2019年公開予定おすすめ映画一覧

映画『ジョーカー2』続編あらすじキャストと日本公開日は?そもそも公開される?

2019年10月4日に日米同時公開された映画『ジョーカー』。ジョーカー自体はこれまでたくさんの映画に登場してきたものの、単独作品としては初めての試みです。

そんな映画『ジョーカー』ですが、ホアキン・フェニックスの凄まじい演技力とトッド・フィリップスの演出、音楽などの効果でとんでもない化け物作品に変身。

全世界で称賛を浴び、映画関連の賞を受賞するのも確実視されています。そんな映画『ジョーカー』なら、続編はあるのではないか?と思う方もいるはず。

そこで今回は、映画『ジョーカー2』続編について紹介。

MEMO
2019年10月4日時点の情報。

映画『ジョーカー2』続編は公開される?

結論から言うと、残念ながら映画『ジョーカー2』続編の予定は今のところないのが現状です。

監督のトッド・フィリップスは8月頃のインタビューで、一応続編を示唆するようなコメントを残していました。しかしながらその後、続編の存在をきっぱりと否定。

低予算にも関わらず1億ドル以上の興収を公開週に記録するなどノリに乗っているものの、作る気はないとのことです。

トッド・フィリップスは、本作でホアキン・フェニックスがやりたいことを何でも盛り込んでいました。そして映画『ジョーカー』を1つの作品として売り込んでおり、世界はこれだけのようです。

ちなみにホアキン・フェニックスやトッド・フィリップスの意向を完全に無視するならば、続編の可能性はあります。

というのも、配給でもあるワーザーブラザーズが当たりの映画で続編を望むのは普通のことのため。製作会社が続編に積極的として、後はホアキン&トッドを説得できるかにかかっていると思われます。

続編ではないけど映画『ザ・バットマン』は公開予定

ジョーカーの続編ではないものの、一応宿敵でもあるバットマンの単独映画は近年公開が予定されています。タイトルは原題で『ザ・バットマン』。

しかし残念なことに、映画『ザ・バットマン』にジョーカーが登場する予定はありません。そもそも映画『ジョーカー』とは世界観を共有しておらず、30代前後のバットマンが探偵として活動する様子が描かれます。

仮に出るとして、なおかつ世界を共有するならジョーカーは50代前後。現状は製作サイドが「ジョーカーはでない」と公言しているため期待できないものの、バットマンが好きな方は覚えて損はありません。

関連記事:DC映画『ザ・バットマン』あらすじキャスト日本公開日は?最新情報まとめ

映画『ジョーカー2』続編のあらすじ内容

公開が予定されていないため、あらすじ内容は存在しません。ちなみにジョーカーの原作コミックにおける所行は多すぎるため、ネタにできそうなものはいくらでもあります。

仮にバットマンと対戦する場合は、ジョーカー誕生から20年以上は先の時系列になる可能性。(本編のブルースが10代前後なので)

単純にジョーカー誕生後かつバットマンが誕生する前なら、時系列としては本編最後から数十年先のバットマン引退までありえるでしょう。

ジョーカーの悪い行いを見たいならアニメ映画などを見たほうがいいかもしれません。

関連記事:DCジョーカー登場の厳選おすすめ映画6選:全31作を徹底紹介!

映画『ジョーカー2』登場人物・キャスト

製作が予定されていないので、登場人物・キャストは不明です。仮にあるとすれば、ホアキン版ジョーカーというのがポイントなのでホアキン・フェニックスは間違いなくキャスティングされます。別人ならもはや別の作品としか言えないので、製作側も恐らくホアキン・フェニックスの雇用で問題が生じたら続編はありえません。

そのほかであればバットマンやゴードン刑事などは登場人物としてありえます。

映画『ジョーカー2』監督・脚本

現状は製作予定がないため不明。トッド・フィリップスが続投するかどうか。

映画『ジョーカー2』日本公開日

製作が予定されていないため不明。

しかしながら2022年まではDC関連の映画公開予定が詰め込まれているため、あっても2023年とかだと思います。ただ作品として成功しているので、仮に続編があるなら優先的に製作されて早めに公開する可能性も否定できません。

続編の話が持ち上がるのであれば、情報が入り次第更新予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です