2019年公開予定おすすめ映画一覧

座間市の事件の影響でツイッターが規制される!?その真相を追ってみた

こんばんは、ゆき(yukipinapopo)です。本日はこのサイトを閲覧いただきありがとうございます。

神奈川県座間市で起きた凄惨な事件を受けて事件の犯人と被害者たちの接点がツイッターであったことから規制案が浮上しているらしいですね。
ただまだ方向性は定まっていないのだとか。
今回はこの件についてありそうな規制案とかネットの意見とか見てみたいと思います!

Twitter利用者の意見を読み解く

-ツイッター規制するならそもそも幇助サイトや集まるためのサイト規制しろ-
まったくもってその通りである。
今の世の中怪しいサイトも出てくるしそっちのが規制したほうが良さそうです。

-ツイッター規制するならスマホ規制しとけ-
ツイッター規制するならスマホ規制しとけ→PC規制しとけ→ネット規制しとけ→人と会うことを規制しとけ
恐ろしい社会になりそう。

-ツイッター規制すればマストドンにチャンスが-
そういえばそんなものもありましたね。
結局アカウント作らずにスルーしてました。

-ツイッターを規制するんじゃなく犯罪を規制するべきでは?-
・・・何を言っているのか

ツイッター規制案はどんなものなのか予想してみる

実際にツイッターが規制されるとなった場合に一体どのような規制がされるでしょうか?
この見出しでは起こりえる規制について予想してみたいと思います。

年齢制限

一番ありそうなのが年齢制限ですね。
何歳未満は利用禁止といった形の規制はありえると思います。
ただ現状のツイッターでは年齢制限を設けたところでそれを見分ける仕組みは取っていないのであまり意味はないでしょう。

本人確認書類の提出

ツイッターに対して本人確認書類の提出を義務付けること。
この仕組みがあれば年齢制限にも意味は出てくるので上の事項との併用はありえるのではないでしょうか?
本人確認書類の提出といえばクラウドソーシング系のサイトやコンサートチケットの個人間取引が出来るエスクローサイトなのにはある仕組みです。
これがあればアカウントと中の人が完全に紐づけられるため下手な動きは出来ませんからね。
ただそんなことをしたら匿名性なんてものもなくなり利用者が激減しそう。

不適切な表現の規制

ツイッター側が不適切な表現に関するツイートをそもそも出来なくするようなもの。
これをしてしまうともは表現の自由とはなんなのか、立派な言語統制ですね。
さすがになさそうですが。

ツイッター規制を回避する方法がありそう。

このようなツイッター規制がなされた場合に規制を回避する方法が出てくるんじゃないか?と思いましたがどうでしょうか?
例えば日本語のツイッター社ではなく海外のツイッター社を通して作れば規制を回避できるとか。
日本で規制して本人確認書類の提出を義務付けたところで海外の利用者までその強制力を及ばせることは不可能なのでここらへんの法整備はまた何かあるんでしょうね。
そして抜け道も出来ていく。

そもそも今回の件はツイッター規制するとか言ってない

この記事書いてたらわかったんですがツイッター規制するなんて言ってないんですよね。
官房長官が言ったのは

(1)事件の全容解明と関係省庁の情報共有
(2)自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化
(3)インターネットで自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実
https://www.huffingtonpost.jp/2017/11/10/zamashi9_a_23272808/

でした。

誰かが誇張してツイッター規制とか言い出したのが話題がどんどん大きくなっていったようです。
どうやら時事通信が言い出しっぽい?

そりゃ国が1サイトを名指しで規制なんて言わないか。
そもそもSNSサイトなんてツイッター以外にもありますし、それら全てで今回のような事は起こりえるでしょうからね。

まとめ

ツイッター規制について話題になっていたので気分で書いてみました。

そもそもツイッター規制とは言いますが一応ツイッターでも書き込みに対して規制はしているんですよね。
機械判定のようなガバガバ規制で誤BANも多いとかいう。
まぁツイッターはツイッターで運営頑張ってくださいという感じです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
この記事を書いた人:ゆき(yukipinapopo)