映画

マーベル映画[アイアンマン]疑問の考察と解説[ネタバレあり]MCUシリーズ第1弾!

マーベル映画の中でもマーベルシネマティックユニバース(MCU)というマーベルの世界観を共有した作品シリーズの第1弾[アイアンマン]!

今回はそんなマーベル映画[アイアンマン]について内容をわかりやすく徹底解説したり疑問を考察したりする内容をお届けしていきます。

コンテンツはストーリーのネタバレから解説にいきます!

映画[アイアンマン]のストーリーネタバレ

トニー・スタークはアフガニスタンにある目的のためにやってきていました。軍に守られながら目的地に向かっていたトニーは途中で地雷のようなものに遭遇、さらに敵からの攻撃を受けて他の兵はやられてしまいます。そのあとトニーは逃げようとしますが、皮肉にも自社であるスタークインダストリーズの武器で被弾します。

~それから約36時間前~

トニーは何かの発表のために記者たちが集まる場所に行く予定でしたが、そこには来ずカジノで遊び惚けていました。そのあとどこかの女記者クリスティンと一晩共にします。
翌朝女性はトニーの家に居ましたが秘書のペッパー・ポッツがそれの後始末をしました。さらにトニーもクリスティンとは遊んだだけで振ります。

ある日トニーは親友のローディ中佐と共にアフガニスタンのバグラム空軍基地に行きます。そこではトニーが開発した最新兵器ジェリコの性能をデモンストレーションする目的で行きました。
デモンストレーションが終了して帰宅しようと軍の車に乗り込んでいたトニーは無国籍ゲリラ組織のテンリングスに襲われます。そしてみんなやられてトニーも自分自身の開発した兵器によって致命傷を負います(冒頭の場面に繋がる)。

目覚めたトニーはどこかにいました。トニーが助かったのはインセン医師というゲリラ組織に拉致された人が治療したおかげでした。治療はトニーの体に刺さった爆弾の破片を取り除くものでしたが、一部の破片は心臓付近に残されています。
インセン医師は心臓に破片が到達しないようにするために電磁石を取り付けることで破片を引っ張っていました。
ただこれは一時的措置です。電磁石を機能させるためには大きなバッテリーを持ち歩かなければならないため不便でした。

そのときトニーの前にテロリストのリーダー・ラザが現れ、1週間以内に組織のアジトでトニーの最新兵器ジェリコを作れと言われます。これを断ったトニーは拷問を受け無理やり作らされることになります。
そして外を案内されたトニーはテロリストがスタークインダストリーズの武器をたくさん持っていることを知りショックを受けました。
トニーはジェリコを開発すれば自由の身になると言われますが、明らかにそれは嘘だろうと見抜いていました。
トニーはテロリストに開発のための道具を調達させます。

トニーはとりあえず心臓の部分にある電磁石をどうにかしたいと思いました。そのため兵器を分解してパラジウムという素材や部品を集めて小型サイズの「アーク・リアクター」を作りました。
アーク・リアクターの大型版は家にあり、それの小型版です。これを使うことで心臓が破片に到達するのを防げるようになりました。

トニーはインセン医師にパワードスーツの設計図を見せます。そのスーツはテロリストのアジトから脱出するために作っていました。
ジェリコを作る振りをしながらスーツを開発していたトニーでしたが、見張りの目をごまかせても上の人間にはお見通しで途中で怪しいと思われます。

インセン医師はそこで本当のことを言えと脅されましたがトニーがインセン医師が必要だと言ってなんとかその場を乗り切ります。
しかしジェリコは明日までに開発しろと言われ期限が出来ました。

そこでトニーたちはスーツの開発を急ぎ、なんとか初代パワードスーツ「マーク1」を完成させました。

異変に気付いたテロリストはトニーたちのいる場所へ来ましたが、爆弾を仕掛けていたためそれが爆発して時間稼ぎに成功します。
さらにインセン医師も時間稼ぎに協力します。
なんとかパワードスーツの稼働に成功したトニーはスーツを着用してテロリストたちを襲いました。

テロリストをなぎ倒していったトニーはインセン医師が敵にやられて重傷を負っているのを発見、医師は「家族に会いに行ける」と言い残して命を落とします。
トニーは待ち構えていた敵たちに集中攻撃を受けますが火炎放射で一掃、さらに飛行能力を使ってアジトから脱出しました。
しかし飛んでいる時に燃料が尽きたためそのまま落下してスーツは分解されました。
砂漠の中を逃げていたところ救助ヘリが現れてなんとかそこから逃げます。

アメリカに帰国したトニーだったがその間に3ヶ月の時間が経っていました。トニーは病院へ行こうと秘書に言われますがそれを断って記者会見を開きました。
会見前に秘書のペッパーは「戦略国土調停補強配備局」という組織を名乗る人物からトニーとの面会を要求されます。
記者会見の場でトニーはマスコミに「兵器製造を中止する」ことを宣言します。この言葉に会社のオビーは慌てて会見を中止しました。

トニーはアーク・リアクターに更なる改良を加えることにします。さらにオビーは先ほどの発言についていろいろとなだめました。
テレビではスタークインダストリーズを馬鹿にするようなテレビ番組をしていて株も大変なことになります。

アーク・リアクターを改良したトニーは自分の手では交換できなかったため信頼する秘書のペッパーにそれを頼みます。アーク・リアクターの交換は無事成功しました。

トニーはローディに大きな夢があることを語ります。しかしそれを聞こうとしたローディははぐらかして気かずに去っていきます。

トニーは自宅で「マーク2」の開発を始めます。一方アフガニスタンでは脱出用に開発したマーク1のバラバラ部品がテロリストの手により回収されました。
マーク2の開発は主に飛行テストが大きな問題となっていました。
オビーに呼ばれたトニーは役員会が解任を要求しており、さらに株価も56.5%下落するなどのことを言われます。さらにオビーは何か実績を発表しろと言いました。

トニーは開発と飛行テストによる改良の末ついにマーク2の開発に成功しました。そして空を自由に飛行します。ただその結果高度40000フィートに達すると氷結を起こしてしまうことを知ったためさらなる改良をすることになりました。

その結果出来たのが赤と金色に身を包むマーク3でした。

呼ばれていない自社のチャリティー・イベントに向かったトニーはそこで「戦略国土調停補強配備局」の人物に会って日時を指定して面会の場を設けられることになりました。

トニーは秘書のペッパーからゲリラ組織のテンリングスがグルミラという村を急襲したことを教えられます。グルミラはインセン医師がいた場所であり、その村の住民は家を失っていました。さらにグルミラの占拠に使われた武器はスタークインダストリーズのものであり、会社がいまだに武器を輸出してることを知らされます。

それに憤りを感じたトニーは新たなパワードスーツ「マーク3」を身に着けて1人でグルミラへ向かいます。
グルミラに到着したトニーは敵を一掃するとともにジェリコも破壊してその場を去りました。
帰り道でエドワード米軍基地に未確認飛行物体として認識されたトニーは色々調べられます。ローディからの電話にトニーはスーツで飛行しながら車に乗っているように見せかけて隠します。
米軍の攻撃をうまく交わしたトニーはローディに飛行物体の正体が自分であることを伝えます。

さらに米軍機に意図せず損害を与えた結果撃墜、米軍機に乗っていた人を救ってその場を去っていきました。

米軍機が撃墜されたことについてローディはマスコミ向けの発表でトニーのことを隠すことにしました。

トニーはアビーのパソコンを秘書のペッパーに調べさせることにしました。
テンリングスに武器が流れていることの真相はアビーがテロリストと組んでいることが原因でした。
アビーはテロリストの元へ行き話をしていましたが、テロリストを裏切ってスーツと武器を回収して組織の施設を一掃していきました。

ペッパーはアビーのパソコンに不正アクセスして黒幕がアビーであることを知りますがそこに本人が現れてしまいます。
しかしアビーにバレる前に情報を盗み取ることに成功します。ペッパーが去った後アビーは自身が黒幕であることを示す情報を取られたことを気づきます。

アビーは自分の指示でスーツを開発していましたが、それには1つ問題がありました。開発者たちはアーク・リアクターを作ることが出来なかったのです。
それに苛立ったアビーは超小型兵器を使ってトニーを麻痺させ、無理やりアーク・リアクターを奪い取りました。
アビーはアーク・リアクターを使って新世代の兵器を作り世界を支配する野望を述べて去っていきます。

ペッパーはローディにトニーが危ないことを報告します。その頃死にかけていたトニーはなんとか自力で旧型のアーク・リアクターを取り付けることに成功しました。

駆け付けたローディはペッパーたちが警察5人とともにアビー逮捕へ向かったと話しましたが、人数が足りないとトニーは言います。

ペッパーたちはアビーのいる場所へたどり着くとスーツに身をまとったアビーに襲撃を受けます。ペッパーは亡き者にされそうになっていましたがそこにマーク3を身に着けたトニーが到着。

パワーと重量が凄まじいスーツにトニーは劣勢になっていましたが上空へ向かいます。トニーは最初のスーツが氷結対策をしていないことを知っていたためアビーを氷結させる作戦をしましたが、結局倒すことは出来ませんでした。

しかしペッパーに展示用の巨大アーク・リアクターの破壊準備を命じます。アビーを巨大なアーク・リアクターの上におびき寄せたトニーは破壊を指示し、大爆発によって倒すことに成功しました。

翌日ローディはスタークインダストリーズで起こったことは事故だと記者会見を開き、トニー自身も作られたアリバイが用意されていました。

しかしトニーは記者会見でアリバイの声明をするはずだったにも関わらず自身がアイアンマンであったことを宣言します。

終わり。

エンド後
トニーが自宅に戻るとシールドのニック・フューリーがおり、「君にアベンジャーズの話をしに来た」と言います。

sponcerd link

映画[アイアンマン]の疑問の考察と解説

アーク・リアクターってなに?

アイアンマンのパワードスーツが使用するエネルギーを供給している円形の小型発電機のようなものです。
熱プラズマ反応炉みたいなやつだそうで、トニー・スタークはテロリストに捕まっているときにパラジウムという素材やその他部品で作っていました。
さらに無事自宅に帰還したトニーはこのアーク・リアクターを改善してより多くのエネルギーを供給できるアーク・リアクターや展示用のアーク・リアクターを作るなどしています。
ちなみにそのエネルギー供給量は原発2基分にも及ぶということでとんでもない発電量の装置を小型化しているというのが凄いところです。

パワードスーツとは?

パワードスーツはトニースタークが開発した色んなことが出来るスーツです。別名はアイアンマンスーツ。
アイアンマン1ではこのパワードスーツの3つのバージョンが出てきました。スーツは現在約50近くバージョンアップされています。
それらはバージョンごとに「マーク〇」と呼ばれています。

作中で出てきたマークⅠはトニーがテロリストに捕まっていたときにとっさに作ったものです。
見た目はシルバーのような色をしており、銃弾を跳ね返す能力、軽く空を飛ぶ能力、火炎放射などをすることが出来ます。

マークⅡはトニーが帰宅してから作られた真っ赤なスーツです。足の部分の他に手の部分にも空中制御用の仕組みを付け加えた空を飛ぶための機能が改善されたものになります。
これによってトニーは空を自由に飛べる能力を手に入れました。ただし高度40000フィート付近でスーツが氷結してしまうという欠点がありました。

マークⅢはマークⅡの氷結問題を改善したことで高度40000フィート以上でも飛べるようになったものになります。
色は赤と金といったところで、その色はトニーが持っている車の色を参考にしています。

ジャービスとは?

トニーが作った人工知能です。スーツを着用しているときに話しかけるとそれに対して答えを返してくれる優秀なAIになっています。

トニーが襲われた理由は?

トニー・スタークは新型兵器のジェリコを開発してそれをアフガニスタンでテストしていました。その帰りにテロリストに襲われて捕まりました。
そしてその目的は新型兵器ジェリコをテロリストの施設で作って提供しろというものです。

襲われた理由はこれだけに見えましたが、実は裏で手を引いていたのがスタークインダストリーズのアビーという男です。
どうやらこの男がテロリストと繋がっていてテロリストにトニーを襲うように依頼したのがその理由でした。

ただテロリストも襲った相手がトニー・スタークとは気づいていなかったというのが内容ですね。

トニーが兵器製造を中止した理由とは?

トニーはテロリストに襲われたことでその拠点にあったものがスタークインダストリーズのものであることを知ります。
これにショックを受けたトニーは兵器製造を中止するということになりました。

ただそのあとも兵器がテロリストたちに流れています。これは黒幕のアビーという男の仕業でした。

トニーとは何者?

4才でエンジンを作り、6才にして回路基板を作った天才でハワードスタークの息子にして現スタークインダストリーズのCEOです。

戦略国土調停補強配備局とは?

Strategic Homeland Intervention, Enforcement, and Logistics Division.の略称です。
スーパーヒーローを管理している組織として覚えておけばいいと思います。

ABOUT ME
ゆき
何にも縛られることなく仕事をすることが好みで生きてるフリーな人。ペットに2匹のデグー「ぴな」と「ぽぽ」を飼っている。
VOD

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)
あらゆるデバイスで楽しめます。

詳しくはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA