2019年公開予定おすすめ映画一覧

『ゴジラ キングオブザモンスターズ』登場怪獣を紹介

登場怪獣一覧

ゴジラ

主人公怪獣

モスラ

怪獣モスラとは?能力や種類・トリビア徹底解説

ラドン

怪獣ラドンとは?特徴や強さ・能力・トリビアなど徹底解説

キングギドラ

怪獣キングギドラとは?特徴や弱点・5個のトリビア徹底解説

ムートー1,2,3

ムートーは、2014年の映画『ゴジラ』から登場しているゴジラの天敵のような存在です。

ベヒーモス

ベヒーモスは、聖書におけるベヒーモスに由来するであろう巨大生物。四つん這いで歩く巨大な猿のようにも見えますが、マンモスのような大きな牙を対で持っている様子が確認できます。

キングオブザモンスターズの戦いのあとはアマゾンに行き、森林環境を良い方向に導くような影響を及ぼしているとのことです。

スキュラ

スキュラは、先史時代から存在する巨大なクモ型怪獣のこと。英名ではギリシャ神話に登場する12本の触手と6個の頭を持つ海獣のことで、水中で生存可能といわれています。また脚に関してはカニの特徴を持っており、蜘蛛にも見えます。

登場した場面で見ると6本の脚と2つの関節を持つほか、鋭い脚で岩をも切り裂く様子が確認可能。

アメリカ西部の砂漠地帯にあるモナーク施設の管理下にあり、キングギドラによって目覚めました。ゴジラがキングギドラを倒した後は、湖に住んでいるとのことです。

Kong


『キングコング:髑髏島の巨人』ネタバレ結末まで紹介!疑問や登場モンスター解説

そのほかの登場怪獣・伝説上の生き物

そのほか登場した生き物は、キングギドラが神話上の生き物として説明された際に出てきた絵画のようなものなどに映っていました。怪獣というわけではないですが、一応紹介しておきます。

モケーレ・ムベンベ
モケーレ・ムベンベは、アフリカのコンゴ共和国やガボン、ギニア、ナイジェリア、カメルーンなどの国で目撃情報がある未確認生物のこと。カバやゾウと同じくらいの大きさを持ち、ブラキオサウルスといった首の長い恐竜の外見とよく似ています。

現地では伝説的な扱いを受けており、未確認生物を求めてやってくる客によって観光資源の1つとして扱われている模様。一応日本でも1998年に研究チームが調査に行っているものの、現在まで明確な情報は明らかにされていません。

その正体は、ゾウ・サイ・カメなどが有力です。

バフォメット
バフォメットは、キリスト教を出どころとした悪魔的な存在のこと。黒ヤギの頭にカラスの翼をつけた異様な見た目をしており、凄惨な儀式を主催する者という位置づけです。

ヤギやカラスだけでなく、ロバの尾やガチョウの足を持っているのも特徴。初めて登場したのは14世紀頃で、テンプル騎士団がバフォメットを崇拝していたと言われています。

ティアマット
海の女神。

タイフーン
台風。

アバドン
滅ぼすもの。

Leviathan (computer screen)
リバイアサン

Sargon (computer screen)
ふめい。

バニップ
水辺に棲む伝説上の生き物。

メトセラ(Methuselah)
アンギラスみたいな怪獣。山の一部のような形で発見。