2019年公開予定おすすめ映画一覧

ホラー映画『アス』あらすじ内容を結末までネタバレ紹介

2017年にホラー映画『ゲット・アウト』を生み出したジョーダン・ピール。当時大きな人気を得たジョーダン・ピールは知名度を挙げることに成功し、今回新たな恐怖を生み出しました。

タイトルは映画『アス/us』。ドッペルゲンガーを題材にしたような映画であり、自分とまったく同じ見た目の人間が登場するホラー作品です。

今回はそんな映画『アス/us』について、あらすじ内容を結末までネタバレ紹介。落ちが秀逸な作品なので、ぜひその全容の解明に役立ててください。

ネタバレ映画『アス』

1986年のサンタクルス。TVのコマーシャル番組で数百万人はいるであろう人たちがカリフォルニアからニューヨークをまたいで手を繋ぎ、大きな線のような姿を形成していました。

これはハンド・アクロス・アメリカと呼ばれるイベント。金銭的な問題で食料不足に苦しむホームレスや飢餓に直面する人たちに支援金を集めるために行われるものです。

一方そのころ、アデレードという名を持つ少女が両親と共にサンタクルスのビーチ上にある遊園地に来場。そこでは各自が楽しんでいました。

父親はアデレードのためにゲームで遊び、景品のTシャツを入手。それから母親はトイレに行きますが、父親は別の遊びに夢中になり、アデレードがいなくなったことに気づきません。

その頃アデレードは一人で遊園地のなかを歩き回り、最中で髪の長い男の子がダンボールを持っているのを目にします。ダンボールには「Jeremiah 11:11」とも書かれていたものの、意味は不明です。

アデレードはさらに歩き、ビーチ沿いのミラーハウスに足を踏み入れます。鏡に映る自分の姿を確認したアデレード。しかしそこで見たのは、自分とまったく同じ見た目をしたドッペルゲンガーでした。アデレードはその姿を見て気絶。

ミラーハウスを出たアデレードは衝撃の体験をしたことでトラウマを植え付けられ、ほとんど喋ることができない失語症を発症します。

心理学者からカウンセリングを受けたアデレード。失語症の対処法は読み書きはもちろん、ダンスをすることが有効と判明しました。そこでアデレードは、クラシックバレエを習い始めます。

幼少期の体験から長い年月が経ち現代。成長したアデレードは失語症が完治しており、旦那や子供もできて幸せな生活を送っていました。旦那の名前はガブリエル、息子はジェイソンで娘はゾーラという名前を持ち、みんな元気です。

あるときアデレードは、家族でサンタクルスの別宅に滞在。そこでガブリエルはビーチに行きたいと騒いだため、みんなで行くことにします。しかしアデレードは幼少期のトラウマが残っており、ビーチに向かうのは乗り気ではありません。

ビーチにはアデレードの家族だけでなく、双子の娘を持つ友人のタイラー夫婦もいました。タイラー夫婦はキティとジョシュという名前です。

それからビーチで遊んでいたところ、ジェイソンがみんなに気づかれることなく一人でトイレに移動。その最中でジェイソンは、浜辺に立つ大きなコートを着用して手を広げる男性に遭遇します。男性の手からは血が垂れており、不気味でした。

ジェイソンが行方をくらましたことに不安を隠せないアデレード。しかしジェイソンはトイレから普通に帰ってきたため無事に見つかります。アデレードはパニックを発症し、幼少期のミラーハウスで経験したことがフラッシュバック。別荘に帰りたいと言いだし、その場は収まりました。

別荘に戻ったアデレードは、旦那のガブリエルに幼少期のトラウマについて報告、すぐに自宅に帰りたいと言います。しかしガブリエルはアデレードの言うことをあまり信じず、なだめるだけで取り合ってくれませんでした。

アデレードはそれからジェイソンのいる部屋に移動。そこにあった時計の針は11時11分で止まっています。それから突然の停電が発生。ジェイソンは家の外に赤い服を来た4人組が立っていることに気づきました。

ガブリエルは4人組に対して叫び、離れるように言います。しかし4人組は直立不動で無反応。気味悪がったアデレードが警察に電話を始めたところ、突如4人は動きはじめます。ガブリエルは4人を静止しようとしたものの、止めきれずに家の中へ侵入。

家のなかで対峙したアデレード家族と4人組は、服装は違うもののまったく顔が同じドッペルゲンガーでした。

アデレードのドッペルゲンガーは名前をレッドと名乗り、自分たちがアメリカ人であること、置かれた境遇について語ります。曰く「昔々、幸せに暮らしている家族がいました。その家族にはプリンセスがいたものの、影によって全てを奪われました。」とのこと。

涙を流しながらそう語ったレッドは、ハサミで脅しをかけながらアデレードを手錠を使って拘束。娘のゾーラは走って逃げるように命令され、ゾーラのドッペルゲンガーであるアンブラが後を追います。

ガブリエルはドッペルゲンガーのアブラハムに殴られて気絶し、外へ引きずり出されたほか、ジェイソンは猿のように動き回るプルートと共に物置部屋に入りました。

アデレードの家族はそれぞれが対峙するドッペルゲンガーとの戦闘に巻き込まれ、奮闘します。

気絶していたガブリエルはビニール袋に入れながらボートに乗せられてアブラハムと戦闘。ボートから落とされかけたところで形成が逆転し、アブラハムをボートのスクリューに巻き込ませる形で勝利します。

ジェイソンは物置部屋でプルートと一緒にいたものの、隙をついて脱出。プルートは猿または犬のような動きをしており、ジェイソンとほとんど同じ動きです。ただ、顔の半分がヤケドしていました。ジェイソンはマジックを見せる形でプルートの動きを引き付け、脱出です。

アデレードはレッドから拷問を受けていたものの、手錠の繋がれているテーブルの脚を鉄の棒で破壊。ちょうどレッドがいなくなった隙にジェイソンと合流し、2人で家の外に逃げ出しました。

ゾーラに関しては森の奥深くまでアンブラに追いかけられたものの、途中で住民が出てきたおかげで逃げ切り。代わりに別の住民が犠牲になります。

アデレード家族がそれぞれドッペルゲンガーから逃げた後、みんなは船乗り場で合流。ガブリエルが運転するボートに乗り込み、家族で友人の家に逃げていきました。船乗り場では、アデレードの姿を見ながら立つレッドの姿も見えます。

アデレードの家同様、友人のタイラー一家にもドッペルゲンガーが出現していました。タイラー一家はドッペルゲンガーに対抗することができず、親はもちろん双子の娘もハサミによる攻撃で命を奪われます。

ちょうどそのころ逃げてきたアデレードはタイラー一家と合流。しかし出てきたのはドッペルゲンガーであり、家のなかはすでに凄惨な状況です。アデレードはドッペルゲンガーに引きずり込まれ、ガブリエルはタイラー一家の旦那のドッペルゲンガーと戦闘。

ジェイソンとゾーラはアデレードを救うために裏口から侵入し、ゴルフで使う道具を武器に見立てて双子の分身と対峙します。結果的にタイラー一家のドッペルゲンガーは残滅、アデレードの家族は軽傷だけで済み、全員が生き残りました。

落ち着いたところでテレビの電源をオンにするアデレード家族。放送されていたニュースではちょうど一連の事件について扱っています。なんでも赤い服を来たドッペルゲンガーがアメリカのあらゆる場所で出現しており、ハサミを使った殺戮が止まることを知らず発生中とのこと。

さらにドッペルゲンガーたちは手を繋ぎ、大きな1つの線を形成しようとしていました。その様子はまるで、ハンズ・アクロス・アメリカです。

タイラー一家が亡くなったため、アデレード家族は車を借りていくことに決定。両親は怪我を負っていたことから娘のゾーラが運転していると、途中でアンブラが出現します。

アンブラは車の屋根に張り付いていたものの、ゾーラの運転さばきによって転落。そのままアンブラは車に巻き込まれ、恐らく死亡、ゾーラの分身はいなくなりました。

さらに車を進めていくと、街中に到着。そこはドッペルゲンガーに襲われた被害者でいっぱいでした。ドッペルゲンガーたちは手を繋いでおり、長蛇の列を形成。

駐車場にたどり着いたアデレード家族はいったんそこで止まります。すると炎上中の車の前にジェイソンのドッペルゲンガーが出現。アデレードはドッペルゲンガーに近づこうとしたものの、ジェイソンは止めます。

それからジェイソンはドッペルゲンガーが自分の動きを真似するという特性を使用し、炎のなかに誘導して勝利。一方でレッドがこっそり近づいており、ジェイソンが誘拐されました。

アデレードはジェイソンを救うため、レッドを追跡しはじめます。

レッドを追いかけた結果、幼少期にトラウマを植え付けられたミラーハウスに到着したアデレード。アデレードはそこで地下に続くエスカレーターを発見し、ジェイソンの居場所と予想して進みます。

エスカレーターを進んだ先で見たのは、白いタイル状の素材で覆われた見たこともない空間。そこには多数のウサギが自由に生活している様子が見られました。

アデレードはそこで、黒板に絵を描いているレッドを発見。その空間は居住スペースであり、政府が秘密で行っていたクローン人間プロジェクトの一環で作られた場所とのことです。

レッドはクローン人間であり、その場所にはほかの人間も数多く存在。クローン人間は元の人間と魂に繋がっているため、同じような行動をすると明かされました。クローン人間は長年にわたり地下での生活を強いられ、いつか地上に対する反乱を起こそうと計画。計画は実行され、今回の凄惨な事件が発生した模様です。

アデレードとレッドは対峙し、格闘に発展。レッドはハサミを使って攻撃を繰り返し、アデレードが劣勢に追い込まれます。最終的にはアデレードが鉄の棒でレッドを突き刺したことで、形勢は逆転。なんとかジェイソンを救出することに成功しました。

アデレード家族は再び合流し、車で街から離れます。一連の事件からは解放され、家族の平和は取り戻されたです。そんなとき、アデレードの脳裏に幼少期のフラッシュバックが再び発生。回想が始まります。

幼少期、ミラーハウスのなかでアデレードはレッドと遭遇。レッドはアデレードの首を絞めることで気絶させ、両者の着用する服を交換しました。気絶中のアデレードは地下に連れていかれ、ベッドと手錠を繋がれて拘束。レッドはそのままアデレードの家族と合流し、普通の生活を始めます。

簡単に言えば、アデレードはレッドであり、レッドはアデレードでした。

フラッシュバックが終わったあと、アデレード(レッド)は笑みを浮かべます。その様子を見たジェイソンもまた、お面を深くかぶります。

その頃アメリカのなかでは、クローン人間たちが長蛇の列を手を繋いで形成していました。