2019年公開予定おすすめ映画一覧

マーベル映画[ガーディアンズオブギャラクシーリミックス]徹底解説・考察[ネタバレあり]MCUシリーズ第15弾!

マーベル映画の中でもマーベルシネマティックユニバース(MCU)というマーベルの世界観を共有した作品シリーズの第15弾[ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー]!

今回はそんなマーベル映画[ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー]について内容をわかりやすく徹底解説したり疑問を考察したりする内容をお届けしていきます。

コンテンツはストーリーのネタバレから解説にいきます!

マーベル映画[ガーディアンズオブギャラクシーリミックス]のストーリーネタバレ

1980年のアメリカミズーリ州で1組のカップルが仲睦まじくドライブをしていた。車が森の近くに停まるとと2人は森に入り、「まさか宇宙人と恋するなんて」と女が言う。その近くには謎の花が生えていた。

~時は流れて34年後~

ガーディアンズオブギャラクシー(以下GoGと呼ぶ)のメンバーはソブリン星の依頼で星のエネルギー源である「アニュラクス電池」を守るために宇宙怪獣と戦っていた。
宇宙怪獣との戦いはドラックスの無茶な行動によって退治に成功、その最中小さなグルートは踊っていた。

電池を守ったGoGは報酬を受け取るためにソブリン星の指導者であるアイーシャと会話する。

アイーシャたちが住むソブリン星では遺伝子操作で子供をカプセルで培養しており、旧式の子供の作り方はしていないらしい。
さらに電池を守る依頼に対して上から目線のアイーシャにロケットは気にくわない様子だった。

アイーシャからは報酬としてガモーラの義姉であるネビュラを受け取るり船に乗って去ることになる。

ネビュラはザンダー星を破壊しようとしたロナンの仲間で賞金がかけられていた。
ネビュラはガモーラに謝罪しようとするもそれを拒否し、ネビュラは手錠をかけられることになる。

宇宙に出たGoG一行だったがなぜかソブリン星の戦闘機が追ってきていた。これはロケットが電池を盗んだせいだった。
ソブリン星の戦闘機には人が乗っておらず、ドローン感覚で星から無線操縦していた。多すぎて処理しきれなかった時にどこからともなく現れたものによって無数の戦闘機は破壊され、それをチャンスとしてGoGの船はワープ航行で逃げ去った。

しかし宇宙船はダメージを受けすぎていたため惑星ベアハートに不時着する。
そこでGoGのメンバーは口論になっていたが、ちょうど助けてくれたであろう宇宙船が近くに降り立った。

降りてきたのは触手の生えた女とピーターの父親を名乗るエゴという人物だった。

惑星コントラクシアの歓楽街では宇宙海賊ラヴェジャーズの一団がおりたっていた。そこにはヨンドゥの姿もあった。
ヨンドゥがスタカーという男に話しかけると無視される。スタカー曰くヨンドゥは掟を破ったことでラヴェジャーズから追放されたらしい。

ヨンドゥは仲間を信頼を裏切ったことで追放されたらしく、弁解の場を設けて欲しいというが取り合ってもらえなかった。
そんなヨンドゥを見た仲間らはヨンドゥ否定派と擁護派に分かれていた。

そこにソブリン星のアイーシャが現れ、ヨンドゥにピーターらの捕獲を依頼する。

ベアハートでは父を名乗るエゴとピーターらが会話をしていた。ピーターは途中で席を外したがまだエゴのことは信じていなかった。
ドラックスは触手の生えた女と会話する。

ガモーラはピーターを説得して父親と会話するように言う。
故障した宇宙船の修理とネビュラを見張らせるためにグルートとロケットだけは船に残り、残りはエゴの宇宙船で飛び立った。

宇宙船では触手女の触手の意味について話しており、それはエンパスという触ることで人が考えていることを読める能力に関係していると言われる。
さらに感情を読めたり感情とは逆の気持ちにさせたり眠らせられるらしい。

GoGの宇宙船が残された惑星ではヨンドゥたちが船に忍び寄っていた。船の近くではロケットが罠を仕掛けていたため相手を翻弄する。
敵をなぎ倒したロケットだったが最後にヨンドゥが現れやられそうになる。それに気づいたネビュラはロケットがピンチといいグルートに手錠をとくように言う。

ヨンドゥらは仲間割れを起こしていたが、そこをネビュラが後ろから討ち取りヨンドゥは頭を打たれ倒れる。
ロケットもまたやられてしまう。

エゴのいる惑星に到着したピーターたちは宮殿のような場所へ案内される。エゴ曰く自身は天界人だと名乗った。

最初の記憶は宇宙を輝きながら動いていたが、周囲を勉強して惑星を持つまでに至ったらしい。そのあと全てを知りたくなったエゴは生き物を調べるようになり、人間の形になった。
さらに人間の中身まで再現し、生命という者を発見したらしい。

エゴは人間と子作りをしてピーターを作ったが、母親を置き去りにしていたそうでピーターはそれに怒る。

その頃ヨンドゥは反逆を受けて捕まっていた。ヨンドゥ擁護派の人間たちは反対派の手によって亡き者などにされていた。
そしてテイザーフェイスが新たなリーダーとなる。
ロケットはテイザーフェイスの名前を聞いて煽り笑いをする。さらに煽りテイザーの仲間らはロケットの扇動で笑う。

ネビュラはそれを止める。そのあとネビュラと男が報酬の話をしているときに自身の過去を話した。

ピーターはエゴに目の前で母親が亡くなったことを話したりなぜ母親を見捨てたのかを問い詰める。
その後エゴはピーターに惑星のエネルギーを操る方法をおしえ、2人は親子のようにキャッチボールをする。

そのころマンティスとドラックスもお互いのことについて会話していた。

一方ヨンドゥとロケットは牢獄に入れられる。グルートは可愛すぎて洋服を着せられることになる。
ヨンドゥはスタカーに拾われ家族のような関係になったが、掟を破ってしまったために今のこのような状態になってしまったらしい。

ヨンドゥは脱出を計画する。それには自由の身になっているグルートが必要で、ヨンドゥの頭につけるフィンの試作品をとってくるよう命じる。

とってくるものを何度も間違えてはいたものの最終的にヨンドゥ派だけど違うように見せかけていた人が協力してフィンを手に入れる。

フィンを装着したヨンドゥたちはカヤ(ヨンドゥの矢)を使って無双し監視塔に入り、そこからカメラを見ながら船中の敵を一掃する。

さらにヨンドゥは船を丸ごと吹っ飛ばしてブリッジ部分に乗って脱出する。

しかしテイザーフェイスは死ぬ直前にアイーシャに通信していた。

ピーターはガモーラを口説きつつ踊っていた。しかしガモーラは父親を優先しようとするピーターを良く思わず口論になる。
ガモーラが1人で黄昏ているとネビュラが宇宙船で突撃を仕掛けてきた。2人は戦闘を繰り広げていたものの最終的に和解することになる。
ネビュラとガモーラは2人で歩いていると大量の人骨を発見してしまう。マンティスはその骨は全てエゴの子供だという。

エゴはピーターに真なる目的を伝えようとしていた。その目的は自分自身を宇宙全てに広げて拡張することだった。そのためには協力者が必要であり、その目的を達成するために様々な種族と子供を作っていたようだ。

ピーターは取り込まれそうになったが母親を亡き者にしたのはエゴの仕業だと知り激怒し銃で撃つ。これに対しピーターは拘束されてしまう。
エゴは音楽プレイヤーを奪うとそれを握りつぶす。

そのころ地球ではエゴが植えた植物が暴走を始めていた。

ドラックスたちはエゴを倒してピーターを救出していた。しかし倒したエゴはただの分身に過ぎず、本体は惑星の真ん中にあった。

ピーターたちは惑星の真ん中に突撃して本体を倒すことにする。

その頃テイザーフェイスが死ぬ前に呼んでいたソブリン星のものたちがエゴの惑星に到着しようとしていた。

ピーターたちは惑星のコアを破壊しようとしていたがそこにアイーシャたちが現れ襲撃され中断してしまう。

この状態からコアを破壊するためには時限爆弾を仕掛けるしかなかった。このときマンティスはエゴを眠らせることに成功し、一時的に活動を止められる。

コアに時限爆弾を仕掛けるためにはグルートしか身長的に仕掛けられないため、ロケットは指導する。しかしグルートは覚えることもなく仕掛けに行ってしまう。

アイーシャを戦闘部隊は倒すことに成功したがエゴは目覚めてしまう。
みんなはそれぞれ戦いっていたがヨンドゥはカヤを折られ、ドラックスは土に取り込まれるなど劣勢状態だった。

地球や他の惑星では破壊が進んでいた。

ピーターはやられかけていたがヨンドゥからの「惑星のエネルギーを操るなら心を使え」というアドバイスを受けて覚醒。エゴを追い詰めていく。

グルートは時限爆弾を仕掛けることに成功した。

ロケットはその場に残るというヨンドゥに携帯用宇宙服とロケットパックを手渡し、グルートは「糞ったれガーディアンズオブギャラクシーへようこそ」という。

これによってピーターとヨンドゥ以外は宇宙船に戻り惑星から脱出していく。

爆弾は爆発してエゴは消滅、さらに惑星そのものも消滅し始める。消滅寸前にヨンドゥはピーターを回収して宇宙服をピーターに装着、しかしヨンドゥは宇宙服がなかったため亡き者になってしまう。

宇宙船に戻ったピーターはみんなでヨンドゥを埋葬する手はずを進めていた。
ピーターはヨンドゥのことを誘拐したやつだと思っていたが、この時初めてヨンドゥこそが本当の父親だったことを認識する。

ヨンドゥの仲間からピーターは新しい音楽プレイヤーを受け取る。
ピーターは仲間にカヤを渡す。
ヨンドゥはみんなに見守られながら宇宙火葬されるのだった。

宇宙船の前にはラヴェジャーズの他の船団が現れてみんなで祀り上げる。そこにはスタカーもあり、みんなでヨンドゥを称えた。

エンディングへ。

ヨンドゥの仲間はカヤを操る練習をしていたもののまだ操れていない。

スタカーたちのこと。

アイーシャは失脚しそうになっていたが、アダムという新たな子供を作っていた。

マーベル映画[ガーディアンズオブギャラクシーリミックス]の疑問の考察と解説

ピーター・クインの両親の出会いとは?

ピーター・クインの母親は前作の冒頭のみ出てきましたが、父親は出てきませんでした。そんな両親のことは今作で判明します。

母親の名前はメレディスといい地球人、父親の名前はエゴといい遠い昔から生きている古代生物のようでした。

そして2人は1980年ごろにアメリカミズーリ州で出会い愛を育んだようです。

ピーターは半分人間だと言われていた理由が判明しましたね。母から人間としての血を引きつつ父からは古代生物のパワーを引き継いでいたということです。

ヨンドゥがテラからピーターを誘拐した理由

ピーターは小さいころに母親の死に直面したことで嘆き悲しみ外に出ます。そのときやってきた謎の宇宙船がピーターを誘拐したわけですが、それがヨンドゥという人物でした。
ではなぜヨンドゥはピーターを誘拐したのか?

ヨンドゥは実はある者からの依頼を受けては子供を誘拐して引き渡していたようです。その相手というのがピーターの父親であるエゴという人物であり、ピーターもまたエゴの依頼によって誘拐されたのでした。

ただヨンドゥは誘拐した子供たちがされていることを知ったようでエゴがヤバイやつだと知ったようです。そのおかげでピーターを誘拐した時にはエゴには引き渡さず自ら脅しつつ鍛えたというのがピーターとヨンドゥの出会いになりました。

ネビュラが人体改造された経緯

ネビュラとはガモーラの義理の妹です。関係でいうとサノスの養女であるガモーラの義理の妹という位置づけになります。
そしてガモーラとネビュラはサノスのもとで戦闘をさせられ、負けたほうは負けただけサノスから人体改造をされます。

ガモーラに負け続けたネビュラはひたすら人体改造をさせられてしまいます。その結果が今の人間とはほど遠い見た目に繋がったようです。
このせいでネビュラはガモーラに対して強い妬みのような持っていました。

ヨンドゥはなぜ裏切られたのか

ヨンドゥは宇宙海賊ラヴェジャーズの掟を破った結果破門させられていました。ラヴェジャーズのいる星に訪れて他の船団のスタローに話しかけた時に破門されている旨の会話があったと思います。

裏切られるまでの経緯はこのときのヨンドゥの惨めな姿を見たとき、ヨンドゥがピーターに対しては甘いという前作の伏線、ピーターを捕まえにある惑星に来たにも関わらずそのときも甘い考えを示したことに由来しています。

これによって前々から不満を持っていたヨンドゥの仲間はネビュラにヨンドゥがやられたことを契機に裏切り行為を働きました。

ヨンドゥが犯した掟破りとは?

ヨンドゥは掟を破ったことによってラヴェジャーズを破門されていましたが、何をしたの?というのが気になると思います。

これは前述した子供を誘拐してはエゴに渡していたというのが掟破りであり、子供たちの人身売買をしていたことを理由に破門されてしまったようです。

ちなみにヨンドゥが会話していたスタカーという人物はヨンドゥをラヴェジャーズに招いた人物であり、家族のような関係だったとも話されています。

家族のような関係だったのにも関わらず掟を破ったことでスタカーは破門したくなくても破門せざるを得ない状況となり、作中ではあんな反応を示していました。

ただ掟を破ったとしても一応戻る方法があります。それが何かしらの名誉ある行動をすること。ヨンドゥは最後自らを犠牲にしてピーターを救い出すという名誉ある行動をしたおかげでラヴェジャーズの他の船団から称えられるという最後の感動場面に繋がりました。

エゴとは何者でその目的はなんなのか

作中に登場したエゴという男は何者だったのか。男は古代から生きていた生命体の様です。そんな彼は最初こそ宇宙を彷徨う存在だったもののやがて惑星を作り、生命体を勉強して自らの人間の形を作り上げました。

そしてその目的は全宇宙を全て自分にすること。その意味とは文字通り宇宙中を飲み込んでしまうということであり、実際作中でも地球にエゴの体の一部が犯していく様子が映し出されていましたね。

ただこの目的を達成するためにはエゴだけの力だけでは足りなかったようです。そのため協力者を得ようとしましたが、その方法というのが宇宙中にある惑星に種子を植えた上でその惑星の生物との子供を作ることでした。

そして作った子供が成長したあたりでヨンドゥに誘拐を頼み、エゴの惑星へと連れてきます。ただ望み通りの子供が出来なかったためにその子供たちは亡き者にされて骨だけが積み上げらえてしまいます。

そして今回ピーターがインフィニティストーンに触れても消滅しなかったことを聞きつけてピーターこそが協力者にふさわしいと直感して探し出したようです。

エゴは惑星を想像することができ、自身の心臓(コア部分)を惑星の中心に置いていました。

ピーターの母親が亡くなった理由

ピーターの母親は前作の冒頭で亡くなっていますがその理由は明かされていませんでした。ただ見た感じ頭が坊主になっていたのでガンによる抗がん剤治療をしていたのかな?と予想したんですけど、どうやら予想通りだったようです。

エゴはピーターの母親ことメレディスが用済みとなったために脳腫瘍を植えこみます。脳腫瘍は脳のガンみたいなものなのでやはり抗がん剤治療による影響で髪がなかったのでしょう。

そして亡くなってしまったということです。

グルートが踊っている時に踊りを止める理由

冒頭でグルートが音楽を流し始めたときに踊り始めたと思うのですが、ドラックスが吹っ飛んできたときに踊りを止めていなくなったらまた踊りを再開していたのを覚えてる人はいるでしょうか?

あのシーンも実は大切な場面です。実はグルートは前作でドラックスにダンスを馬鹿にされています。
そのせいかドラックスにはダンスを見られたくないみたいなんですよね。

ちなみに前作の最後も枝状態のグルートが歌に合わせて踊っていたときにドラックスが見たらピタっと踊りを辞める場面があったりします。

ネビュラとガモーラの和解理由

過去の出来事によってネビュラはガモーラをねたんで敵視していたました、今回和解しました。

これはネビュラがガモーラに勝ちたいから執拗に攻めていたのではなくガモーラと仲良くしたかったようです。
ガモーラからマウントをとったときにネビュラはナイフで刺すことが出来たのにも関わらず刺さなかったことからもその様子がうかがえます。

ユニットとは?

ユニットマーベル映画[ガーディアンズオブギャラクシー]内における通貨単位です。

例えばピーターがいけ取りで賞金をかけられたときは4万ユニットの賞金がかけられました。
パワーストーンを含むオーブなんかは40億ユニットとかいうとんでもない金額になっています。

ただロケット曰く4万ユニットでも大金らしいのでオーブはぶっ飛んでますね。

マンティスがドラックスに言おうとしたこと

マンティスがドラックスと会話している時にガモーラが来たせいで言えなかった言葉ですが、あれはエゴに関する話だと思います。

マンティスはエゴの真の目的である全てを自分で飲み込むことを知っていてそれを伝えたかったのでしょう。

ヨンドゥは本当に死んだのか?

エゴの惑星が消滅する際にロケットから受け取っていた1つの宇宙服をピーターに使い自らは命を落としたヨンドゥですが、果たして本当に亡くなったのでしょうか?

これが結構怪しいところだと思いました。なぜかといえばヨンドゥが宇宙火葬されたときに金色の粉のようになって宇宙に舞っているんですけど、最後の最後でその粉がラヴェジャーズ船団の花火のようなものに混じってカヤの形をしていたんですよね。

まるでヨンドゥが意図的に自分の魂をカヤにして表現しているかのような場面でした。製作者の演出だとは思いますが生きていてほしいと言わざる負えない場面です。

マーベル映画[ガーディアンズオブギャラクシーリミックス]の続編のために残された伏線など

続編はすでに決まっているみたいです。そしてその伏線の紹介をしてみましょう。

あるとしたら

アイーシャが強力なパワーを持ったアダムというキャラクターを生み出していること。
スタカーが他のメンバーを集めて「俺たちが~」とやっている場面が最後にあること。
そもそもスタカー演じるシルベスター・スタローンの出演短すぎるということ。

などが続編として怪しい伏線だと思います。