2019年公開予定おすすめ映画一覧

ネタバレ映画『キャプテンマーベル』あらすじ内容をラスト結末まで紹介【マーベル最強ヒーロー】

2019年3月15日に日本公開された映画『キャプテンマーベル』。マーベルシネマティックユニバースの中では時系列でいうと古い部類に入る1995年が設定されているため、これまで明かされなかった事実がいくつも判明しました。

そこで今回は、映画『キャプテンマーベル』の内容おさらいを兼ねてあらすじをラスト結末までネタバレ紹介。

すでに映画を見たという方向けに見ていきます。

記事の内容

映画『キャプテンマーベル』のあらすじストーリーをラスト結末までネタバレ

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.オープニング

冒頭、キャロル・ダンバースが墜落した飛行機の横に倒れていると、何者かが銃を撃とうとする様子が描写。そこには別の女性もいました。

その後、キャロル・ダンバースはクリー人の住む惑星ハラで起床。冒頭の描写は夢でした。起床したキャロル・ダンバースはそれからスターフォースの指揮官ヨン・ログに会いに行き、戦闘訓練を受けます。

訓練の中で手からエネルギー波を出すキャロル・ダンバース。力を制御できていない件に叱咤するヨン・ログは、キャロル・ダンバースの名前を「ヴァース」と呼んでいました。その後、ヨン・ログの指揮するメンバーらとミッションに参加することとなりました。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.スターフォース

ヴァースが共にするスターフォースは、ヨン・ログのほかミン・エルヴァ・コラス・アトラス・ブロン・チャーのメンバーで構成されるチーム。スターフォースの今回のミッションは、スクラルで工作活動をする同胞のソン・ラーを救出することでした。

ソン・ラーから救難信号のようなものを受けたことによるものであり、早急にミッションが開始。その前にキャロル・ダンバースはクリー人の最高指導者であり知能でもあるシュプリーム・インテリジェンスの元を訪れます。シュプリーム・インテリジェンスの姿は人間であり、キャロルが夢の中で見たもう1人の女性と同じでした。

シュプリーム・インテリジェンスはヴァースに対して、感情を抑えるよう助言します。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.ヴァース捕まる

スターフォースのメンバーは、ソン・ラーが囚われている惑星トルファに到着。ヨン・ログ曰く「スクラル人は変身できるから気を付けろ」とのことでした。メンバーが進んでいくと、惑星トルファの住民を発見。

何者かの襲撃に怒る原住民に対してスターフォースは敵か味方かわからなかったため抵抗しませんでしたが、ミン・エルヴァがいち早くスクラル人の変装を見抜いて攻撃を開始。

正体を現したスクラル人を撃破しました。一方その頃、ヴァースは1人でソン・ラーの救出のために行動。その行動は仇となり、成り済ましていたスクラル人に攻撃を受けて捕まりました。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.ヴァースの過去

スクラル人に捕らえられたヴァースは、宇宙船の中で自身の記憶をのぞき込まれます。描写ではヴァースがジェット機のパイロットであったことや、ドラッグレースに参加していた子供時代の様子、挑戦に対して「お前には無理だ」と罵られる様子などが存在。それからスクラルはどこかの施設でヴァースともう1人の女性が一緒に映る部分をよく観察しました。

その女性の名前はウェンディ・ローソン博士。シュプリーム・インテリジェンスの見た目や、冒頭に映った女性です。しかし、ヴァースの記憶ではこんな人は知りません。

目が覚めたヴァースは左右の手にエネルギーを抑える楔がついていたものの、周辺のスクラルに抵抗。その中で脱出ポットに乗り込んで宇宙船から逃走しました。脱出ポットが壊れたことでそのままヴァースは地球に落下。ブロックバスタービデオ店と呼ばれる場所の真上に墜落します。

墜落したヴァースは平気な顔をしながら近くの車に乗っていた男性に通信機の場所を質問。

一方その頃、同じく脱出ポットを使っていたスクラル人の一部が地球に到着。周辺にいた人物に擬態し、ヴァースの行方を追いかけ始めていました。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.スクラル人の追跡

夜が明けると、ヴァースは教えてもらった通信機のあるお店を訪れてヨン・ログと連絡を取り合います。記憶を覗かれた件についてヨン・ログは何か心配する様子を見せていたものの、ほかのメンバーは無事でした。

それからすぐにS.H.I.E.L.D.のニック・フューリーとフィル・コールソンが通報を受けて到着。ヴァースは自分の身元を明かしたほか、スクラル人が入りこんだから倒したうえで地球を出ていくと言います。ニック・フューリーは嘘のような話に笑顔で答えていたものの、周辺で人間に変装したスクラル人が出現。

ヴァースはスクラル人を追いかけ、ニック・フューリーたちもそれを追跡し始めました。ヴァースは追いかけた先で電車内での戦闘などを繰り返したものの、敵に逃げられます。

その頃ニック・フューリーはフィル・コールソンと共に車で移動。その最中にフィル・コールソンから電話を受け取り、助手席に座っていたフィル・コールソンがスクラル人と気づきました。慌てたニック・フューリーは何を逃れたものの交通事故が発生。無事だったニック・フューリーは助手席で死んでいる宇宙人の姿を見て驚愕します。

スクラル人に逃げられたヴァースは、敵が落とした記憶の断片入りの水晶を解析。自分自身の過去について探求を始めました。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.ニック・フューリー

S.H.I.E.L.D.の施設では、ニック・フューリーが遭遇したスクラル人を解剖して宇宙人に関する調査をします。そこで長官のケラーはニック・フューリーに対して「誰も信じず、1人で調査しろ」と発言。しかしケラーはスクラル人の変装した姿であり、その中でも特に偉い立場にあるタロスであることが明かされました。

ニック・フューリーはヴァースの行方を追います。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.ウェンディローソン博士や新事実の発覚

「パンチョーズ」と呼ばれるバーの記憶が気になったヴァースは、その場所をインターネットで調べつつ地図で探します。地図を見ているときにナンパを受けたヴァースは、その男が乗っていたバイクをこっそり盗んで「パンチョーズ」へ出発。

「パンチョーズ」に着いたヴァースはそこの店員からペガサスに関する話を聞き出そうとしたものの、ニック・フューリーが出現しました。ヴァースはニック・フューリーに対してスクラル人ではない証拠を見せろといい、お互いに変装じゃないか確かめ合います。

それから2人は協力関係になり、機密情報を持つ基地へと向かいました。到着した2人は基地に入り、関係者にウェンディローソン博士のことを質問。VIP待遇でどこかの部屋に通されたものの、監禁されたことに気づきます。

部屋から脱出した2人はウェンディローソン博士の資料がある場所へ移動。その間にはグースと呼ばれる猫にも遭遇。また、ウェンディローソン博士に関する資料がほとんど残っていないことや、亡くなったこと、亡くなる際にパイロットの誰かと一緒にいたことがわかります。

そのパイロットはマリア・ランボーという人物が知り合いとしていたため、2人はその人の場所へ行くことに決定。

しかしニック・フューリーがスクラル人に変装したケラーに援軍を要請していたため、敵に追いかけられました。ニック・フューリーとヴァースは敵が追いかけてくる中で航空機に乗り込み、脱走を図ります。そこには猫のグースも密航していました。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.ロナン・ジ・アキューザー

ヨン・ログはスクラル人に対する今回のミッションが終わった件についてロナン・ジ・アキューザーに報告。

ロナン・ジ・アキューザーは自分の手でスクラルを処理すると言ったものの、ヨン・ログはスターフォースでなんとかすると発言していました。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.マリア・ランボーとの再会

ニック・フューリーとヴァース、更に猫のグースはニューオーリンズにあるマリア・ランボーの自宅に到着。屋外でマリア・ランボーは作業しており、そこには子供のモニカ・ランボーもいました。

マリア・ランボーはヴァースことキャロル・ダンバースと親友であり、共にパイロットとしての道を進んだ仲間でした。マリア曰く、キャロル・ダンバースは6年前に交通事故で亡くなっていること、その事故が隠蔽されたことなどを伝達。死んだはずの親友が突然現れたことでマリア・ランボー自身も困惑します。

そんな話をしている中、マリア・ランボーの隣人が自宅を訪問。ヴァースはスクラルではないかと警戒して隣人に対応したものの、そのときにはすでにタロスが家の中に侵入していました。

警戒マックスでヴァースは対応。しかしスクラル人のタロスは基地で6年前に起きた事故のブラックボックス(録音)を見つけたと話し、みんなで聞こうと提案します。ヴァースは昔のことを知れることを期待し、その提案を飲みました。

そのほか、タロスは猫のグースを見て「そいつはフラーケンだ。近づけるな」と意味深な発言をします。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.ヴァースの過去

ブラックボックスの録音の中で、回想が開始。

6年前、キャロル・ダンバースとウェンディローソン博士は光の速さで飛べるようにするための実験を行っていました。当時パイロットは男性の世界だったため、キャロル・ダンバースは飛行機の操縦ができないのが普通。唯一ウェンディローソン博士の実験だけは飛行機に乗れたため、キャロル・ダンバースはそれに強力している様子です。

あるとき、実験に成功したウェンディローソン博士とキャロル・ダンバースは宇宙に飛び出すほどの飛行を達成。そのとき何者かに襲われて墜落しました。墜落してすぐには生きていた2人。

キャロル・ダンバースはウェンディローソン博士の様子を見ると、緑色の血を流しているのを発見します。それからウェンディローソン博士は実験に使っていたエネルギーコアを破壊しようとしたところ、何者かに撃たれて死亡。直後ヨン・ログが現れます。

キャロル・ダンバースもヨン・ログに撃ち殺されそうになったものの、その前にウェンディローソン博士がやろうとしていたコアの破壊を自分で行い爆発を起こしました。

爆発に巻き込まれたキャロル・ダンバースは、体に強大なエネルギーが流れ始めます。その様子を見たヨン・ログは気絶したキャロル・ダンバースをクリーの惑星に持ち帰り、記憶を改ざんしたうえにドッグタグのかけらに書かれていた「ヴァース」という名前を付けます。

これがキャロル・ダンバースの忘れられた記憶であり、スクラル人に対する敵対心は嘘のものだったことが発覚。また、ブラックボックスのおかげでウェンディローソン博士の秘密の実験室の座標データが判明したため、そこに向かうことにしました。

ウェンディローソン博士の目的は、大きな戦争の終結。それはクリー人とスクラル人同士の争いを集結したいという願いです。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.キャロル・ダンバースの決意

キャロル・ダンバースはこれまで戦ってきたスクラル人が出来ではなかったことや、ヨン・ログに騙されていたこと、本当の敵はクリーだったことを知り圧倒されました。

マリア・ランボーは戸惑うキャロル・ダンバースに、正しいことを辞めるのではなく、タロスやスクラル人に必要な手助けをするよう説得。キャロル・ダンバースはスクラル人の見方につくと選択。スクラル人の科学担当に宇宙へ行くための飛行機の改造を頼みます。

飛行機の改造中、キャロル・ダンバースはモニカ・ランボーにスーツのデザインを依頼。モニカはスーツの色を何度も変更し、最後に赤・青・金の象徴的なデザインにしました。それを見たキャロル・ダンバースも気に入り、ヒーローとしての姿へ変わりました。

キャロル・ダンバースたちが飛行機に乗って地球を旅立った後、ようやく到着したヨン・ログ。ヨン・ログはすぐにキャロル・ダンバースと対面して本来の記憶について確認し、バレたため亡き者にします。しかしヨン・ログと会話したキャロル・ダンバースはスクラル人の変装であり、上述したようにすでに宇宙へ行っていました。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.エネルギーコア・マー・ヴェルの実験室発見

座標の情報を元にタロスやキャロル・ダンバース、ニック・フューリーはマリア・ランボーの運転で飛行機に乗り、マー・ヴェルの実験室のある場所へ向かいます。たどり着いた先は宇宙だったものの、そこには何もありません。しかし、キャロル・ダンバースの能力を使うと巨大な戦艦を発見しました。

戦艦の中を進むと、アーケードゲームやエネルギーコアがあります。エネルギーコアの見た目は完全にテッセラクトです。そのほか、そこにはタロスの子供や妻、複数のスクラル人の姿がありました。クリー人はエネルギーコアを探していたものの、連絡を取るとバレてしまうからと戦艦の中に隠れていたとのこと。

感動の再会の直後、どうやって侵入したのかスターフォースらが出現。騙されていたことに気づいていたキャロル・ダンバースは攻撃を仕掛けようとするも、首に力を抑制する装置を付けられていたためできませんでした。スターフォースはキャロル・ダンバースを拘束。残されたスクラルは囚人として捉えられ、宇宙に放り出される決定がされたうえ閉じ込められます。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.キャロル・ダンバースの覚醒

ヨン・ログとスターフォースのメンバーはキャロル・ダンバースを拘束し、シュプリーム・インテリジェンスのいる場所へ強制移動。キャロル・ダンバースはそこで過去の件を思い出したことについて見つめなおし、覚醒して自力で空間を抜け出しました。

それからテッセラクトが入っていると見せかけた箱を持ちつつスターフォースのメンバーと戦闘。軽快な音楽に乗せられながら圧倒的な力で蹴散らしました。最後にヨン・ログとの戦闘になったとき、箱が落下したことで開封。そこにはテッセラクトが入っておらず、ヨン・ログは自分たちが騙されていたことに気づきます。

一方ニック・フューリーやマリアはテッセラクトを食べたグースと共に逃走。その際クリー人の戦闘員と出くわしたものの、グースは大口を開いて捕食。その後も捕食して敵を退いていたところ、あるとき食べずにクリー人の方に寝返りました。

ただし寝返ったのはクリー人に変装したスクラルだとグースが気づいたからであり、そのまま地球から乗ってきた戦艦に向かいます。戦艦の場所に到着するとグースたちはクリー人に抵抗を開始。捕まっていたスクラル人らを戦艦へ移動しました。

ちょうどそこに騙されていたスターフォースのメンバーが到着。タロスは撃たれて負傷したものの、スクラル人の乗り込んだ船をマリア・ランボーが操縦する形で逃走。スターフォースのメンバーも撃ち落とすべく追いかけます。

マリア・ランボーはミン・エルヴァの攻撃を受けながらも持ち前の運転技術で敵を翻弄。最後にミン・エルヴァの後方を取り、撃墜に成功します。それからヨン・ログも遅れて追いかけてきましたが、キャプテンマーベルの手により抑えられました。

宇宙では、ロナン・ジ・アキューザーらが地球のそばへ到着。ミサイルをいくつも発射して地球破壊を仕掛けます。しかし、覚醒したキャプテンマーベルはミサイルを素手で吹き飛ばし、地球の被害が出ない場所で爆破させて何を逃れ増した。

それでも抵抗しようとするロナンたちの前に、キャプテンマーベルが現れて敵の戦艦を簡単に撃破。危険を感じたロナンは速攻でその場から逃げました。ロナン曰く、「いつかあの女を手に入れる」とのことです。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.ヨン・ログ強制機関&ニックの片目

ヨン・ログはそれからスクラル人を追いかけて小型船に乗り地球へ向かいます。追いかけたキャプテンマーベルはヨン・ログの船を落として対面。ヨン・ログは武器を出さずに素手同士でタイマン勝負したいと発言。しかしキャプテンマーベルはヨン・ログを吹き飛ばし、墜落した船に無理やり乗せました。

シュプリーム・インテリジェンスに伝言を伝えろとキャプテンマーベルはヨン・ログに伝え、船にエネルギーを供給して無理やり惑星ハラへ出発させます。

スクラルの船では、ニック・フューリーが猫のグースと戯れる様子を描写。タロスがそれを見て引き気味な態度を取っていると、グースはニックの片目を引っかきました。引っかいたときは大丈夫そうな様子を見せるニック・フューリー。しかし、その後のニック・フューリーの片目には眼帯がついていることはみんな知っています。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.キャロル・ダンバースはスクラル人の住める惑星を探す旅に出る

キャロル・ダンバースやマリア・ランボー、スクラル人とニック・フューリーは家に集まり、今後について相談。その中でスクラル人の扱いをどうするべきか話し合い、キャロル・ダンバースは新しく住める家を見つける手助けをすることに決めます。

その前に、キャロル・ダンバースはニック・フューリーに改造したうえで2銀河の範囲までは反応するポケベルを返還。緊急事態があった場合だけ使ってほしいとニック・フューリーに伝えました。テッセラクトに関しては地球で極秘に保管してくれと言い、ニック・フューリーは応じます。

キャロル・ダンバースはモニカ・ランボーから”染み抜きした”革ジャンパーを受け取ると、ランボー家族に別れの挨拶。瞬時に宇宙へと旅たち、スクラル人が乗る戦艦の前に出ます。キャロル・ダンバースはスクラル人と一緒に、新しい惑星に出発。

映画『キャプテンマーベル』ネタバレ.ニック・フューリーはアベンジャーズ計画を立て始める

場面変わってS.H.I.E.L.D.の施設。ニック・フューリーは自分のデスクに座りながら「Protector Initiative」の計画を立てます。そこにフィル・コールソンが義眼の候補を持って登場。ニック・フューリーの目がやられたことについてクリーに受けたものか質問しました。

ニック・フューリーは否定も肯定もせず、うやむやな態度。それからニック・フューリーはデスクに置いてあったキャロル・ダンバースの資料を閲覧。見つけた写真には戦闘機と一緒に写るキャロル・ダンバースの姿があり、そこには「キャロル・アベンジャー・ダンバース」とのコールサインがありました。

これを見たニックは、地球外の脅威に対してヒーローを集める計画の名前を「Protector Initiative」から改名。アベンジャーズ計画に変更します。