コロナで延期された映画を確認

映画『ソニック・ザ・ムービー』ラスト&エンドロール4個の意味を徹底解説

映画『ソニック・ザ・ムービー』は、ゲームで知られるソニックと呼ばれるキャラクターを題材にした作品。セガの大人気キャラクターなので、待ちわびていた方も多いはずです。

そんな本作ですが、最初の予告編ではあまりにもキャラデザが本家と違いすぎたため、大炎上。急遽デザインが変更され、なんとか持ち直してそれなりに高い評価を得ています。

そして気になるのは、映画『ソニック・ザ・ムービー』にエンドロール映像があるかどうかという点。結論から言うと、本作にはメインのストーリー終了後に短いエンドロール映像とエピローグが流れていました。

本記事では、エンドロール映像の詳細と読み取れる意味について、解説します。

注意
この記事は、映画本編のネタバレが含まれます。
http://pinapopo.com/wp-content/uploads/2020/03/3fa99192bb69f1beb4163813eda62b1c.svg

まだ見てない人、ネタバレ気にする人は気を付けて!

関連

映画『ソニック・ザ・ムービー』ネタバレ感想&疑問点の解説

映画『ソニック・ザ・ムービー』
ロボトニック博士の詳細と意味

キノコの惑星では、ロボトニック博士は完全に彼の正気を失っています。彼は自分自身が完全にハゲを剃り終えたように、彼はいま、非常に長い完全に長すぎるように見える成長した口ひげで、水の反射で顔を見つめています。

エージェント・ストーンに似せて彫った岩に話しかけ、岩を投げて「ロック・ルネッサンス」を実行するように発言。彼は自分の置かれている状況を反省し、「こんな場所では、劣った人間が死んでしまう」と言いました。

しかし、なかに羽ペンが入った小さな容器を掲げ、「クリスマスまでには帰ってくる」とも言います。ゴーグルを下げてロボットのように歩き、石を見つけるまで歩き、再び「ロックンネッサンス」と叫びながら石を投下しました。

意味1.ロボトニック博士はエッグマンになった

https://twitter.com/fowltown/status/1228854812759867392?s=20

映画の本編中に登場したのはロボトニック博士。このときはまだマッドサイエンティストのロボトニック博士という人格なわけですが、ソニックに負けてへんぴな場所に飛ばされたことで、ドクター・エッグマンという人格が生まれたということがわかります。

理由は明確で、容姿そのものが変わっていること。ロボトニック博士の間はまだ容姿を保っていますが、キノコの惑星ではハゲ頭であり髭が長く、見た目が完全にドクター・エッグマンです。

ゲームとは設定が異なると思いますが、映画におけるドクター・エッグマンはソニックとのバトルで敗れたことが原因でロボトニック博士が変貌した姿ということになります。

意味2.ロボトニック博士はソニックを諦めていない

本編ではソニックの針を見つけ、自身の科学技術に応用しようと企んでいたロボトニック博士。そんなロボトニック博士ですが、絶望的な状況でもまだソニックを諦めていません。

というのも、こんな状況なのに「クリスマスには戻る」と発言していること。果たしてどうやって戻るのかは謎すぎるものの、キノコの惑星で科学技術を使って何かを開発し、地球に帰ってソニックを再び追いかけようとしているのは明白です。

映画『ソニック・ザ・ムービー』
エンドロールの詳細と意味

どこか森林に覆われた丘が描写。丘では、リングポータルが開いて周辺に風が発生し、葉がかき混ざります。

それから2本の尻尾を持つオレンジ色の若いキツネが現れ、小さな携帯型のデバイスを使って現在のエネルギーレベルを測定。ソニックが近くにいるかどうかを判断します。

読み取り値が十分であることを確認した若いキツネは、ソニックを見つけるのに手遅れにならないことを懇願。ヘリコプターの羽根のような双子の尻尾を使って広大な森の中へと飛び立ちます。

意味1.テイルズがソニックを探しに来た

テイルズは、「ソニック」シリーズ関連に登場するオレンジ色のキツネのキャラクター。2本の尻尾を使って空を飛ぶことができる優しいキツネで、気弱なせいか陽気なソニックに対して憧れを持ちます。

得意なのは、機械いじりやメカの開発といったこと。ソニックが直接的な戦いをしている間、テイルズは裏方としてサポートに回るのが特徴です。

そんなテイルズですが、どうやらソニックを追ってどこか遠いところから地球にやってきたことがわかります。テイルズが来た目的がソニックを連れ戻すことだとすれば、地球に居座ることにしたソニックはどう反応するのか、気になるところだと思います。

意味2.ソニックの世界観はこれからさらに広がる可能性

本作ではソニック関連のキャラクターとして登場したのは、ナックルズ・ザ・エキドナやソニック、ロボトニック博士くらいでした。そして最後にテイルズが登場したことで、さらに増えています。

そう考えたら今後の続編が登場する場合には、さらにキャラクターが増えていき、映画におけるソニックユニバースが大きく広がっていくと思われます。

続編自体は映画の成績によって作られるかはまだわかりませんが、期待しておいて損はありません。

関連映画『ソニック・ザ・ムービー2』続編いつ?あらすじ・公開日など最新情報

映画『ソニック・ザ・ムービー2』続編いつ?あらすじ・公開日など最新情報