映画

映画[ブラックパンサー]あらすじ内容キャスト公開日・見所謎徹底解剖【最新情報マーベルMCU18弾は見逃すな!】

マーベル映画[ブラックパンサー]が2018年ついに公開!

マーベル映画[ブラックパンサー]はマーベルコミックスに登場するキャラクターを映画において同一の世界観で共有するマーベルシネマティックユニバースシリーズ第18弾です。

そんなマーベル映画[ブラックパンサー]はクロスオーバーの世界観と言いつつもブラックパンサーの単独映画として他の作品を見なくても1作完結で楽しく視聴できるのが特徴ということで、誰でも楽しめる作品です。

海外では日本公開の2週間程度前から上映が開始され大ヒット上映中となっている本作について今回は予告編動画やあらすじ内容・キャスト・公開日などをまとめていきますので視聴前にご覧ください。

マーベル映画[ブラックパンサー]のあらすじ内容はどうなる?

マーベル映画[ブラックパンサー]の時系列は映画[シビルウォー/キャプテンアメリカ]の後の話であると同時に2018年公開のマーベル映画[アベンジャーズインフィニティウォー]につながるという辺りのお話になっています。

具体的にはマーベル映画[シビルウォー/キャプテンアメリカ]で先代のワカンダ国王ティ・チャカが亡くなったことを受けてティ・チャラが王位を受け継ぐところから始まります。

さらなる詳細はこちら
[box class=”black_box” title=”マーベル映画ブラックパンサーのあらすじ内容”]


遥か遠い昔のアフリカでは複数の種族が宇宙から飛来した鉱物「ヴィヴラニウム」を巡り争いが起こっていました。そんなときヴィヴラニウムの力を持つ植物「ハート形のハーブ」を飲むことで強大なパワーを持つものが現れ、争っていた種族をまとめ上げてワカンダ王国を築きます。

ワカンダ国の始まりはそれからのこと、最初に「ハート形のハーブ」を飲みパワーを手に入れたものが初代ブラックパンサーとなり、それは代々受け継がれていくことになりました。

またワカンダ国はヴィヴラニウム鉱石を利用してアフリカの奥地にも関わらず高度な科学技術を身に着け発展を遂げます。

しかしながらワカンダ国は技術を隠すために外部から国を隠して未知の存在とするようにしていました。

~それから現在の事~

爆破テロによって父ティ・チャカを亡くしたティ・チャラはワカンダ国親衛隊のリーダーであるオコエとスパイ任務をしている元婚約者のナキアとともに国への帰路についていました。

ワカンダ国に戻ったティ・チャラは父の跡を継ぐため王位継承のための儀式を行うことになります。

一方その頃宿敵ユリシーズ・クロウとキルモンガーはヴィヴラニウムを盗んでいました。クロウだけはヴィヴラニウムを売るために韓国・釜山に訪れていましたが、ちょうどそこにCIAエージェントのロス副司令官が現れて捕えられます。

捕えられたクロウはロスとティ・チャラによって尋問を受けますが、そこにもう1人の男キルモンガーが現れたためにクロウともども逃げられてしまいます。

その後もクロウやキルモンガーがワカンダ国を襲撃しようとしてくるわけですが、その狙いは何なのか?ヴィヴラニウムをどうするのか?ワカンダ国に関する秘密とは何なのか?

国王となったティ・チャラは国を守るべく黒豹を表すスーツを着てブラックパンサーとして活動します。
[/box]

あらすじとしてはこういったところでしょうか。

sponcerd link

マーベル映画[ブラックパンサー]の見どころ

マーベル映画[ブラックパンサー]の見どころの1つはまず音楽にあります。ケンドリック・ラマーによって全編音楽が製作されたマーベル映画[ブラックパンサー]はどこかテクノなのかファンキーなのかEDMな音楽が特徴的です。

また舞台がアフリカということも見どころの1つと言えるでしょう。これまでのMCU作品ではアメリカなどが舞台になっていたり宇宙が舞台だったりするわけですが、アフリカはどうでしたでしょうか。あまり聞いたことがないのではないかと思います。

ですが今回のマーベル映画[ブラックパンサー]はアフリカの奥地にあるワカンダ国が舞台です。登場キャラクターも黒人の方々が多くキャスティングされているなどしていてこれまでのマーベル映画とは雰囲気がまったく異なっています。

そういった意味でもキャスティングや舞台が見どころと言えるでしょう。

sponcerd link

マーベル映画[ブラックパンサー]の謎!ハートのオーブやヴィヴラニウム

ハート形のオーブはヴィヴラニウムの特性を持っている特別なオーブです。ワカンダ国の王位を継承するものだけがそのオーブを食べることが出来、現王のティ・チャラもそれを食すことによって特殊な力を手に入れています。

そんなオーブが映画ではどのような位置づけとして登場するのかは非常に気になるところです。

またヴィヴラニウムも宇宙から飛来した地球外の物質。なぜ地球にそのような物質が飛来したのか、その裏には何か秘密が隠されているのかなど気になることはたくさんあります。

映画内でヴィヴラニウムの秘密やハート形のオーブの秘密などが明かされるのかは注目しておきたいところでしょう。

またティ・チャラが着用するヴィヴラニウム製のスーツにも気になる謎があります。それは何もかもを吸収して自分のパワーとして使えるという点です。
例を上げれば銃弾などの攻撃を受けた場合その力をスーツに溜め込み、十分に溜まったらそのパワーを使って攻撃に転じることが出来るのです。

なぜそのようなことが出来るのか、もしかしたらインフィニティストーンにも関連性がありそうなのでこの部分についても知りたいところですね。

マーベル映画[ブラックパンサー]の登場キャラクター・キャスト

こちらの記事で詳しく取り上げているのでよろしければ見てみてください!
[kanren postid=”1998″]

マーベル映画[ブラックパンサー]の日本公開日は2018年3月1日!

マーベル映画[ブラックパンサー]の日本公開日は2018年3月1日となっています。ちなみに全米では2018年2月16日から公開されているため日本公開は2週間程度遅くなっている状態です。

ただ海外によるとすでに強大なヒットを遂げている上に批評サイトで高い評価を得ているなど楽しみすぎる作品であることがうかがえます。

それは興収でも見るとわかるのですが、すでに300億円近い売上を記録して映画[スターウォーズ/最後のジェダイ]をもはるかに凌ぐ勢いでヒットしているとのことでした。

マーベル映画[ブラックパンサー]は映画[アベンジャーズインフィニティウォー]へ繋がるため見逃すな!

マーベル映画[アベンジャーズインフィニティウォー]はアベンジャーズシリーズ第3弾にしてついに宿敵サノスがインフィニティストーンを手に入れていき猛威を振るうとされている作品です。そんな第3,4弾はフェーズ3を締めくくる最重要作品。[ブラックパンサー]がその作品と繋がるということであればもはや視聴しないという選択はあり得ない状態です。

マーベルシネマティックユニバース作品群が好きな方、興味のある方は絶対に映画館で視聴しましょう!

マーベル映画[ブラックパンサー]は見れる範囲が広がるIMAXで見よ!

IMAXは高解像度かつ大迫力の音を楽しめる通常の映画施設とは違うものです。IMAXの施設のある映画館は大手シネコンなど上映場所が限られているわけですが、マーベル映画[ブラックパンサー]はなんと上映時間の約半分がIMAX特別仕様だそうです。

つまり通常のスクリーンでは見ることが出来ない部分がIMAXの特別仕様によって見れるとのこと。言い換えればIMAXでないとマーベル映画[ブラックパンサー]のすべての映像を楽しめないということになるため間違いなくIMAX必須となってしまいます。

映像を楽しみたい人には絶対IMAX、別にそこまで興味ないけど話題作だから見るという方ならIMAXじゃなくてもいいかなというところだと思います。

[kanren postid=”1998″][kanren postid=”1929″] [kanren postid=”2114″]
ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA