誕生する前に存在した6つの特異点の残骸です。
その力は6つそれぞれ異なりますが、今回登場したタイムストーンは文字通り時間を操ることが出来るものでした。

そのためタイムストーンが入ったアガモットの眼は時間を操る魔術を使う際の必須アイテムとして使用するものだったということになります。

解説:魔術はどうやって使うのか?

ドクターストレンジの世界観ではマルチバースを開くことで開いた先にある力を利用すると説明されていました。
マルチバースは日本語で言う多次元宇宙といった意味があり、人類の住んでいる宇宙とは異なる物理法則や異なる次元にある宇宙のことを言います。

つまり魔術師はこれら多次元宇宙を開くことで開いた先にアクセスし、そこからエネルギーを引き出して魔法を使っていたということになります。

ドクターストレンジがエンシェント・ワンとに会ったときに最初やられていたのも多次元宇宙でしょう。

あれはワンが次元移動を使ってストレンジをさまざまな次元に飛ばしていた幻想的な映像になります。その中には暗黒次元も含まれていましたね。

さらにドクターストレンジで出てきた次元についても解説しておこうと思います。

暗黒次元とは?

暗黒次元は魔人ドルマムゥが支配していた時間と生死の概念がない闇の次元です。暗黒次元にアクセスして力を得ることが出来るものは不老不死を得ることが出来ます。
そしてエンシェント・ワンがその不老不死を手に入れた人物のひとりであり、その目的は破滅する地球を救うためといったものでした。

ミラー次元とは?

現実と鏡映しになっている世界です。その世界には通常人間はおらず、ミラーの世界で起きた出来事は現実の世界では反映されません。カエシリウスやエンシェント・ワンは闇のパワーを使ってこのミラー次元を作り出すことが出来ました。さらに鏡映しの世界なので操ると幻想的な世界へと変貌します。

アストラル次元とは?

幽体離脱した体や魂だけの状態で存在している次元です。現実次元と同じ場所にあるものの現実にある壁などの遮蔽物はすり抜けてしまいます。ただしアストラル次元で起こった出来事は一応ほんの少しだけ現実と干渉するようです。
魔術師はアストラル投射によってアストラル体という状態になってこの次元で活動できます。

解説その他用語の意味とは

スリング・リングとは?

指にはめるアイテムです。このアイテムを使って空中に円を描くとどこにでも移動できるゲートを開くことが出来ます。
これによりストレンジはロンドンから病院へ行ったりしていました。

レリックとは?

魔法道具のようなものです。魔力が封印されています。多種多様なレリックが存在していてサンクタム内にいろんなアイテムがあります。ロンドンにあった浮遊マントやカエシリウスを拘束した拘束具などがレリックの1例です。

カリオストロの書とは

時間を操る魔術が記述された禁断の書物です。カエシリウスが冒頭でページを破り持ち去ったのもこの書物からでした。
中にはアガモットの眼を使わないと出来ない魔術も記載されています。

ソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)とは?

生きている魔術師の中でもトップの魔術師です。初代はアガモットという人物が務め、作中ではエンシェント・ワンが務めていました。さらにワンが亡くなったことでドクターストレンジがその地位となっています。

サンクタムとは?

地球に魔法を使って悪さをする者たちから地球を守るために作られた魔術師たちの防衛拠点です。ロンゴン、ニューヨーク、香港の3箇所にあり、結界を地球全体に張り巡らせています。
それぞれの拠点にはマスターの地位についた魔術師がいます。

浮遊マントとは?

ドクターストレンジが使ってるマントです。ストレンジがロンドンでカエシリウスと戦っている時に手に入れたもので、気まぐれな性格をしていることから誰に懐くのかもわからないアイテムのようになっています。
魔術に未熟なストレンジに「こっちだよ!こっちだから!」と拘束具の在処を示してくれるなど微妙に可愛い。

アベンジャーズとは?

MCUマーベルシネマティックユニバースに出てくるヒーローの集まりです。ハルクとアイアンマンとキャプテンアメリカなどがメインとして結成していて地球を物理的に破壊しようとする者から地球を守ろうとしています。

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA