コロナで延期された映画を確認

映画『ニューミュータンツ』ネタバレをラスト結末まで紹介

この記事でわかる!
  • ネタバレ
  • 疑問点の把握
  • 感想

映画『ニューミュータンツ』
作品概要

タイトル(邦題)ニューミュータンツ
タイトル(原題)The New Mutants
監督ジョシュ・ブーン
ジャンルアクション、ホラー、SF
上映時間94分
キャストアニャ・テイラー=ジョイ
作品概要

マーベルの人気シリーズ「X-MEN」のスピンオフ作品。超能力の扱いに慣れていない若者たちが、過去のトラウマとの闘いに挑む。主人公のダニ役を新人ブルー・ハントが演じたほか、アニャ・テイラー=ジョイが盛り上げ役のキャラクターとして脇を固める。

映画『ニューミュータンツ』
あらすじ

特殊能力を持つ若者たちが謎の施設に集められる。施設では能力の扱い方を覚えるという体になっていたが、過酷な運命が待ち受けていた。

注意
ここから本編のネタバレを含みます。

気にする方は注意だよ!

映画『ニューミュータンツ』
キャラクター:キャスト

映画『ニューミュータンツ』
1分でわかる内容・ストーリー

ダニ、イリヤナ、ラーン、ロベルト、サムの5人の十代の若者たちは、セシリア・レイエス博士の監視下にある実験施設に収容されていた。彼らはそれぞれ、彼らの力に関連した過去のトラウマに苦しんでいた。

ダニの居住地は破壊され、彼女の父親は竜巻と信じられていたものによって殺されたが、実際にはデーモンベアと呼ばれる恐怖の実体だった。イリヤーナはスマイリーマスクの誘拐犯グループの捕虜になっていたが、彼女はソウルソードを顕在化させ、敵と戦うためにリンボへと旅立つ能力を持っている。ラーンは狼に変身することができ、彼女の旧市街の神父に焼印を押された。ロベルトは火のエネルギーを生成することができ、誤ってその方法で彼のガールフレンドを殺した。サムは超高速で空を飛ぶことができるが、その力に気づいた時に誤って父親を殺してしまった。彼女の力は、そのような方法でそれらに対して1つの恐怖を使用することであるとして、ダニが到着したときにこれらの恐怖のすべてが現実になる。

レイエスは、彼女は彼らがザビエルのミュータントアカデミーだと思うものに参加するためにそれらを準備していることを十代の若者たちに伝えたが、実際には、エセックスコーポレーションから拷問施設だった。彼女はダニを殺すように指示された後、ラーネはレイズを攻撃することによって彼女を助ける。十代の若者たちはスマイリーメンに似たエンティティと戦った後、レイズは十代の若者をキャプチャしようとしますが、デーモンベアによって殺される。若者たちはデーモンベアと戦うために彼らの力を使用しながら意識を失ったダニを守る。ダニは彼女が彼女の恐怖を克服するために彼女を奨励する彼女の父のビジョンを見て、最終的に起き上がり巨大なエンティティのデーモンベアを落ち着かせるために立ち向かう。

レイエスのバリアがなくなったことで、5人の十代の若者たちは、今では自由になった新しい友人として一緒に最寄りの町に向かう。

なるほど

映画『ニューミュータンツ』
詳細な内容をネタバレ紹介

本作の詳細なネタバレを紹介します。

映画『ニューミュータンツ』ネタバレ.起

思いやりと優しさで構成された良いもの、そして恐怖と攻撃性で構成された邪悪なもの。 映画はダニ・ムーンスターに対して、彼女の父が誰もが内側に2つのクマがあることを伝えるために使用される方法について言及することから始まる。ダニと父親の居場所が竜巻に襲われたように見えたあと、彼女の父ウィリアムがダニを目覚めさせる。

ほかの住民が逃げるなか、ウィリアムは他の人を助けに行くために、木の後ろにダニを隠す。しばらくしてウィリアムは死んで、ダニの前に投げ返された。ダニはうなり声を上げる存在が近づいてきたため逃げようとするが、丘の下に転落してしまう。

謎の施設で目を覚ましたダニ。ダニはセシリア・レイエス博士と出会い、自分と同じような能力を持つ人たちのための病院のようなところにいること、そしてダニがいた場所で起きた事件の唯一の生存者であることを告げる。レイエスはダニに自分がミュータントであることを告げるが、ダニは自分が持っているかもしれない超能力には気づいていなかった。

レイエスは施設のほかのメンバーとセッションを行う。そこには狼に変身する力を持ち、彼女の教会の神父が彼女を殺そうとしたときからトラウマを負ったラーン・シンクレア(メイジー・ウィリアムズ)。ロッキードと名乗る紫の竜の手人形を持つイリヤナ・ラスプーチン(アニャ・テイラー=ジョイ)、ブラジルの裕福な家庭の出身であるロベルト・ダ・コスタ(ヘンリー・ザガ)、黒い目と骨折した腕で登場するサム・ガスリー(チャーリー・ヒートン)などの4人がいた。

レイエスが十代の若者たちにカウンセリングをしようとしていると、そこにダニが加わる。ダニはロベルトとイリヤナから嫌味な発言で迎えられる。レイエスはイリヤナにキャンパス内を案内させるが、イリヤナはあまり紹介する気がない様子だった。ダニが施設から逃げようとしたとき、彼女は炎のフォースフィールドに突っ込んでしまう。イリヤナに笑われたダニが彼女に攻撃しようとすると、イリヤナはあっという間に姿を消してしまうのだった。

夜になるとダニは部屋に戻って眠りにつく。深夜、レイエスは彼女と他の十代の若者たちをモニターで監視していた。ダニは事件の夢を見ており、レイエスはダニから発せられる超能力のエネルギーが監視カメラから読み取れることに気がついた。

そのあと、十代の若者たちはレクリエーションルームに集合。そこでイリヤナがダニに挑発的な発言をしてダニがいじめと認識すると、喧嘩が発生する。ダニがイリヤナを殴った後、イリヤナの右腕はソウルソードを生み出し、彼女はレイエスが入ってきて、戦いを止めるまで、ダニを攻撃しようとしていた。それからレイエスは、独房にダニとイリヤナを閉じ込める。

サムとロベルトは洗濯室にいた。サムは洗濯機の一台からドンドンと音がするのを聞き、彼は洗濯機に近づき、手が洗濯機に押し付けられているのを見る。それは彼をケンタッキーに戻って働いていた鉱山に連れて行く。彼はほかの鉱山労働者の前を通り過ぎ、彼はアンデッドのように見える彼の父(トーマス・キー)にたどり着くまで歩く。その後、夢のような映像から覚めたサムは謎の力で壁に叩きつけられた。

ダニは隣の部屋でイリヤナが独り言を言っているのを耳にする。回想で彼女はスマイリーマスクの背の高い、太った男が彼女の上に迫った彼女の子供時代にフラッシュバックを持っていることが示される。ダニはあとで彼女は彼女が彼女の家と父親を失った場所に近い雪に覆われた森の中で自分自身を見つける悪夢を見はじめ、怪物のような実体が彼女を攻撃しようとする。レイエスは彼女が濡れた何かに覆われていることを発見し、彼女はダニからより多くのテストを取る段階へと進んだ。

ダニは時計台から飛び降り自殺しようかと考えたが、そこにラーンが現れて彼女を説得。なんとか引き留めてダニを助けて戻った後、ラーンは施設の周辺をダニを紹介した。彼女はダニに、サムの超能力は超高速で飛ぶことであり、それは彼が大きなウエイトに自分を引っ掛けて練習しているもので、それを完全に制御する方法を知らないために彼が自分自身を傷つける原因になっていることを示した。ロベルトは自分の力が何であるかを言わず、ダニとラーンはイリヤナが最悪な女だと同意する。

ラーンは告白のために礼拝堂に行く。彼女は声のようなものを聞き、自分は非人間であり、地獄に行くだろうと告げる。ラーンは悪魔だと思うものを避けるためにチャペルを飛び出します。

映画『ニューミュータンツ』ネタバレ.承

レイエスが眠りに落ちた後、サムとロベルトは、そこは明らかに監視されていない唯一の場所であるため、屋根裏部屋に彼ら(とイリヤナ)に参加するようにダニとラーンを招待します。彼らは、彼女が言及し続けているレイエスの上司に言及し、そこでの時間の後、彼らは特別なミュータントのための施設に行くかもしれないと述べた。男たちは、彼女がザビエル教授と彼のミュータント・アカデミーのことを言っていると思う。イリヤーナはその後、彼らに嘘発見器テストをさせ、その中で彼女は彼女が彼女の昔の町で18人の男性を殺したことが明らかになった。彼女は父親からもらった熊の首飾りのことをダニに尋ねる。

それはレイズも屋根裏部屋を監視していたことが判明し、彼女に従わないための十代の若者たちを諌めようとします。その後、イリヤナは気絶する彼女を取得するために彼女のお茶をスパイクし、十代の若者たちは楽しみを持って進みます。ダニとラーンが一緒に踊り、イリヤナはレイエスをからかって、サムとロベルトは一緒に時間を過ごす。サムは、彼が誤って彼の力の制御を失ったときに彼の父と鉱山労働者の半分を殺したことをロベルトに伝えます。ロベルトは何があって施設に入ったのかを言うのを拒否する。ダニとラーンは外に出て、ラーンはフォースフィールドの下の夜空を見せた。そして二人はファーストキスを交わす。一方、ロベルトはプールでイリヤナを見つける。二人はフックアップを開始しますが、彼は彼の力でガールフレンドを焼き殺してしまったことを明らかにします。イリヤナは彼女を傷つけることはできないと言うが、その瞬間、彼女は姿を消してしまう。火の上にロベルトのガールフレンドとして現れる悪魔のような生き物は、その後、彼を攻撃しようとします。彼は暴れ出し、火の力が発動する。彼を助けようと他の人たちが入ってきて、レイエスが彼をプールに押し込む。イリヤナが現れ、プールには入っていないと言う。

レイエスはイリヤナを部屋に監禁して薬漬けにしたことを罰する。シャワーを浴びたラーンは、彼女が殺した神父(ハッピー・アンダーソン)の悪魔的な姿を目にし、彼が数年前に彼女の背中に使ったものと同じようなWの焼き印を押した鉄を持って彼女に近づいてくる。

神父はラーンの首に焼き印を押し、他の人々は彼女を落ち着かせようとする。イリヤナは何とか部屋から出て、このすべてがダニのために起こっていることを他の人に告げる。彼女はSoulswordで再び彼女を攻撃しようとし、ダニはIllyanaを怖がらせるために不気味なスマイリーマスクのいずれかをマニフェストすることによって、彼女をスナップアウトする前に、地獄のような風景に彼女を簡単に輸送します。

レイエスはダニに多くのテストを実行し、ダニは彼女が彼らがミュータントアカデミーに送られることになっていないことを認識させ、Transigen施設( “ローガン “から)で拷問されているミュータントの子供たちのビジョンを見て開始します。

レイエスは彼女の本当の雇い主であるエセックス社に報告し、ダニの力が彼女を脅威にしていると判断し、彼女を殺さなければならないと判断する。

ダニはイリヤナの部屋に行き、話を聞こうとする。彼女はロッキードを落として以来のロッキードを返し、ダニは彼女をどこに運んだのかと尋ねる。イリヤナは「リンボ」だと答える。彼女は彼女がマスクの男性(スマイリーメン)によって囚人として保管されていたときに彼女の力が顕在化したことを説明する。

映画『ニューミュータンツ』ネタバレ.転

レイエスは最後のテストのためにダニーを連れ去る。何かがおかしいと知ったラーンが後を追う。レイエスは毒を注入する前にダニを眠らせようとする。Rahneは彼女が逃げるまで彼女に爪を立てて、通気口をこっそりとレイズを攻撃するために彼女の狼の力を使用しており、Rahneはダニを保存します。

一方、イリヤナとロベルトは、彼らの非表示の盲目の顔を明らかにするために彼らのマスクを削除し、スマイリー-メンに襲われています。スマイリーメンを殺すためにソウルソードとサムの速度を使用した後、十代の若者たちは、それらのファイルを見つけるためにレイエスのオフィスに入ります。

彼女は殺人者として分類されているので、イリヤナはエセックスのための最も実行可能な候補だったが、彼らはダニの力は彼女が殺されようとしていたことを学びます。彼らは施設を出るためには、レイエスを見つけて彼女を殺さなければならないと考える。

映画『ニューミュータンツ』
ラスト・結末をネタバレ紹介

ラーンはレイエスの痕跡を嗅ぎつけたが、レイエスは十代の若者たちを自分のフォースフィールドに閉じ込めてしまう。レイエスはダニの力について、自分の最大の恐怖とトラウマを引き出すものだとみんなに告げる。レイエスがダニを殺そうとしたとき、施設はダニの家を破壊したデーモンベアの攻撃を受ける。デーモンベアはそのままレイエスを食べ、フォースフィールドを破壊。

デーモンベアは残された十代の若者たちまで攻撃していく。イリヤナはソウルソードでリンボに入り、怪物と戦うためにロッキードを生き返らせる。彼らは、彼女はそれと戦うために十分な強さではないと感じているダニは意識不明であるチャペルに戦いを取る。サムとロベルトは、ラーンが狼になっている間、反撃するために自分の力を解き放つ。

他の人が彼らの力でも破壊されているように、ダニは彼女が反撃することを奨励する彼女の父のビジョンを見る。デーモンベアがラーンを食い尽くす直前に、ダニは目を覚まし、穏やかにそれに話しかけ、落ち着かせ、無力化することに成功した。

次の日になると、若者たちが施設から堂々と外出。レイエスによって貼られていたフォースフィールドがなくなっており、外の世界に踏み出せるようになっていた。ダニはほかのみんなに感謝を述べ、それぞれ新しい生活を始めようと進んでいくのだった。

映画『ニューミュータンツ』
疑問点の解説

本作の疑問点について、あれば解説します。

映画『ニューミュータンツ』
感想

映画『ニューミュータンツ』
おすすめの関連作品

本作を見た方におすすめの関連作品について、あれば紹介します。