2019年公開予定おすすめ映画一覧

MCUマーベル映画『ドクター・ストレンジ2』続編のあらすじ日本公開日は?キャスト等最新情報も

日本では2017年1月に公開されたことで記憶に新しいMCUマーベル映画『ドクターストレンジ』はマーベルシネマティックユニバース第14弾目となる映画であり、今までのマーベル作品とはまったく違ったアプローチをしていた異色のヒーロー映画でした。

というのもこれまでのヒーローは物理的な肉弾戦や能力同士の衝突が多かったのに対してドクターストレンジは魔法を使った戦闘をしています。その分映像も移植で美麗、見ていて飽きさせないものとなりました。

そんなMCUマーベル映画『ドクターストレンジ』ですが、続編に関して完全には明かされていないものの着々と準備は進んでいる様子で時より関係者からの声が漏れています。

ということで今回はMCUマーベル映画『ドクターストレンジ2』続編に関することをわかる範囲で追記していきたいと思います。

記事の内容

MCUマーベル映画『ドクター・ストレンジ2』続編原タイトルがドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネスに決定!

映画『ドクター・ストレンジ2』続編のタイトルがフェーズ4が封切られる前に明らかにされました。

そのタイトルは、映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』です。

タイトルで気になるのは、やはり「マルチバース」という部分。マルチバースは多元宇宙を意味するもので、ほかにも次元が存在していることが示唆されています。

最近で言えばソニー・ピクチャーズによる映画『スパイダーマン:スパイダーバース』でマルチバースが描かれ、複数次元に存在するスパイダーマンたちが1つの次元に集合する様子が見られています。

ちなみにマーベル映画のマーベルシネマティックユニバースシリーズは「アース1999999」の次元。仮にマルチバースの仕組みが入るとすれば、別次元に存在するヴィランや仲間たちが登場するかもしれません。

もともとMCUは映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でミステリオが別次元から来たというミスリードを視聴者に植え付けていましたが、今度は本当に切り込みそうです。

ということで今回は、映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』についてわかっている情報をまとめていきます。

映画『ドクターストレンジ2』続編に関する情報は未だに少ないものの一応少しずつ話は進んでいるようです。しかしドクターストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチによると「製作が開始されるのはいつになるかわからない」と話しており、まだまだ製作も企画段階といえます。

ドクターストレンジは天才外科医スティーブン・ストレンジが不慮の交通事故によって両手の神経がマヒするほどの後遺症を残し、そこから色々あって魔術師として魔術的な脅威から地球を守る役目を果たすようになるという映画作品です。

続編に関してはMCUマーベル映画『ドクターストレンジ』でモルドというキャラクターがストレンジとの意見の食い違いによりどこかに行く場面が映し出されていました。

このことからモルドが敵(ヴィラン)になるのではないかと言われています。

MCUマーベル映画『ドクター・ストレンジ2(ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス)の予告編はまだ!

残念なことに、映画『ドクター・ストレンジ2』の予告編は今のところ公開されていません。一応全米公開日から逆算すると2020年12月あたりには最初の予告編が出てくるのではないかと考えています。

それまでは度々入ってくる映画の情報で我慢してください。

MCU映画『ドクター・ストレンジ2』続編のプチネタバレ!脚本がヴィランを「ナイトメア」と明かす

MCUマーベル映画『ドクターストレンジ』の脚本を手掛けたC・ロバート・カーギル氏の話では「ナイトメア」というキャラクターが敵(ヴィラン)になると思うと語られていました。

ナイトメアといえば1963年に登場した”Strange Tales”#110で初登場を果たしたヴィランの1人であり、ドクターストレンジの最大の敵の1人として知られているキャラクターです。

そんなナイトメアは夢の世界を支配して眠っている人々を悪夢に引き込もうとする能力を持っている敵(ヴィラン)でもあります。

本来なら第一弾マーベル映画『ドクターストレンジ』で登場する予定だったそうですが、物語の都合でそれは断念、代わりに出てきたのが地球を飲み込もうとするドルマムゥというキャラクターだったことが記憶に新しいところです。

ちなみにナイトメアが敵になるということは今に語られたという話ではなく以前から監督が発現しているキャラクターでもありました。今後スムーズに事が進むようなら映画『ドクターストレンジ2』続編の敵(ヴィラン)として登場するのはナイトメアということになりそうです。

マーベル映画『ドクター・ストレンジ2』続編でモルドはどうなる?

映画『ドクター・ストレンジ』の終盤で闇落ちしたように見えたモルド。最後のほうでは魔法の能力を得ていた人物から力を奪い取り、「この世界は魔術師が多すぎる」といったニュアンスの言葉を発していたような記憶があります。

そんなモルドは続編でヴィランとなり、世界から魔術師を減らしていくのではと思っていました。

ただもう1つの説として、モルド自身がナイトメアという人格を持って登場するのではというものがあります。これなら「ナイトメア出るのにモルド」どうするの?という問題を一度に解決できますし、MCUはあくまでも原作とは改変しているので話が通ります。

ということでモルド=ナイトメア説は有力です。

映画『ドクターストレンジ』の中でもエンシェントワンに忠誠を誓い魔術を崇拝していたキャラクターのモルド。

彼はエンシェントワンが禁断の魔法を使って不老不死を得ていたことに対して不信感を抱き、価値観の相違によりドクターストレンジの前から去った人物でした。

そんなモルドが敵として登場すると言われていたにもかかわらずナイトメアが敵となったどうなるのでしょうか。

モルドはロキと同じ立ち位置になる?

モルドの扱われ方に関しては既に言及されていました。どうやらモルドはロキと同じような立ち位置にするように考えているということらしく、そうなれば敵でありたまに敵じゃない感をだすようなキャラクターのとなることが予想されます。

モルトは原作コミックでは濃いキャラクターとして出てくるため今後の続編映画でも特徴ある人物として描かれそうです。

またロキと同じような立ち位置となるならいきなり現れてみたりするでしょうか。

MCUマーベル映画『ドクター・ストレンジ2(ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス)』続編のあらすじ・ストーリーは?

映画『ドクター・ストレンジ2』続編のあらすじ内容は、2019年夏時点で明らかにされていません。ただ関係者によると、MCU史上もっともダークな雰囲気で年齢制限のあるホラー映画に仕上がっているとのことです。

そのほか、わかっていることを書いておきます。

時系列は『ワンダヴィジョン』のあと?

ディズニーが始めた月額課金サービス「ディズニー+」にはMCUとも繋がりのあるオリジナルドラマが配信中・配信予定です。そのなかには『アベンジャーズ』でも恋路が描かれていたヴィジョンとワンダ・マキシモフを主人公とした『ワンダヴィジョン』という作品があります。

どうやら映画『ドクター・ストレンジ2』の時系列は『ワンダヴィジョン』のあとの出来事らしいという話がありました。ちなみに映画『ドクター・ストレンジ2』続編にはワンダ・マキシモフも登場予定。

強力な魔術の力を持つドクター・ストレンジと超能力的なパワーが強力なワンダ・マキシモフがどのように絡んでいくのかは見どころの1つです。

MCUマーベル映画『ドクター・ストレンジ2(ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス)』続編の登場キャラクター/キャストは?

映画『ドクター・ストレンジ2』続編の登場キャラクターは、いまのところほとんど明らかにされていません。1つ朗報としては、エリザベス・オルセン演じるスカーレット・ウィッチが登場するというものがあります。

今回は登場が確定していないキャラクターを含めご紹介。

確定:ワンダ・マキシモフ/エリザベスオルセン

サノスをねじ伏せるほどの強力な念の力を持つワンダ・マキシモフ。もともとは人体実験によってその能力を発芽させたものの、原作でも最強キャラクターの1人です。

そんなワンダ・マキシモフが映画『ドクター・ストレンジ2』に登場。果たしてどんな役目になるかは気になります。

演じるのはエリザベス・オルセン。

確定:ドクター・ストレンジ/ベネディクト・カンバーバッチ

映画の主人公なので当然登場するキャラクターがドクター・ストレンジ。もともとは高度な技術を持つ外科医だったものの事故を起こして手に後遺症が残り、藁にもすがる思いで魔術を学び始めたことから魔法の世界に飛び込んできた逸材です。

単独映画ではドルマムゥを根気で倒したうえ、MCUでは最強の敵サノスを倒すために約1400万にも及ぶ未来視をして勝利に導きました。

そんなドクターストレンジを演じるのは、前作と同じくベネディクト・カンバーバッチ。以前からマーベルとベネディクト・カンバーバッチとの間ではもう1作分の出演契約が決まっており、それが映画『ドクターストレンジ2』だったことになります。

最近では映画『グリンチ』や『モーグリ:ジャングルの伝説』などの3DCG映画で声優としてのキャリアも積み上げている同氏。ドクターストレンジとも雰囲気が合うだけにこの先も期待大です。

確定:ウォン/ベネディクト・ウォン

ドクター・ストレンジとも仲がよく、映画『ドクター・ストレンジ』だけでなく『アベンジャーズ』シリーズにも登場してきた脇役のウォンも出演が決定しています。

演じるのはマンチェスター出身の香港系イギリス人ベネディクト・ウォン。地味にカンバーバッチと名前が被っているほか、キャラクターとしての名前も同じなところがポイントです。

最近ではNetflixオリジナル映画『アナイアレイション -全滅領域-』に出演したり、ウィル・スミス主演の『ジェミニマン』にも出ています。

未確定:ナイトメア(キャスト不明)

いまのところ未確定ではあるものの、登場することが濃厚のキャラクターがナイトメア。夢を食らう悪魔的な見た目をしています。

未確定:モルド/キャスト不明

未確定ですが、モルドの出演も濃厚。演じるのは前作と同じであればキウェテル・イジョフォーです。

同キャストは映画『ライオン・キング』でスカーの声を担当したほか、ディズニーの悪役が主人公として登場する『マレフィセント2』にも出演。悪役の似合う方です。

ドクターストレンジはフェイズ3で終わりではない!

フェイズ3といえば『アベンジャーズ インフィティウォー』が締めくくる大作フェイズです。そしてインフィティウォーではたくさんのヒーローたちが犠牲になると言われていることをご存知でしょうか。

そうなるとドクターストレンジも亡くなってしまうのでは?と思ってしまいますが、続編をやるとしたら時系列を考えるとドクター・ストレンジは生きている必要があるため、インフィティウォーでは亡くならない予想が立てられます。

実際時間を操るキャラクターなだけにやられるけど時間戻して生き返ったりもしそうですが、ドクター・ストレンジが鍵を握っているような感じもしています。

マーベル映画『ドクター・ストレンジ2』監督は続投へ!

『ドクターストレンジ』で監督を努めたスコット・デリクソンが、マーベル&ディズニーと正式な契約を交わし、続編でもメガホンを取ると発表されています。

スコット・デリクソンといえば、2018年11月に入ってから起きた米カリフォルニアの大規模火災の被害者の1人。自宅を山火事に巻き込まれながらも、家族や『ドクターストレンジ』に登場する「アガモットの眼」を掴んで咄嗟に逃げるほどの愛情の持ち主です。

続投となれば前作以来の長編映画を担当することになるため、SF映画『地球が静止する日』などで培った表現力を余すことなく発揮してほしいところです。

マーベル映画『ドクター・ストレンジ2』続編の公開日は?

 MCU映画『ドクターストレンジ2』続編の気になる公開日は今のところ発表されていない状態です。そもそもマーベル公式からは製作すらも発表されていないためそれは当然の事でした。

とはいえ2019年までの公開は確実にないので公開されるならば2020年、2021年頃になることが予想されます。


MCUシリーズの中でも独特な世界観を持つことで人気の映画『ドクターストレンジ』の続編の公開日は、正式な情報がありません。

ただ、有力な情報を入手したとされる米ハリウッドリポーターによると、2019年には脚本の執筆、2020年にはクランクイン、2021年5月には公開予定とのこと。

2019年の映画『スパイダーマン ファーフロムホーム』からフェーズ4に入っていくだけに、2021年公開となればちょうどフェーズ中盤に差し掛かっていそうな位置になります。

初公開が2016年だったことを考えると5年待つことになる本作。期待を胸に最新情報をお届けします!
 

多元宇宙への切り込みをかけていくことが期待される映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』の全米公開日は、以前から言われていた2021年5月7日に決定しました。

MCUのなかでも異色の雰囲気を放つ今作は年齢制限ありでホラー要素を組み込むということで、前作を凌駕する独創的な映画になることが期待できます。

詳細は追って更新予定。