映画

ビデオマーケットの強みメリットデメリットや評判・口コミ解説するよ

VODのビデオマーケットってどんなとこ?

ビデオマーケットを運営している会社の名前はビデオマーケット。そんなビデオマーケットが運営しているVOD動画配信サービスが今回紹介していくビデオマーケットです。

「music.jp」といった知名度の高い「MTI」の関連が運営しています。

ビデオマーケットは他のVOD動画配信サービスと比較してみると比較的若く知名度がないようにみえます。しかし国内外を問わずたくさんの企業との契約を結ぶことで映画やアニメ、テレビ局のオンデマンド放送など多岐に渡り対応している規模は大きい動画配信サービスです。

ビデオマーケットの最大の特徴は動画配信数。dTVやU-NEXTなどは12万本という大量の動画を配信しているのに対してビデオマーケットは20万本以上という国内最大級の動画配信サービスです。

そのラインナップも多数の企業と契約しているおかげで最新映画作品から国内外のヒット映画、知名度の低いお宝のような映画、子供から大人まで楽しめる幅広いアニメラインナップなど様々です。

パチや麻雀、ギャンブルからヨガやエクササイズといった便利なものまで扱われているのも特徴的です。

ビデオマーケットの独自の強みやメリット

上映終了した最新映画がレンタルよりも早く視聴可能

上映中の映画は終了後にDVDの販売や店舗によるレンタルサービスなどが遅れて開始されますが、ビデオマーケットはこういったレンタルよりも早い段階で課金などによる視聴が可能なサービスを提供しています。

そういったサービスはデジタル先行配信などと呼ばれていて他のVOD動画配信サービスでも聞くことはありますが、ビデオマーケットはどこよりも早く配信出来るように心がけています。

なぜこのようなデジタル先行配信が可能なのかと言えばデジタルだからです。市販のDVDはパッケージが作られてDVDに焼かれ、工場で販売できるような形までラッピングされたあとに店頭やレンタルなどが出来るまで至ります。

これに対してデジタル先行配信なら動画のデータを受け渡して課金されたら動画を個別に配信できるというスタイルのため無駄を徹底的に省いています。

そういった背景によってビデオマーケットは独自の強みとして最新映画をどこよりも早く配信できる設備を整えているのがすごい部分です。

他の動画配信サービスを凌ぐ圧倒的な20万本の動画

ビデオマーケットの圧倒的な強みと言えば動画配信数です。U-NEXTやdTVは12万という最大級の動画配信数を誇るサービスとして知られていましたが、ビデオマーケットは8万本上回る20万という動画が配信されています。

8万本違いがあればそれだけ今まで見つけられなかった懐かしい映画アニメやマイナーな作品まで見つけられる余地が増えるため非常に強みと言えるサービスです。

なぜこんなにも動画配信をすることが出来ているのかと言えばビデオマーケットの運営会社がビジネス上手な部分があるでしょう。ビデオマーケットはたくさんの企業やテレビ局、映画関連会社と契約を結ぶことでより多くの作品を配信出来るように日々進化しています。

ですのでこれからも動画数は増えていくことでしょう。一時は18万という宣伝だったのが2018年4月には20万本なので、果たしてどれだけ増えていくのか注目が集まります。

テレビやドラマの見逃し配信も充実

現在放送中のテレビドラマやアニメは見逃してしまうと一週間分ストーリーが空いてしまい困ります。そんなときにビデオマーケットは見逃し配信で視聴できるサービスも提供しているため見逃しを減らすことができ、安心して毎週ドラマやアニメを視聴することができます。

見たい作品の特集や検索機能も充実

ビデオマーケットは20万本という大量の動画があるためなかなか見たい作品を決めるのも大変かもしれません。しかしその分特集ページやジャンルの検索機能が充実しており、特段見たい作品がない場合でも紹介を見ることで新たに興味を持てる作品を見つけ出したりできます。

ポイントの持ち越しも180日

VOD動画配信サービスには課金レンタルといった仕組みがあるのはビデオマーケットも同じです。そしてポイントはVODごとに持ち越せる日数などが変わるのですが、ビデオマーケットは最大180日まで持ち越し可能という普通よりも多いイメージを持つことができます。

VOD動画配信サービスによっては翌月にはポイントが失効してしまうといったサービスがあることを考えたら180日は長いほうです。ポイントを貯めがちな人にはおすすめしたいポイントと言えます。

倍速再生のほか通常よりも遅い再生まで可能

ビデオマーケットの大きな強みが再生速度が充実している点です。倍速設定では5段階の速度設定が可能になっており、遅ければ通常より50%遅い0.5倍速から早ければ1.3,1.5,2倍速まで3段階速度を上げることができます。

忙しい人やシリーズが続いている過去作品を一挙見したいという方にはかなり便利な機能ですが、倍速再生機能は思ったよりも実装しているVOD動画配信サービスが少ないものでもあるため貴重です。

人工知能(AI)が見たい作品を推薦してくれる

ビデオマーケットは独自の人工知能を開発することで個別に見ている作品を分析し、それぞれが見ている作品の特徴から見たい映画の推薦などをしてくれるAIがいます。

また見逃した作品なんかの連絡もしてくれるため便利なシステムと言えるはずです。

sponcerd link

ビデオマーケットのデメリット

ダウンロードできない

ダウンロードしてオフライン再生で動画を見るサービスはVOD動画配信サービスとしては当たり前のように実装されている機能ですが、ビデオマーケットはダウンロードは出来ないためストリーミング再生に限られます。

つまり自宅でもスマホでも外出先でも通信が発生するということです。外出先で動画を見る場合通信量も多く、通信契約によって速度制限や料金超過なども発生する原因です。

通信関連に問題がなければ大丈夫ですが、契約する場合はダウンロードでオフライン再生できないということを頭に入れておかなければなりません。持ち歩きwifiを契約しているような方や無料wifiスポットを知っている方なら外出先でも安心して利用できます。

sponcerd link

ビデオマーケットの口コミ・評価・評判

見たいと思った作品がほぼ必ずあった

この動画サイトには見たいと思った作品がほぼ必ずありました。さすがに20万本の配信ということもあって昔ながらの作品で他にはないようなものまで取り揃えていたのがとてもいいと思います。

さらにレンタル料金に関しても動画配信サービスにしては他よりも安い課金なイメージがあるので気軽に課金出来ちゃいます。

近くにレンタル店がないという方にはガソリン代などの交通費を考えたらビデオマーケットのほうが安くすむかもしれませんよ。

先行配信はそれなりに便利

上映が終わってしまった作品など映画館でいつか見ようと思っていた作品が終わったときにレンタルがここが早そうだったので契約してみました。レンタルショップと比較すると先行でポイントは必要だけど映画館で見るよりは安く済みますしいいですね。

ただそれだけが良かっただけそれ以外は微妙かも?毎月ポイントを消費して映画館で見れなかった作品だけ補完しておけばいいかなという感じでした。

見放題が少ない

配信数が多いことに興味を持って契約してみました。しかし見たいと思った作品が大抵レンタルばっかりで全然見放題がありません。見放題の作品なんかは見たいと思う作品が少なくてお金を払う価値があったかと言えば微妙です。

アマゾンプライムやフルとユーネクストあたりに入っている人は特に契約しなくていいかも?

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA