ガジェット

世界一やさしいキーボードの選び方や知っておきたい知識解説

キーボードが欲しいけど何買えばいいのかわからない
1台目のキーボードを使い古したのでそろそろ2台目が気になる
といった方はおられませんか?

今回はそんな人やキーボードの選ぶ際の基準がわからないかたのためにキーボードの選ぶ基準なんかを詳しく書いたページを用意してみました!
じっくり読んでみて参考になればと思います。

キーボードの役割

配置されているキーを押し込むことでパソコンに対して入力操作をすることができるのがキーボードです。

パソコンを構成する装置には入力装置、制御装置、記憶装置、演算装置、出力装置といったものがありますが
キーボードはこの中でも入力装置にあたります。

このキーボードを使えば文字を打つことができたり色々なソフトのショートカットが使えたり数字を打つことができ、パソコンを使用するうえで必須となるアイテムといえます。

最近ではパソコン以外にも家庭用ゲーム機、スマートフォン、タブレットといった端末に対応したキーボードが発売されています。

キーボードなんてどれも一緒じゃないの?
と思われるかもしれないですが

その製作に用いられた素材、形状、構造、配列、キーの数、打感、打鍵音、その他メーカーなどのこだわりによってつけられた特殊な機能などさまざまな要因の組み合わせで多種多様なキーボードが発売されているんです。
そのため「どれも一緒」なんていうことは出来ません。

家電専門店で実際にいろいろなキーボードに触れてみれば違いがわかるので足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

sponcerd link

キーボードの選び方

有線・無線(ワイヤレス)のどちらか

有線はパソコンとキーボード同士がケーブルによって繋がれたものになります。
通常はキーボードにUSBケーブルがついていてそれをPCのUSBに接続することで使用することになります。

有線のいいところは
パソコンからの電源が供給されるため電池などが不要なところです。
また無線と比べると値段も安く売られています。

ただケーブルによって繋げられているために距離が制限されること、ケーブルがかさばるなどのデメリットもあります。

無線はパソコンとキーボードをケーブルでつながないタイプのものです。
接続する方法には
USBの受信機をパソコンに取り付けて送受信するやり方
Bluetoothを用いてペアリングをするやり方
のものがあります。

パソコンとキーボード感での接続にはUSBが用いられ、簡単に機器同士を接続することができます。
それに対してスマホやタブレットとキーボードをつなぐ場合はBluetoothを用いてペアリングする必要があるため、少しだけ設定の必要があるのが難点です。

ワイヤレスの場合はキーボード自体を充電または電池を交換するなどの手間はかかりますが、ケーブルがない分かさばらなかったりある程度遠くからでも入力操作ができるなど利点があるでしょう。
ただ有線のものと比べると無線のほうが値段が張ります。

キーボードの構造はどうなっているか

キーボードの構造の事をキースイッチと呼びますが、この構造には4種類のものが存在しています。
それらはキーを押し込んでから入力信号が発生する際の仕組みの違いによって分けられています。
これらの構造の違いによって打鍵音や打感、値段差が出てくるので一つ一つ見ていきましょう。

メンブレン方式

接点シートを2,3枚程度重ねたもののそれぞれの文字の部分が触れ合うことで文字の入力信号が発生する仕組みを取り入れたものです。
具体的にはキーを押し込んだ部分にあるシートが触れ合うことでそこに割り当てられた文字が入力されます。

このタイプは安価でコストパフォーマンスがたかく、主に安いキーボードがこの構造になっています。

安い半面、構造上キーを中央から叩かないとシート同士が触れ合わずに入力できないことがあるというデメリットがあります。

パンタグラフ方式

メンブレン方式と同様に複数のシートを用いて触れ合うことで入力信号を発生させる仕組みをとっていのがこのパンタグラフ。
キーの押し込みの仕組みがメンブレンとの違いになります。
パンタグラフ方式の場合はキーのどの部分を叩いてもシートを触れ合わせることができ、軽い叩き心地で入力することができます。

また、メンブレン同様値段も安価なのがいいところです。

パンタグラフ方式ではキーを押し込む幅を小さくできるため
ノートパソコンや薄型のキーボードなどに採用される傾向にあります。

メカニカル方式

メンブレンやパンタグラフ方式とは違いキー1つひとつに入力信号のための機構が取り入れられている方式です。
具体的にはそれぞれのキーに機械式スイッチと金属製のバネを配置し、キーを押し込むことで機械式スイッチがオンになり入力信号が発生します。

メンブレンやパンタグラフと違い打感が心地よく、メカニカル方式特有の「カチカチ」とした打鍵音がするのが大きな特徴。
ゲーミングキーボードなんかにはこの方式が取り入れられることが多いです。

高耐久なのも嬉しいところですがキー1つひとつに入力機構があり、それぞれのパーツも材料費が高いことや製作の手間がかかることから値段が高めになっています。

キーを押す際に必要な力などによって「青軸・赤軸・茶軸」などの種類に分けられています。
それらの違いはまた別のページで解説しましょう。

静電容量無接点方式

物理的な接点をなくした方式でパーツ同士が近づいた時に電気が流れてキー入力が発生する仕組みなっているものです。
パーツ同士が近づくだけで入力信号が発生することからパーツの消耗を抑えることができ、高耐久を実現しています。

また、パーツ同士が触れない分打鍵音も静かになるので静音性はどの方式と比べても抜群です。
打感もどの方式と比べても独特な打ち心地となっています。

構造が複雑なために製作の手間も群を抜いており値段がかなり高めになるため、打ち込みのプロが使うような高級モデルにしか採用されません。

sponcerd link

キー同士の距離はどのくらいか

キー同士の距離はキーピッチといわれます。
具体的にはキーの中央から隣接するキーの中央までの距離がキーピッチなどと呼ばれます。

通常は18ミリから20ミリ程度離れており、ものによっては12ミリから14ミリ程度とあまり離れていないものもあります。

キーピッチが離れていれば打ちやすく打ち間違えが少なくなりますがキーボード自体が大きくなり
キーボードが狭ければ打ち間違えが発生しやすくなりますがキーボード自体の幅を狭く作ることができ、コンパクトさを実現します。

一般的なキーボードであればキーピッチは離れており
ノートパソコンやコンパクトを売りにしたいモデルのキーボードであればキーピッチは狭くなる傾向があるでしょう。

キーを押し込んだ際にどれだけ凹むか

キーを押し込んだ際の凹む深さはキーストロークと呼ばれます。

キーストロークが深ければ誤入力を減らすことができますが高速なタイピングをすると打ち漏れが発生しやすくなります。
浅ければ高速なタイピングがしやすくなりますがその分誤入力の頻度があがってきます。

ノートパソコンなどのパンタグラフ方式では基本キーストロークが浅く、その他にも薄さを求めて作られたキーボードは浅い傾向にあります。

通常利用であればキーストローク自体は深いほうが使いやすいでしょう。

キー荷重は?

キーを押し込む際に必要な重量はキー荷重と呼ばれます。
通常であれば〇グラムで表されているので、キー入力に力を使いたくなければキー荷重は少ないほうが入力しやすいです。
ただ軽いとその分誤入力は増えるでしょう。

キーボードによっては打ち込みの際に使用される指を想定してキーごとに異なるキー荷重を設定しているようなものもあります。
人差し指で打たれるキーは重めにして小指で打たれるキーは軽めにするなどですね。

これら以外のキーボードを選ぶ基準

ということでキーボードを選ぶ際の基準となる要素について大きなものを見ていきました!
ここからはその他の選ぶ際の基準なども見ていきたいと思います!

テンキーの有無
テンキーは数字や加減乗除などの入力のために用意されているキー群です。
お仕事で使う人や電卓を使った計算を多用するようなかたにとってはあったほうが便利なので使用する方法によって必要かどうかを考えましょう。

キーの総数
キーボードに配置されているキーの数です。
少ないものは86個から多ければ108個以上のものまでさまざまあります。
コンパクトさを求めるとキーの数が減ってきたりするのでキーの数も注目しておきましょう。

中にはキーに複数の機能を用意することでキーの数を減らしコンパクトにしていますが、利便性が失われていたりするものもあります。

キーボードの角度調整機能

キーボードを机に置くと水平になっていたりやや角度がついていたりすることがあります。

また、キーボードの背面上部にはチルトスタンドと呼ばれるキーボードの角度が調整できるパーツが備えられているものがあったりなかったりするのでそれらも確認するといいでしょう。

マクロ機能
マクロはユーザーのしたい操作を登録することで自分のしたい操作を代行させることができる仕組みです。
マクロを使えば日常的に反復してやる作業、いわゆるルーチンワークを自動でさせられるので時間短縮ができたり労力を減らすことができる優れた機能です。

マクロを使いたい場合はマクロ機能の有無も見るといいでしょう。
一般的にマクロ機能がついたキーボードはハードウェアマクロなどと呼ばれます。
マクロ自体はフリーソフトとして提供されているものも多数存在。

バックライトの有無

キーボードの中にはキーの内部から色鮮やかなバックライトで照らしているものがあります。
これらは見た目による満足感のほか暗い場所でも迷わずキー入力ができるなどのメリットもあるので好きな人は欲しいオプションです。

防水機能

キーボードを入力している時にありがちな事故がコップをひっくり返す事故。
この事故によって高いキーボードをダメにしてしまうような人は何度か見たことがあります。

そうならないためにも防水機能は優秀なので考えてみるといいかもしれませんね。
防水自体はなくてもカバーを使えば防ぐことはできます。
シリコン製のキーボードには防水機能が充実しています。

ホットキー
ホットキーは動画の再生停止機能、メールの閲覧やブラウザの起動などをすることができるキー群です。
なくてもいいけどあったら便利なオプションですね。

ということでその他の選ぶ基準も見ていきました!
あとはそうですね・・・もうそれぞれのメーカーなどのこだわりの特殊機能なんかを見ると楽しいかな?と思います!

キーボードの選び方まとめ

ということでキーボードの選び方について解説していきました。
参考になれば幸いです。

キーボード自体はパソコンを購入した際にオマケでついてきたりしますが、さらにこだわりのキーボードが欲しい!といった方はここまで書いた記事をもとに選んでもらえたら幸いです!

一応最後にド定番のキーボードを貼っておきます。
1台目としてはこれを使ってしまえばもうあといらないレベルなので迷いたくなければもうこれでOK

最後まで読んでいただきありがとうございました!
この記事を書いた人:ゆき(yukipinapopo)

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA