2019年公開予定おすすめ映画一覧

ネタバレ映画『ハリー・ポッターと賢者の石』疑問解説

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』作品概要

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の作品概要
日本公開日:2001年
上映時間:152分(ロングver.159分)
ジャンル:ファンタジー
監督:クリス・コロンバス
脚本:スティーブ・クローブス
日本興収成績:203億円

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』キャラクター/キャスト/吹き替え

ハリー・ポッター/ダニエル・ラドクリフ/小野賢章
主人公。

ロン・ウィーズリー/ルパート・グリント/常盤祐貴
ウィーズリー家の下の子。

ハーマイオニー・グレンジャー/エマ・ワトソン/須藤祐実
マグル生まれの新米魔法使い。成績優秀。

アルバス・ダンブルドア/リチャード・ハリス/永井一郎
ホグワーツ魔法学校の校長。

ミネルバ・マクゴナガル/マギー・スミス/谷育子
教職員。

ルビウス・ハグリッド/ロビー・コルトレーン/斎藤志郎
体がデカい。

セブルス・スネイプ/アラン・リックマン/土師孝也
スネイプ先生。

フィリウス・フリットウィック/ワーウィック・デイヴィス/田村錦人
特記なし。

ゴブリン/ワーウィック・デイヴィス/田村錦人
銀行にたくさんいる。

グリップフック/ヴァーン・J・トロイヤー/宮澤正
特記なし。

クィリナス・クィレル先生/イアン・ハート/横堀悦夫
危ない人。

マダム・フーチ先生/ゾーイ・ワナメイカー/火野カチコ
特記なし。

アーガス・フィルチ/デイビッド・ブラッドリー/青野武
特記なし。

ドラコ・マルフォイ/トム・フェルトン/三枝享祐
ハリーやその周辺人物にいらぬ態度をとるお子さん。

ネビル・ロングボトム/マシュー・ルイス/上野容
特記なし。

バーノン・ダーズリー/リチャード・グリフィス/楠見尚己
ハリーの血のつながらない両親。

ペチュニア・ダーズリー/フィオナ・ショウ/さとうあい
ハリーの血のつながらない両親。

ダドリー・ダーズリー/ハリー・メリング/忍足航己
ハリーと血のつながらない兄弟。

ビンセント・クラッブ/ジェイミー・ウェイレット
特記なし。

グレゴリー・ゴイル/ジョシュア・ハードマン
特記なし。

オリバー・ウッド/ショーン・ビガースタッフ/川島得愛
特記なし。

フレッド・ウィーズリー/ジェームズ・フェルプス/尾崎光洋
ウィーズリー家の双子。

ジョージ・ウィーズリー/オリバー・フェルプス
ウィーズリー家の双子。

シェーマス・フィネガン/デヴォン・マーレイ/渡辺悠
特記なし。

ディーン・トーマス/アルフレッド・イーノック/山本隆平
特記なし。

パーシー・ウィーズリー/クリス・ランキン/宮野真守
ウィーズリー家の一番年上の子供。

リー・ジョーダン/ルーク・ヤングブラッド/進藤一宏
特記なし。

ケイティ・ベル/エミリー・デイル
特記なし。

アンジェリーナ・ジョンソン/ダニエル・テイラー
特記なし。

アリシア・スピネット/リー・シュザーランド
特記なし。

テレンス・ヒッグス/ウィル・シークストン
特記なし。

エイドリアン・ピュシー/スコット・ファーン
特記なし。

マーカス・フリント/ジェイミー・イェイツ/天田真人
スーザン・ボーンズ/エレノア・コロンバス
特記なし。

モリー・ウィーズリー/ジュリー・ウォルターズ/一龍斎貞友
ウィーズリー家の人。

ジニー・ウィーズリー/ボニー・ライト/山田千晴
ロンの妹。ハリー・ポッターを初めて見たときは感動の声をあげる。

ほとんど首無しニック/ジョン・クリーズ/たかお鷹
首の皮一枚繋がったまま亡くなった幽霊。

オリバンダー老人/ジョン・ハート/小林勝也
特記なし。

血みどろ男爵/トレンス・ベイラー
特記なし。

太った修道士/シモン・フィッシャー・ベッカー
特記なし。

灰色のレディ/ニーナ・ヤング
特記なし。

組分け帽子の声/レスリー・フィリップス/石森達幸
ホグワーツ魔法学校の新入生に被せることで、グリフィンドール、スリザリン、ハッフルパフ、レイブンクローの4箇所に組み分けしてくれる不思議な帽子。

太ったレディ/エリザベス・スプリッグズ/竹口安芸子
特記なし。

ジェームズ・ポッター/エイドリアン・ローリンズ
ハリー・ポッターの父親。優秀な魔法使い。

リリー・ポッター/ジェラルディン・ソマーヴィル
ハリー・ポッターの母親。マグルの優秀な魔法使い。

フィレンツェの声/レイ・フィアロン/宮内敦士
特記なし。

キングス・クロス駅の駅員/ハリー・テイラー/石住昭彦
魔法世界とマグルの住む世界を行き来する駅の駅員。

ディーダラス・ディグル/デイビッド・ブレット
特記なし。

漏れ鍋のバーテンダー/デレク・デッドマン
特記なし。

ホグワーツ特急のワゴン販売員/ジーン・サザーン
恐らく、序盤でハリーが電車の中で販売されていたお菓子を全て買った時の人。

名前を言ってはいけないあの人/リチャード・ブレマー/江原正士
ヴォルデモートのこと。この時はまだ自分自身の完璧な肉体を持たない。

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』あらすじ短く結末までネタバレ

両親を赤ん坊の頃に亡くしたハリー・ポッターは、物心がつく前から母方の妹のペチュニアおばさんに引き取られ、ダーズリー家の子供として育てられていた。しかし、義両親からの扱いは悪く、階段下にある物置で生活しており、ダーズリー家の息子ダドリーとは比べものにならない生活をしている。

11歳の誕生日が近づいたある日のこと、ハリーにホグワーツ魔法魔術学校から入学を許可する旨の手紙が届く。義両親はその手紙を幾度となく捨てるが何度も自宅に送られてきて、最終的には学校の先生ハグリットが直々に訪れ、連れていかれるのだった。このとき、ハリーは両親が亡くなった原因が交通事故ではなく、ヴォルデモートにやられたと知らされる。

ハリーは初めての魔法界へ行くための電車に乗ると、さっそくロンとハーマイオニーの名乗る男女と友達になり、ホグワーツ魔法魔術学校でグリフィンドールに組み分けされて、共に勉強の日々を過ごし始める。

学校生活を営む中で、ハリーは賢者の石の存在を知った。何でも不老不死の力が手に入る石という事らしく、魔法薬学の先生セブルス・スネイプが狙っているらしい。スネイプ先生はハリーに意地悪をする人物で、箒に乗って戦うクィディッチの試合ではハリーを落とそうとしたり、怪しい人物だった。また、スネイプ先生が「闇の魔術に対する防衛術」の先生クィレルを脅迫する様子を見たことがあるため、ハリーも疑っていた。

賢者の石が三つ頭の犬の部屋の下にあると考えたハリー、ロン、ハーマイオニーは、その場所へ入っていった。そしてチェスの戦いなどを勝ち進み、ハリーが奥へと行くと、クィレル先生が立っていた。賢者の石を探してやってきたハリーだったが、クィレル先生は宿敵ヴォルデモートと手を組んでいて、石を奪いに来たと知る。

ハリーはクィレルから攻撃を受けるが、ポケットの中になぜか賢者の石が入っているのを見つけた。クィレルはハリーを触ると、焼けて消えてなくなり、肉体を失ったヴォルデモートはその場から去る。

こうしてホグワーツ魔法魔術学校での1年目を終えたハリーたちは、仲間を救った事による加点により、グリフィンドールをその年一番の成績を導いた。かくして生徒たちは列車に乗り込み、帰路についていくのだった。

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ストーリーラストまで詳しいネタバレ

ストーリーを最初からラストまで、詳しくネタバレします。

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』〇個の疑問点を整理・解説

ストーリー本編中の内容について、疑問点を整理・解説します。

疑問解説:ホグワーツ魔法魔術学校にある4種の寮の特徴とは?

ホグワーツ魔法魔術学校では、入学してから卒業するまでの間、一貫してグリフィンドール、スリザリン、ハッフルパフ、レイブンクローの4つの寮に所属することになります。この4種の寮の名前は、ホグワーツ魔法魔術学校を創立に至った偉大な4人の魔法使いの名前から取られたもので、それぞれ個性を持ちます。

学校において新入生が受ける組分けは大事な儀式であり、絶対に見逃せるものではありません。そして組分けには帽子が使われ、被ることで何でも見通す力によって分けられることになります。

グリフィンドール

ハリー・ポッターが所属することになるグリフィンドールは、物語の中心となる寮の1つ。勇気があり、勇猛果敢な騎士道精神を持つ魔法使いが選ばれます。言い換えれば、正義感を持つタイプの子供が選ばれる場所がグリフィンドールです。

ハッフルパフ

ストーリーの中では比較的スポットが当たらない寮がハッフルパフ。正しい考えに忠誠心を持ち、忍耐強さがあって真実を追い求める魔法使いが選ばれます。正しい事には考えを曲げることがなく、己を貫いて苦労を苦労と思わないような人にふさわしい所属です。

レイブンクロー

古き良き考えと意欲によって、機知と学びの友人を得られるのがレイブンクロー。

スリザリン

ホグワーツ魔法魔術学校の中でも、危険な人物は学びにつきやすいのがスリザリン。別に危険というわけではないものの、何かを成し遂げるためには犠牲をいとわないという精神を持つ狡猾さがある人物が選ばれます。

そのせいか、魔法使いとして革命的な思考を持つ者が所属しやすく、偉大な魔法使い(暗黒に染まる者も含む)が排出されることがあります。

賢者の石とは?ヴォルデモートは不老不死を狙っていた?

第一作目で重要な要素になっているのが賢者の石。この賢者の石は、ニコラス・フラメルが錬金術によって創造した世界に一つしかない物です。

曰く、どんな金属だろうと黄金に変えられ、飲むことで不老不死を得る命の水まで生み出せるというお話。

ニコラス・フラメルは御年665歳を迎える錬金術師で、賢者の石を所持していたものの、ホグワーツ魔法魔術学校の校長で友人だったダンブルドアに保管を託しました。

その賢者の石は三つ頭の犬がいる場所の奥深くに厳重に保管されていたというのが今回のお話です。ヴォルデモートは賢者の石によって不老不死を得る目的があったわけですから、今回最後に登場したわけです。

ただ、賢者の石はそう簡単に手に入るものではありません。使う意思がない人の前にポッと現れるような性質があるため、ヴォルデモートやクィレルといった使う気満々の人の前には現れないからです。

ハリー・ポッターは最初から闇の手に渡らないよう回収するのが目的だったため、鏡の前に立った際はポケットに気づいたら入っていたことになります。

ダンブルドアの友人ニコラス・フラメルって誰?

ニコラス・フラメルは、ダンブルドアの友人であり、共同研究などを錬金術のスペシャリスト。賢者の石を創り上げたのもニコラス・フラメルたった一人だけで、オペラ愛好家としてデボン州に妻のペレネレと共に平凡に暮らしています。

御年650歳近くになる高齢ですが、賢者の石がなくとも命の水を貯えることで、身辺整理もしやすい状態にしながら生活しているようです。

トロールが学校に侵入したのはなぜ?

ホグワーツ魔法魔術学校の中でハーマイオニーがトイレで泣いている時に、トロールがそこに現れて危ない場面がありました。

あの場面は、トロールを陽動する心得があるクィレルが招き入れたものです。その理由は、トロールが内部に侵入したことによるパニックの中で、クィレルは賢者の石を盗み出そうと考えていたからでした。

ただ、賢者の石を守る三つ頭のフラッフィーがいたおかげで、この作戦は失敗に終わっています。

作中の中ではスネイプ先生が賢者の石を盗み出そうとしてフラッフィーに襲われて足を怪我したと推測されていましたが、実際は賢者の石をクィレルから守るためにフラッフィーに襲われてしまったと思われます。