映画

ディズニー実写映画[ライオンキング]あらすじ内容&キャスト公開日最新情報【ディズニー不朽のアニメ名作が実写公開へ!】

ディズニー実写映画『ライオンキング』が製作発表&初公開日が決定!

1994年に初公開されたディズニーアニメーション映画『ライオンキング』はアニメ映画歴代興行収入ランキングにおいてトップ3となる不朽の名作として誰もが知っている作品です。そんな映画『ライオンキング』が今回ディズニー実写映画としての製作が決定し、2019年に公開されることとなり話題を呼んでいました。

アニメ映画『ライオンキング』はその後劇団四季によって公演化もされているだけでなく長年に渡り公演している作品でもあります。それもいまだに予約が先まで伸びていて見るのも大変。

私は学校のイベントで劇団四季に赴いて学生みんなで『ライオンキング』を見た記憶がありますが、映画をうまく劇で表現されていたことで今でもうっすらと記憶に残っています。

そんなアニメでも劇でもグッズとしても愛されている作品が実写化となれば見ないわけにはいきません。

今回はそんなディズニー実写映画『ライオンキング』に関する最新情報を追記制でまとめてご紹介いたします。

ディズニー実写映画『ライオンキング』のあらすじ内容はどうなる?&おさらい

ディズニー実写映画『ライオンキング』のあらすじ内容は今のところ判明していません。とはいうものの恐らくアニメ映画『ライオンキング』の内容をリスペクトしたものとなることが予想出来るので、今回はアニメ版のストーリーをおさらいしておきましょう。

[box class=”black_box” title=”アニメ版映画『ライオンキング』のあらすじ内容おさらい”]

動物がたくさんいる王国プライド・ランドでライオンの王ムファサの息子シンバが生まれてきました。そしてムファサは息子シンバに対して王になるための心構えや自然界での生き残る法則などを教えていました。

しかしシンバは早く王になりたい!という気持ちがあっても子供だからか遊んでばかりです。

そんな中でムファサの息子であり王位継承権を持つシンバに対してよく思っていないものがいました。それがムファサの弟のスカー(シンバの叔父)。

スカーはシンバが王にならないようにする方法がないかを考えた結果、ムファサとシンバを亡き者にする計画を立てます。その計画は見事に成功、ムファサは亡き者になってしまいました。またシンバは生きていたもののムファサを殺めた犯人としてスカーに糾弾され、プライド・ランドから追放されてしまいます。

その結果スカーは王となり、シンバは王国から離れて生活するのでした。

シンバは生活の最中に陽気で元気なミーアキャットやイボイノシシで食いしん坊なティモンとプンバァコンビに遭遇します。そんなこんなでシンバは楽しく生活していましたが、あるとき王国から逃げ出した幼馴染のナラと偶然に再開。

なんとプライド・ランドがスカーの酷い管理のせいで荒廃しているというのです。それを知ったシンバは故郷に帰ろうと思いましたが、父親を殺めた事実の後ろめたさでなかなか行動に移せません。

しかし最終的には故郷に戻りスカーと対決することになりました。

対決の結果スカーを見事倒したシンバは国を治める王となることになりました。かくしてプライド・ランドに平和が戻ったのです。

またシンバは幼馴染のナラとも結婚し、子供を設けて幸せに生活するのでした。

[/box]

アニメ映画のあらすじ内容・ストーリーは大体このような感じです。ちなみに『ライオンキング』自体は続編が3作品あるのでそこらへんも含めてどこまで実写映画で扱うかは気になりますね。

続編はシンバとナラの間に生まれた子供の物語である『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』、ティモンとプンバァの出会いに軸を置いた舞台裏のような作品『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』、スピンオフ作品『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』で構成されています。

sponcerd link

ディズニー実写映画『ライオンキング』の主人公シンバ役にドナルド・グロヴァーがキャストへ!

子供の頃は陽気でやんちゃな元気いっぱい子ライオンだったシンバは父親を殺めた責任を負わされ心に重い傷を残します。その後色々克服して王となるシンバ役を演じるのはラッパーであり俳優でもあるドナルド・グロヴァー。

1983年9月25日にアメリカカリフォルニアで生まれたドナルドはマッド・デイモン主演の火星でのサバイバル&地球への帰還を描いた作品『オデッセイ』で1人の科学者役を演じた人物です。

マーベル映画『スパイダーマン:ホームカミング』にも実は出演しているドナルドはハン・ソロのスピンオフ映画にも出演予定ということで今熱い俳優さんです。

sponcerd link

ディズニー実写映画『ライオンキング』のヒロイン、ナラ役のキャストは歌姫ビヨンセ

1981年生まれのビヨンセはアメリカの大物歌手であり多方面で活躍する女優。映画に関しては約5年ぶりのキャスティングとなります。

ナラはシンバの幼馴染にして恋人~結婚相手となる重要なキャラクターの女の子です。

『ライオンキング』自体がミュージカル調な映画の部分もあるためナラ役を演じるビヨンセも劇中でその美声を響かせてくれるのではないでしょうか。

『ライオンキング』には有名な楽曲もありますしそんな楽曲がアレンジされたものが流れるとなればとても楽しみな部分がありますね。

ディズニー実写映画『ライオンキング』のティモン&プンバァコンビのキャストは!

シンバに出会ったことで親代わりを務めるティモンとプンバァは『ライオンキング』の中でも主役に近い存在です。そんなお調子者のティモンと食いしん坊なプンバァのコンビは見ていて自然な笑いがこみあげてくるキャラクター。

テレビシリーズの『ライオン・キングのティモンとプンバァ』では実際に主役などにもなっています。

そんな二人のキャストはセス・ローゲンとビリー・アイクナーでした。

ディズニー実写映画『ライオンキング』のその他キャストは?

ラフィキ役にジョン・カニ
スカー役にキウェテル・イジョフォー
ムファサ役にジェームス・アール・ジョーンス
シェンジ役にフローレンス・カサンバ
カマリ役にキーガン=マイケル・キー
サラビ役にアルフレ・ウーダード
アジジ役にエリック・アンドレ
ザズ役にジョン・オリバー
若いころのシンバ役にJDマクラリー
若いころのナラ役にシャハディー・ライト・ジョゼフ

ディズニー実写映画『ライオンキング』はCG技術が見どころになるか?

ディズニー実写映画『ライオンキング』で監督を務めるジョン・ファヴローは映画『ジャンブルブック』で監督を務めた人物なわけですが、その時の映像は劇中の壮大な自然や動物を最新の3DCGで素晴らしいものに仕上げていました。

そんなジョンファブローが今度は『ライオンキング』を手掛けるということで3DCGによる映像が期待できます。アニメ映画『ライオンキング』でもその自然は壮大なものだったわけで、それがどう表現されてくるのかトレイラームービーが今から楽しみでなりません。

動物たちの毛並みとかティモンとプンヴァのコンビとか気になりますよね。

ディズニー実写映画『ライオンキング』の公開日はいつになる?

最近では『ジャンブルブック』、『ダンボ』、『アラジン』、『ジャングルクルーズ』など大人気アニメーションの実写映画化に勢力を注ぐディズニーですが、子供ライオン「シンバ」が王になる成長を描く『ライオンキング』の実写版映画の公開日は2019年7月20日とされています。

ただしこれは全米公開日となっているため、2018年3月現在は日本公開日未定というのが現状です。

2018年のおすすめ洋画をまとめた記事も書いています↓
[kanren postid=”1181″]

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA