音楽

エレキギターを弾くなら必要になってくるのがギタースタンド

エレキギターを弾くなら必要になってくるのがギタースタンド。
なくても大丈夫ではありますがないとギターを不安定な壁に立掛けたり下に寝かせることになってしまいます。
このようにしていたらエレキギターが転倒してヒビが入ったり自分で踏んでしまったりする可能性がありますね。そのような事故を防ぐためにもギタースタンドの購入を考えましょう。

ギタースタンドの種類

エレキギターを立掛ける為のスタンドには
ボディとネックで支えるタイプ
ヘッドに掛けるタイプ
ボディだけで支えるタイプ
壁掛けタイプ
複数本のギター立掛けられるタイプなどが存在します。

sponcerd link

選ぶ際のポイント

安定感

安定感がないとせっかくスタンドに置いているギターが倒れたりするかもしれません。
特に安物だとスタンド自体が軽くて不安定だったりする場合があるんです。
ギターの重さに負けない安定感のあるスタンドを選ぶことは重要です。

ボディとネックで支えるタイプ
よく見られるタイプです。

ヘッドで支えるタイプ
ヘッドの部分につらせるようにするタイプです。
一見見るとヘッドが取れないか微妙に心配になります。

ボディだけで支えるタイプ
ボディの下の部分2点と背中の部分の3点セットで支えるタイプです。
スタンド自体が一番コンパクトなものでスタンド本体の持ち運びもあまり面積を使うことができ優秀だと思います。
私が使っているスタンドはこのタイプです。

壁掛けタイプ
壁に吊り下げるタイプです。壁に穴をあけることになるので貸家などにはあまり向かないかもしれません。
見た目は飾っている感じがしていい味がでます。
壁が嫌なら板やパネルを用意してそこに立掛けるのもありです。

複数本立掛けられるタイプ
少々値段が張りますが何本もギターがある方はこのタイプがオススメです。
自分は10本ほど所持していて管理に困っているので弾いていないギターを複数本立掛けに置き、弾いているギターを近くにスタンドさせるようにしています。

sponcerd link

まとめ

ギターのスタンドを紹介してきました。
ボディとネックで支えるタイプ
ヘッドに掛けるタイプ
ボディだけで支えるタイプ
壁掛けタイプ
複数本のギター立掛けられるタイプ
などがあります。
目的や値段予算を考慮して自分にあったギタースタンドを購入してみましょう。

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA