映画

映画『グリンチ(The Grinch2018)』あらすじと少しネタバレ!キャスト公開日は?

絵本『いじわるグリンチのクリスマス』を題材にミニオンズを手掛けたイルミネーションスタジオが3DCGアニメ化!

1957年に刊行されたドクタースースによる児童向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』を題材にした映画『グリンチ(The Grinch2018)』が2018年に公開が決まりました!

この作品は名前の通りクリスマスを題材にした作品なわけですが、海外では有名ではあるものの日本ではあまり知名度がない、といった作品になっています。

しかし今回そんな絵本を題材にグリンチの3DCGアニメを作るのは映画『ミニオンズ、ペット、シング』など数々の近年名作を生み出しているイルミネーション・エンターテインメントです。

知名度は低いけど、最近乗りに乗っているイルミネーションによる映画化とあればヒットする可能性も大いにあるでしょう。

今回はそんな映画『グリンチ(The Grinch2018)』についてわかっていることや原作の軽いネタバレなどをお送りいたします。

絵本『いじわるグリンチのクリスマス』は実は実写映画化されたことがあった!?

緑いろをした姿が怪しい雰囲気を出している本作ですが、実は2000年に実写映画化されて『グリンチ(Dr. Seuss’ How the Grinch Stole Christmas!)』というタイトルで公開もされています。

当時はロン・ハワード監督によってジム・キャリーがグリンチに扮装した形で映画化されていたわけですが、原作をしっかりと再現した形で出来上がっていたために一定の評価も得ていた作品です。

実写映画版『グリンチ』も気になるという方は見てみてはいかがでしょうか。

sponcerd link

映画『グリンチ(The Grinch2018)』のあらすじ・少しネタバレをご紹介

映画『グリンチ(The Grinch2018)』が原作通りであり、実写映画と謙遜ない形の内容となる場合は恐らくあらすじ内容もなんとなく想像することが出来ます。簡単な流れとしては「ひねくれもののグリンチがある少女をきっかけに心を開いていく」といった感じですが、とりあえずあらすじを少しネタバレを含むように紹介します。

[box class=”black_box” title=”映画『グリンチ(The Grinch2018)』のあらすじ(ネタバレ含む)”]

小さな街のフーヴィルに住む住民たちはクリスマスが大好きで毎年クリスマスを盛大に祝っていました。しかしその一方で緑色をしたグリンチはクリスマスが大嫌いです。
グリンチは他の住民とは違った異様な見た目をしているせいか人々から良い目では見られず、また自分自身もペットのマックスと共に山にこもって生活をしていたのです。

またグリンチがクリスマスが大嫌いな理由は小さいころにある事件があったことがきっかけでした。それはクリスマスプレゼントを好きな女の子にあげようとした際の出来事が元になっています。

そんなわけでクリスマスが嫌いになる思い出があったことで山籠もりをしているのです。

あるとき街に住む少女シンディはグリンチによって危ないところを助けられることになりました。シンディはもともとグリンチが嫌われる理由はわかっていなかったし、こうやって助けられたことでグリンチが良い人ではないかと思い始めて色々と調査を始めます。

またその過程で知った情報によってクリスマス嫌いになった原因を克服する手助けになればと考えます。

そこでシンディはグリンチをクリスマスの名誉会長に推薦します。その推薦に市民たちも同意したことでシンディはいざ山籠もりをするグリンチの元へ向かいます。

グリンチはこれが笑いものにするために仕組まれたものだと思いながらも街の方へ降りてきました。しかしそこで待ち受けていたのはグリンチを快く引き受ける町の人たちでした。

いい気分になりながらプレゼントを貰ったりしていたグリンチでしたが、そこに市長でありクリスマス嫌いの原因となった張本人が現れます。

そしてグリンチは市長によって煽られて怒って暴れて逃走を図りました。

グリンチは山に戻ったところでクリスマスを台無しにしようと考えます。そしてクリスマス当日にはグリンチがみんなが寝ている間に街に降り立って密かにクリスマスのプレゼントなどを盗んだり妨害したりと酷いことをして回り、自宅へ戻るのでした。

その結果街は悲しみに包まれていました。また名誉会長にしようと提案したシンディはみんなから責任を追及されてしまいます。しかしシンディの父があることを言ったことで街の人々は納得、平穏が訪れます。

クリスマスを潰したのにもかからわず街の様子が楽しそうな雰囲気である様子を見たグリンチはなぜなのか、胸が痛く罪悪感に苛まれることになりました。

罪悪感のあるグリンチは町に降りてみんなに謝罪します。さらに小さいころに好きだった女の子とも結ばれることになるのでした。
グリンチは敵対心の心ばかり持っていたのにも関わらずいつしか心境の変化が訪れていたのです。

[/box]

要所を端折りつつおおまかな流れはこのような感じです。

sponcerd link

映画『グリンチ(The Grinch2018)』で緑の男グリンチ役を演じるキャストはベネディクト・カンバーバッチ!?

緑の男グリンチは過去にされた出来事によって人間が大嫌い、クリスマスなんてもってのほかで潰したいと考えているあみんなからの悪者です。

そんなグリンチを演じるのはなんとあのベネディクト・カンバーバッチ。最近ではマーベルシネマティックユニバースの映画『ドクターストレンジ』で主演キャストを務めるなどして勢いに乗っている俳優さんです。

3DCG映画なので声優での出演となりますが、ドクターストレンジでは熱い演技を見せてくれたことで気に入っている人も多いはず。そんな彼の声優としての演技はどういったものになるのか。グリンチの揺れ動く心や敵対心などどうなるか気になるところです。

映画『グリンチ(The Grinch2018)』のその他キャストは不明?

今作に登場するその他キャストは現在のところ判明していません。追って情報をお届けします。

映画『グリンチ(The Grinch2018)』に登場するキャラクター紹介!

物語の主人公グリンチ

緑色をした毛深い姿をしているせいで過去にいじめられた経歴などがあることから山に閉じこもって敵対心を抱いてるグリンチが主人公。その恨みはクリスマスをめちゃくちゃに潰したいと思うほどです。

その心は他の人よりも小さくかなりひねくれていました。しかしグリンチはあるきっかけで人々への敵対心が揺れ動いしてしまうなど、実は根がいいやつの可能性も・・・?

犬のマックス

実写映画ではゴールデンレトリバーみたいな犬だった気がするものの3DCGの予告編ではミニチュアダックスフンドみたいに見える犬のマックスはグリンチが飼っているペット。

グリンチと共に暮らす中で雑用などもこなす優秀なわんこです。

マーサ

グリンチが思いを寄せていた女の子。マーサもグリンチのことは悪い気はしておらず、むしろグリンチのことを好意的な目で見ています。

シンディ

ある時グリンチに危ないところを助けてもらった女の子。人嫌いのはずのグリンチに助けられたことからグリンチは実は悪い人ではないのではないのかと考え始め、たびたび気にかけるようになります。

市長

街の市長をしている人物。グリンチのことは憎々しい様子で見えており、街の名誉市長を狙っています。

映画『グリンチ(The Grinch2018)』の日本公開日は?

児童向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』を題材に実写映画化もされたことがあるけど案外知名度がない映画『グリンチ』の全米公開日は2018年11月9日となっています。

しかし今のところ日本公開日までは判明していません。一応クリスマスが題材になっているわけですから公開日もそれに合わせてほしいところですが、イルミネーション・エンターテインメントの作品は全米公開日から3ヶ月ほど遅れて日本公開されていたりするため日本では2019年の2月か3月あたりになる可能性もあります。情報が入り次第お届けしていきましょう。

2018年の気になる洋画一覧のまとめていますのでよかったら見て下さい↓

https://pinapopo.com/2018-movie-yoga/

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA